「一人ひとりの行動で助かる命がある」世界王者・井上尚弥が、いまだに現状を理解していない人が多いことを憂い、コロナ感染防止の注意を喚起

「一人ひとりの行動で助かる命がある」世界王者・井上尚弥が、いまだに現状を理解していない人が多いことを憂い、コロナ感染防止の注意を喚起

ボクシング世界王者の井上尚弥が、コロナ感染拡大防止の注意喚起を行なっている。(C)Getty Images

ボクシングWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥が4月17日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスが世界中で猛威を振る中、感染拡大防止のための行動を改めて訴えた。

 井上は、「未だにマスクもしないで『握手してください』って求めてくる人、本当によーく考えてね、、僕には守る家族や仲間がいます。丁重にお断りしましたが、まだまだこの世界的な現状を把握できていない人がいるなんて理解ができない…」と率直に想いを綴った。

 すかさず、マネジメント契約をするホリプロが、「応援して下さる皆様からの、握手に(井上は)応じたく無いわけないんです。応援して下さる皆様の期待にお応えする為にも、どうぞ今はご理解の程、宜しくお願い致します」と井上のコメントを補うと、さらに井上は重ねて、「そんな事を(握手に応じたくないと)思った事はないですよ。ただ、今の状況をしっかりと理解して欲しいだけなんです。。そうゆう一人ひとりの行動で助かる命があるんです。。最近こんなツイートが多いですが、ご理解の程、宜しくお願い致します」(原文まま)とコメントした。
  この投稿をチェックしたファンからは

「そりゃ尚弥君に出会えたら握手して欲しいけど、、、今はそんな状況じゃないもんね」
「こんな事をチャンプに言わすなよ…」
「多くの方に井上チャンピオンの発言で、感染拡大防止中の状況に気づいてほしい」
「正直な気持ちをツイートする姿、素晴らしいと思います」

 といった賛同のコメントが殺到した。

 井上は、先月末から数回に渡り、コロナの感染拡大防止のため、外出自粛などの呼びかけを行なっている。世界チャンピオンが発信することで、多くの人に情報が行き届き、一人ひとりの行動が変わっていく可能性がある。行動を見直す人が増え、1日も早い終息に繋がることを祈りたい。

構成●THE DIGEST編集部

【井上尚弥PHOTO】19勝16KO無敗の最強王者!世界が恐れる"モンスター"の厳選ギャラリー
 

関連記事(外部サイト)