「手が足のよう」「一瞬逆再生かと…」体操・寺本明日香が披露した“美しい倒立歩行”にファン驚愕!武井壮も「さすがや」と感服

「手が足のよう」「一瞬逆再生かと…」体操・寺本明日香が披露した“美しい倒立歩行”にファン驚愕!武井壮も「さすがや」と感服

今年2月には左足アキレス腱断裂の手術を行なった寺本。今回は美しい倒立歩行を披露し、順調な回復ぶりを見せた。(C)Getty Images

4月14日、体操日本代表の女子チームを牽引する寺本明日香が自身のツイッターを更新。美しい倒立歩行を披露し、「凄えとしか言い様が無い」「手が足のよう」などと反響を集めている。

 今回、寺本は「#武井壮チャレンジ」「壮さん!判定お願いします」と綴り、1本の動画をアップ。武井が今月8日に公開した“逆立ちバックウォーク2m間隔10ポイントタイムトライアル”の動画に対抗した形だ。動画内で寺本はスッと倒立し、美しいフォームのまま、三角に置いた目印の外側をグルグルと回って見せた。

 同投稿がアップされた約3時間後、武井壮は「最初のポイントに向かう2mが無いから18mになってる!!!オレの勝ち!!!」と判定。しかし、その数分後には「しかし体操選手は『速く移動する』というテーマにも脚と美しさを崩さない、内山由綺ちゃんもそうでした。。さすがや。。芸術点で上回られている。。」と感服した様子を見せた。
  また、寺本のさすがの身体能力にファンからも、「倒立でそっち向きに進むのを初めて見た」「一瞬逆再生かと。。。」「凄えとしか言い様が無い。何より凄い格好良い」「手が足のよう」「倒立姿勢がメッチャ綺麗」「床見ないで動けるの凄い!」などと驚愕の声が相次いでいる。

 今年2月の代表合宿中に左足のアキレス腱を断裂し、手術を行なった寺本。今月7日には、インスタグラムで「カーフレイズがちゃんとできるようになってきたかなってとこです!」「知らないうちに可動域も広がっていました!」などと術後の経過を報告していた。東京五輪延期に伴い代表選考の大会も見送りが決定しており、彼女の復帰後の活躍にも期待が集まる。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】夏冬五輪で輝け! 世界のスポーツシーンを彩る「美女トップアスリート」たちを厳選!
 

関連記事(外部サイト)