大学No.1選手から脇役へと転身。知性と情熱の男、シェーン・バティエの物語【NBA名脇役列伝・前編】

大学No.1選手から脇役へと転身。知性と情熱の男、シェーン・バティエの物語【NBA名脇役列伝・前編】

ヒートで連覇に貢献するなど、優秀なロールプレーヤーとしてNBAで13年のキャリアを送ったバティエ。その人望の厚さは、政治家への転身も期待されるほど。(C)Getty Images

素晴らしい才能や身体能力に恵まれていたわけではない。しかし、シェーン・バティエは真摯な姿勢と溢れんばかりの情熱、そして優れたバスケIQを最大の武器に、この世界を生き抜いてきた。ロケッツではT−MACやヤオ・ミンを、ヒートではレブロン・ジェームズらビッグ3を支えた、“ロールプレーヤーの鏡”の生き様に迫る。

    ◆    ◆    ◆

 洋の東西を問わず、政治の世界で第2のキャリアを送る元アスリートは少なくない。NBAでも、ニューヨーク・ニックスのスター選手だったビル・ブラッドリーは民主党の上院議員となり、大統領候補にも名前の挙がった大物政治家になった。さらにデイブ・ビング(元デトロイト・ピストンズほか)はデトロイト市長を、ケビン・ジョンソン(元フェニックス・サンズほか)もサクラメント市長を務めた。

 名脇役として2012、13年のマイアミ・ヒートの2連覇に貢献したシェーン・バティエもまた、引退直後に民主党からミシガン州選出の上院議員の後継候補として立候補を打診された。結局その話は断ったが、知名度や人望の厚さを考えれば将来的に“バティエ議員”の姿を見られる日が来ないとも限らない。
  バティエという苗字にはフランス語のような印象を受けるが、フランス人の血が入っていないどころか、そもそも父エディーの代までは別の姓だった。もともとはバトル(Battle)だったのだが、看護師の書いた出生証明書の文字が読みづらく「Battier」と登録されてしまったのだ。軍隊に入った時にその点を指摘されたエディーは、以後バティエを正式な姓としたのである。

 黒人の父エディーと白人の母の間に生まれたシェーンは、学校の成績も優秀、トランペットの演奏もこなすなど、子どもの頃から様々な方面で才能を発揮した。たが、何よりも好きだったのはバスケットボールで、ミシガン州で生を受けた彼はバッドボーイズ時代のピストンズ、とりわけアイザイア・トーマスの大ファンだった。

「物心がついた頃から、NBA選手になるのが夢だった。ほかの職業は頭の片隅にも浮かばなかったよ。同年代の子どもたちより身長も高かったしね」

 クリス・ウェバー(元サクラメント・キングスほか)の母校でもあるカントリー・デイ高時代には3度も州大会を制し、数多くの大学から勧誘されたバティエだったが、地元の強豪であるミシガン大やミシガン州大ではなく、文武両道で知られる名門デューク大に進学する。
  バティエのバスケットボール人生で最も輝いていたのが、このデューク大での4年間だろう。特に最終学年の2001年はNCAAトーナメントを制し、ファイナル4の最優秀選手となっただけでなく、ネイスミス賞、ウッデン賞、『AP』や『スポーティング・ニューズ』誌といったメディアが選出する最優秀選手賞など、カレッジバスケ界の個人賞を総なめ。あらゆる栄誉を手にしたバティエの背番号31は、最終学年のトーナメントが始まる前の時点で、すでに永久欠番に認定されていた。

 とはいえUCLA時代のカリーム・アブドゥル・ジャバーやビル・ウォルトンのような、モンスター級の数字を残したわけではない。「ヴィンス・カーター(現アトランタ・ホークス)みたいに空中を歩けないし、アイザイアのように点を取りまくることもできない。だから僕みたいな選手は、とにかく練習を積んで上手くなるしかなかったんだ」。

 身体能力に恵まれていなかった分、こうした真摯な姿勢と情熱、優れたバスケIQこそが彼の最大の武器となった。また、マイク・ダンリービー(元インディアナ・ペイサーズほか)やカルロス・ブーザー(元ユタ・ジャズほか)といった、のちにNBAに進む個性派をまとめるリーダーシップも高く評価されていた。
  多くの名選手を指導したデューク大のマイク・シャシェフスキーHCも当時、「シェーンほど完璧な選手はいない。最も才能に恵まれた選手ではないが、コート内外で、様々な形でチームに貢献してくれている。あの年齢であれほど成熟した人間を、私は見たことがない」と誉めちぎっていたものだ。

 学生の本分である勉学でも、宗教学を専攻して目覚ましい成果を収めたバティエは、01年にデューク大のバスケットボール選手で初めて、「アカデミック・オール・アメリカン・オブ・ジ・イヤー」に選出されている。夏季休暇の間はウォール街でインターンとして職業経験を積み、エリートの証であるローズ奨学生の候補にも名前が挙がった。

 するとこの頃には、誰もが彼をブラッドリー上院議員と比較して語るようになっていく。「最初に会った時にこう思ったよ。この男は未来の大統領に違いないってね」(デューク大の体育部長、クリス・ケネディ)。(後編に続く)

文●出野哲也

※『ダンクシュート』2014年12月号掲載原稿に加筆・修正。

【名場面PHOTO】ジョーダン最後のオールスター、コビー81得点、カーターの豪快ダンク……1999-2019 NBA名場面集
 

関連記事(外部サイト)