八村塁が「憧れた選手」は?現在の「メンター」は?ウィザーズのTwitterライブに出演した日本の至宝が、約40分のロングインタビューで赤裸々に回答

八村塁が「憧れた選手」は?現在の「メンター」は?ウィザーズのTwitterライブに出演した日本の至宝が、約40分のロングインタビューで赤裸々に回答

ウィザーズのライブインタビューに登場した八村。ファンからの様々な質問に答えた。(C)Getty Images

4月14日(日本時間15日)、ワシントン・ウィザーズが公式ツイッターアカウントにて、八村塁のライブインタビューを行なった。

 事前にファンから質問を募集し、英語と日本語で合計40分近くのインタビューに応じた八村は、新型コロナウイルスの影響によりシーズンが中断している現状についてコメント。「まずウェイトをやっています。エキササイズバイクもあるので、それを使ってます。チームとしては『Zoom』を使って、グループワークアウトをしています」と話し、自身としては「ボールハンドリングの練習もやっています。ジムに行けるわけではないので、やれる限りのことをやっています」とトレーニング内容を明かした。

 チームでのグループワークアウトについては「ワークアウトも大事ですが、チームメートと話すいい機会です。『Zoom』を通して皆に会えてすごくいいですね。いろんな話題で盛り上がって、楽しんでます」と笑顔を交えて話していた。
  今季、NBAデビューを飾った八村は、41試合に出場し、ここまで平均13.4点、6.0リバウンド、1.7アシストを記録している。主にパワーフォワードとしての先発が続いているが、先日エースのブラッドリー・ビールが『ESPN』のザック・ロウ記者とのポッドキャストで、「八村は3番(スモールフォワード)でもっとプレーできるんじゃないか」と語っていたことを受け、「2年目はもっと3番をやってみたいか?」と質問されると、自身の見解を述べた。

「僕の長所はミスマッチを生かせることだと思っています。今は主に4番(パワーフォワード)ですが、小柄な相手であればペイント内でフィジカルに行きますし、大きな相手だったらスピードを生かして抜くことができると思います」

 自身のポジションについてそう切り返した八村は、「3番と4番はあまり変わらないような気もします」とも加えた。今季のウィザーズは、試合の途中でセンターのトーマス・ブライアント(またはモリッツ・ヴァグナー)とパワーフォワードのダービス・ベルターンスに八村を入れたビッグラインナップをしく場面が何度かあったものの、フォワードの2人(ベルターンスと八村)は交互にスイッチするなど、あくまで相手と試合状況による限定的なものだった。その上で八村は、「チームが僕に3番をやってほしいなら当然やりますし、4番でも5番でも、何でもやります」と頼もしく語った。

 また、「NBAのプレースタイルとライフスタイルに慣れるのに最も難しかった部分は?」という質問には「慣れてはきましたが、コート上ではスペーシング(が今の課題)です。でもそこは経験を積めば問題ないと思ってます。オフコートでは、ほかのことに時間を取られないことですね。日本中が注目してくれています。それはとてもありがたいことですが、まずは自分のプレーに集中することが重要。大学とは違って、プロではスポンサー契約をしたり、いろいろなことをするチャンスがあります。ですが、自分の本職はバスケ選手であることを絶対に忘れてはいけない。いろんなことで時間がなくなったりしますが、自分でコントロールできることをしっかりと管理することです」と返した。
  そんな八村にとって、ウィザーズで一番のお手本、メンターになっている選手はエースのビールのようだ。「たくさんいますが、一番のお手本になっているのはブラッドです。いつも彼を参考にしています。バスケやオフコートなど、いろいろと相談させてもらってます。チームの頼もしいリーダーですし、練習の時の姿勢も参考になります。日々努力している姿を見ていると勉強になります。ブラッドはそんなに話すタイプではありません。でも彼を見ているだけで、ものすごく勉強になります」と語っていた。

 また、「バスケを始めた時、誰に一番憧れていた?」という質問に、八村は「やっぱりカーメロ・アンソニー(ポートランド・トレイルブレイザーズ)ですね」と返答し、こう続けた。

「彼のことは大好きです。バスケを始めた頃、よく観ていました。彼のフットワーク、プルアップジャンパーが大好きでした。僕も彼に影響されて、プルアップが武器のひとつになったんだと思います。身体も203cmと大きいですし、ポジションはパワーフォワードとスモールフォワード。彼のプレーは子どもの時にたくさん観ました」

 今季出場した41試合のなかで、八村はカーメロのほかにもレブロン・ジェームズやアンソニー・デイビス(ともにロサンゼルス・レイカーズ)、カワイ・レナード(ロサンゼルス・クリッパーズ)、ヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)など、リーグ最高級の選手たちとマッチアップしてきたが、最も守るのがタフだった選手について聞かれると、憧れのカーメロと、3シーズン連続の得点王が確実視されるジェームズ・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ)を挙げた。

「カーメロはこの1年戦ってきたなかで『やられたな』という感じです」と切り出し、「自分は何が上手いのか、有利なポジションを分かっている選手。ベテランで長くやれているところが出ている」と八村。
  そしてハーデンが所属するロケッツとは開幕4戦目、ホーム初戦で対戦。158−159で惜敗という超ハイスコアリングゲームとなり、注目を集めた。この試合でハーデンは第3クォーターだけで21得点を奪う猛攻を見せ、ウィザーズはハーデンに59得点も奪われていた。八村は「僕も何回かマッチアップしたんですけど、抑えるのが難しいと思いました」と振り返り、「3ポイントのレンジもある。離せば3ポイントを打たれて決められますし、速くて身長も僕と同じくらいあるので、抜かれたらすぐダンクされる。守っていて難しい選手」と明かした。

 最後にファンへ向けたメッセージを求められた八村は、こんな言葉を残した。

「今、すごく大変な時期ですけど、僕が思うに本当にどうしようもないこと。手洗い、うがいとかが大事ですし、どれだけハッピーでいられるかが大事だと思います。ストレスになるのが一番良くない。こういう時に、どれだけ自分で楽しいことを見つけて、ポジティブでいられるかが大事だと思う。いろいろ考えさせられる時期だと思いますけど、NBAも(シーズンへと)戻ろうと頑張ってやっているので、しっかりと皆で力を合わせて、乗り越えていけたらいいなと思います」

 今回のインタビューで、八村は英語と日本語を操り、世界中のNBAファン、ウィザーズファンへ生の声を届けた。再び八村がプレーする姿を見ることができるまで、まだまだ時間はかかりそうだが、まずは新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、一人一人がしっかりと意識を持って乗り越えていきたい。

文●秋山裕之(フリーライター)

【八村塁PHOTO】攻守に躍動!1年目からNBAで活躍するルーキーの厳選ショット!
 

関連記事(外部サイト)