「素晴らしい人たちだ」「どれだけの人が救われるか…」ジェイソン・ブラウンが父親の医療支援を報告、自身もチャリティに参加予定

「素晴らしい人たちだ」「どれだけの人が救われるか…」ジェイソン・ブラウンが父親の医療支援を報告、自身もチャリティに参加予定

大の親日家としても知られるブラウン。父親の医療支援に称賛の声が寄せられている。(C)Getty Images

4月14日(日本時間15日)、男子フィギュアスケートのジェイソン・ブラウンがツイッターを更新。自身の父親であるスティーブ・ブラウンさんが、新型コロナウイルスの感染を防ぐ個人用防護具を医療従事者へ1000個寄付したことを報告した。

 世界中で新型コロナウイルスの脅威が広がる中、父・スティーブさんがCEOを務める会社では、飛沫感染を防ぐフェイスシールドの製造が行なわれている。ブラウンは文面で「医療従事者のためにフェイスシールドを一生懸命作っている父親とその会社を誇りに思います。『A.L.P.ライティング』は金曜日のイベントを支援するため、『Americares(医療支援団体)』に1000個の個人用防護具を寄付しました」と報告。この投稿にファンからは、「ありがとう、ジェイソン!」「素晴らしい人たちです」「それでどれだけの人が救われるか!」などと絶賛の声が寄せられている。
  また、ブラウンは17日20時(日本時間18日9時)に、「ブレーズ・フォア・ザ・ブレイブ」というチャリティーイベントに参加する予定だ。同イベントは世界のトップスケーターがオンライン上に集結し、ストリーミングを通して視聴者から新型コロナの支援金を募るというもの。日本からは佐藤有香、荒川静香、安藤美姫、村主章枝らの参加が発表されている。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】夏冬五輪で輝け! 世界のスポーツシーンを彩る「美女トップアスリート」たちを厳選!
 

関連記事(外部サイト)