WWEカイリ・セインがナイア・ジャックスに連敗。ガルザを圧倒したマッキンタイアは、MITBでのロリンズ戦が決定!

WWEカイリ・セインがナイア・ジャックスに連敗。ガルザを圧倒したマッキンタイアは、MITBでのロリンズ戦が決定!

MITBでロリンズとの因縁対決が決定したマッキンタイア。(C)2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

世界最大のプロレス団体WWEは4月21日(日本時間)、フロリダ州オーランドのWWEパフォーマンスセンターにて行なわれた主力ブランドのロウを世界配信した。

 カブキ・ウォリアーズのカイリ・セインが先週敗戦した“大女”ナイア・ジャックスにリベンジをすべく、再戦を行なった。試合前、前回の試合との違いを質問されると、アスカが「カイリは準備万端だ!」とパートナーに代わり自信を見せてから、試合が始まる。

 試合でカイリは「カモン!こいや」と気合いを入れてナイアにスリーパーで襲い掛かかる。パワーに勝るナイアはジャイアントスイングで応戦。バックステージではアスカが「カイリ!やったれ!」と大阪弁で応援する中、カイリがナイアの左足を集中攻撃し、裏拳やスライディングDを決めて優勢に試合を進めていく。

 しかし、必殺のインセイン・エルボーカイリがを狙うと、ナイアが「そうはいかないよ」とアピールしてから、サモアン・ドロップ一発でカイリを沈め3カウント。カイリは圧倒的な体格・パワー差を前に雪辱ならずナイアに2連敗を喫してしまった。
  WWE王者ドリュー・マッキンタイアと因縁が勃発した“?月曜夜?の救世主”セス・ロリンズがWWE王座をかけて次回PPV『マネー・イン・ザ・バンク(MITB)』(日本時間5月11日)で対戦することが決定した。

 ロウのオープニングにベルトを巻いて登場したマッキンタイアは「先週、襲撃されたことに驚きはない。ロリンズが王座を狙うならMITBで対戦してやる」と因縁が勃発したロリンズとの王座戦を要求した。するとロリンズも映像で登場し、「マッキンタイアとの対戦を受けてやる。俺が望んでいるからではなく、俺にはリーダーとして責任があるから王座を奪取するんだ」と独自の見解を見せて2人のタイトルマッチが決定した。

 さらにメインイベントに登場したマッキンタイアはエンジェル・ガルザ(with アンドラデ&オースティン・セオリー&セリーナ・ベガ)と対戦すると、セコンドの介入に苦しむも最後はクレイモアでガルザを撃破して王者としての実力を証明している。?

 MITBに向けてカードが揃ってきた。

◆WWE ロウ◆
2020年4月21日(日本時間)
アメリカ・フロリダ州オーランド
WWEパフォーマンスセンター(無観客)
▼シングルマッチ
○ナイア・ジャックス(フォール勝ち)カイリ・セイン●
※サモアン・ドロップ

▼シングルマッチ
○ドリュー・マッキンタイア(フォール勝ち)エンジェル・ガルザwith アンドラデ&オースティン・セオリー&セリーナ・ベガ
※クレイモア

文・どら増田

【PHOTO】蘇るあの頃!アントニオ猪木さんが闘魂注入!往年の達人レスラーが大集合!
 

関連記事(外部サイト)