ノア・GTL覇者デュプリ&ワグナーJr.が、GHCタッグ王座を“一発獲り”の大快挙!

ノア・GTL覇者デュプリ&ワグナーJr.が、GHCタッグ王座を“一発獲り”の大快挙!

GHCタッグ選手権を制し、この2日間でジャパニーズドリームを叶えた、デュプリ&ワグナーJr.

プロレスリング・ノアは4月18日、『グローバルタッグリーグ2020』優勝決定戦をノアTVマッチとして、無観客試合で開催し、CS放送、配信サイトで放送した。

 全8チームがエントリーし、2ブロックに分かれて行なわれた今年のグローバルタッグリーグだが、公式戦最終日まで全チームが同点で並ぶという大混戦に。そんな中から、Aブロックからは“杉浦軍インターナショナル”レネ・デュプリ&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr. が、Bブロックからは“AXIZ”潮崎豪&中嶋勝彦が決勝進出を果たしている。

 今年の1.5東京・後楽園ホール大会で、丸藤正道&望月成晃に敗れ、GHCタッグ王座を明け渡してしまった潮崎&勝彦は、リターンマッチの権利を勝ち取るためにも負けられない試合だった。

 デュプリ&ワグナーJr.はその丸藤&望月を破って決勝に進出しており、戦前は“大穴”と思われていたが、一気に侮れないタッグチームになっていた。試合は前半、潮崎&勝彦がワグナーJr.に照準を絞り、徹底した膝攻めで優位に進めていたが、デュプリがワグナーJr.を好アシストすると形勢が逆転。最後はワグナーJr.がムーンサルトプレスで勝彦から3カウントを奪取。デュプリ&ワグナーJr.が初出場&初優勝を果たした。
  試合後、GHCタッグチャンピオンチームの“もちまる”こと丸藤&望月が登場。丸藤が「お前らが言わんとしていることはわかっている。お前たちは俺たちに勝ってリーグ戦を優勝した。このベルトを懸けて勝負だ」と言うと、望月も「公式戦の借りは必ず返す。もちまるは同じ相手に連敗しねぇんだよ。覚悟しておけ!」と優勝チームに向かってアピールした。

 すると翌19日の全対戦カードが当日発表とされていたノアTVマッチで、早速このタイトルマッチが実現した。

 元WWEスーパースターで、全日本プロレスやZERO1にも参戦していたデュプリと、新日本プロレスのジュニア戦線で活躍したドクトル・ワグナーJr.を父に持つイホ・デ・ワグナーJr.。父ワグナーJr.とは違ってヘビー級の選手という点がポイントで、デュプリ&ワグナーJr.のほうがチャンピオンチームより、体格では勝っていた。

 試合は外国人コンビのパワーと、チャンピオンチームのスピード&テクニックのぶつかり合いに。序盤はリベンジに燃える丸藤&望月がワグナーの足に狙いを定めて、ジワジワと攻め込んでいく。しかし、ダメージが深いワグナーをデュプリが強烈なチョップやラリアットでカバーする。

 ワグナーもデュプリの気持ちに応えてトペ・スイシーダを敢行するなど大奮闘の展開に。最後はデュプリのゴッチ式パイルドライバーから、ワグナーが連夜のムーンサルトプレスで3カウント。デュプリ&ワグナーJr.が“一発獲り”を果たし、この2日間でジャパニーズドリームを叶える形となった。
  また18日のTVマッチには、杉浦軍の「X」として、元W-1の吉岡世起が登場。大原はじめとのタッグでGHCジュニアタッグ王座への挑戦を表明。こちらも19日にHAYATA&YO-HEYに挑戦し、吉岡はスピードで圧倒する場面も見られたが、惜しくも敗れている。

 ◆プロレスリング・ノア◆
『グローバルタッグリーグ2020』
2020年4月18日
会場非公表(無観客ノアTVマッチ)

▼グローバルタッグリーグ2020優勝決定戦
レネ・デュプリ&○イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr. (27分0秒 片エビ固め)潮崎豪&中嶋勝彦●
※ムーンサルトプレス

『NOAH the sprit 2020』
2020年4月19日
会場非公表(無観客ノアTVマッチ)

▼GHCタッグ選手権試合
<王者組>丸藤正道&●望月成晃(28分22秒 体固め)レネ・デュプリ&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.○<挑戦者組>
※ムーンサルトプレス
※デュプリ&ワグナーJr.組が53代王者となる

▼GHCジュニアタッグ選手権試合
<王者組>HAYATA&○YO-HEY(21分14秒 片エビ固め)大原はじめ&吉岡世起●
※スーパー顔面G
※39代王者HAYATA&YO-HEY組が初防衛に成功

文●どら増田
 

関連記事(外部サイト)