レブロンとジョーダン、どちらが優れた選手?元ピストンズのレインビアは「レブロン最強説」を提唱。理由は“キャリア初期の戦績”の違い

レブロンとジョーダン、どちらが優れた選手?元ピストンズのレインビアは「レブロン最強説」を提唱。理由は“キャリア初期の戦績”の違い

レブロン(左)とジョーダン(右)のどちらが史上最高の選手か。これはバスケットボールにおける永遠のテーマと言えるだろう。(C)Getty Images

1997-98シーズンのシカゴ・ブルズに密着して撮影したドキュメンタリー10部作『ザ・ラストダンス』の放映が4月19日(日本時間20日)に迫り、マイケル・ジョーダンが話題に挙がる機会が増えている。相手をねじ伏せる得点力、驚異的な跳躍力と闘争心で「史上最高の選手」としての地位を築いてきたが、無双時代に入る前のキャリア初期を知る“天敵”は、レブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)こそがbPだと主張している。

 ジョーダンはマジック・ジョンソンやラリー・バード、アイザイア・トーマスが全盛期だった1980年代のNBAに新星として登場。3年目の1986-87シーズンに平均37.1点を叩き出して初の得点王に輝くと、1990-91シーズンからはスリーピート(3連覇)と“ブルズ王朝”を築いた。電撃引退から最初の復帰を果たした1990年代後半にも3連覇を成し遂げ、進出したファイナルは6回すべてでチャンピオンシップを獲得した。
  バスケットボール界においてはアンタッチャブルな存在と言っていいが、現役時代にブルズとライバル関係にあったデトロイト・ピストンズなどで活躍したビル・レインビアは、『ESPN』の番組『First Take』でジョーダンの後継者として語られてきたレブロンを高く評価するコメントを残した。

「声を大にして言っておく。レブロンが歴史上最高の選手だと思う。203cm・129kg(公称は113kg)の体で風のように速く走り、アリーナから飛び出そうなほど高く跳ぶ。結局、彼が歴史上最高の選手だと確信しているってことさ」

 現在WNBAのラスベガス・エイシーズでヘッドコーチを務めるレインビアは、若き日のデニス・ロッドマンが“なぜあんなにリバウンドが取れるのか”とお手本にした実力者。なにより、ピストンズが1988〜90年のプレーオフでジョーダン擁するブルズを3年連続で退け、1989、90年のリーグ2連覇に大きく貢献した。“神様対策のいろは”を知る男は、当時のイメージをこのように振り返っている。

「キャリア初期、彼はワンマン・バンド(独りよがりのスタイル)だった。我々は3人で彼のアタックを止めに行って、フリースローを打たせるようにしたよ。シカゴはジョーダンがチームメイトを信頼するになって長い目で政権を築いた」
  当時のピストンズはアイザイア・トーマス、ジョー・デュマース、ロッドマンら職人肌の選手が揃い、ヒール軍団“バッドボーイズ”としてリーグを席巻。特にまだスコッティ・ピッペンらが若く、ジョーダンのワンマンチームだったブルズを「ジョーダン・ルール」と呼ばれるファウルすれすれのラフプレーで封殺した。ジョーダンはプレーオフにおいてほとんどのチームに対して勝率5割以上の成績を残しているが、負け越している2チームがピストンズ(10勝12敗/平均30.0得点、6.7リバウンド、6.1アシスト)と、バードがいたボストン・セルティックス(0勝6敗/平均39.7得点、6.7リバウンド、5.8アシスト)なのもキャリア初期の戦績によるものが大きいだろう。

「重要なのは、レブロンはリーグの一員となった初日からチームメイトを参加させて勝利する方法を知っていた。それはジョーダンが長い間、学ばなければならなかったものだ。チャンピオンシップで言えば、明らかにジョーダンのほうが多い。でも、レブロンは近年やってきたことをどの年代でもやってのけている」
  レインビアが言うように、ジョーダンの優勝6回に対してレブロンは半分の3回。レブロンが初めてリーグタイトルを手にしたのは、クリーブランド・キャバリアーズから飛び出し、マイアミ・ヒートでドゥエイン・ウェイド&クリス・ボッシュと“ビッグ3”を形成した後の2012年だったことも忘れてはならないが、バスケットボールがチームスポーツだといち早く理解していたとして、レインビアは「レブロン最強説」を展開していた。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】35歳を迎えても未だ衰え知らず!NBAの“キング”レブロン・ジェームズ特集!
 

関連記事(外部サイト)