高梨沙羅、最前線で働く医療従事者らへ感謝のメッセージ「心からスポーツを楽しめる日が来ることを願って…」

高梨沙羅、最前線で働く医療従事者らへ感謝のメッセージ「心からスポーツを楽しめる日が来ることを願って…」

個人総合4位でシーズンを終えた高梨。新型コロナの最前線で闘う医療従事者らへ感謝のメッセージを送った。(C)Getty Images

4月17日、女子スキージャンプの高梨沙羅が自身のインスタグラムを更新。世界中で新型コロナウイルスが猛威を振る中、自身の胸中を伝えたメッセージ動画を公開した。

 高梨は文面に「雪に戻れる日を楽しみにしています」と綴り、2枚の写真と1枚の動画をアップ。動画内では、「医療関係者のみなさまをはじめ、私たちの生活を守るためにたくさんの方々が頑張ってくださっています。本当にありがとうございます」と感謝を述べ、「早く安心して暮らせる日が、心からスポーツを楽しめる日が来ることを願って、私たちもできる限りのことで頑張っていきましょう」と呼びかけた。
  この投稿をチェックしたファンからは、「さらちゃんのジャンプ早くみたいよ」「落ちついたらいっぱい飛んでくださいね。楽しみにして待っています」「沙羅ちゃんの良い笑顔を見たいです」「負けずに優勝をして下さいね。応援しますんで」「落ち着いたらジャンプで日本や世界で活躍するのを楽しみにしてます」などとコメントが寄せられている。

 高梨は、先月9日に行なわれたリレハンメル大会で優勝。男女を通じて歴代最多の優勝回数を57に伸ばすとともに、女子選手として初となる通算100度目の表彰台に立った。3月12日以降の大会は新型コロナウイルスの影響により中止となり、個人総合4位でシーズンを終えている。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】”レッドブル”とも契約し更なる活躍に期待!日本が誇るスキージャンパー高梨沙羅!

 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

I look forward to being back on snow... - #いまスポーツにできること #医療従事者の皆さま #支えて下さる皆さまに感謝 #sportsassistyou #staystrong

Sara Takanashi / 高梨沙羅(@sara.takanashi)がシェアした投稿 -

関連記事(外部サイト)