【現地発】ニックスの再建を託すべき新指揮官は?候補者6人の手腕&現状をチェック

【現地発】ニックスの再建を託すべき新指揮官は?候補者6人の手腕&現状をチェック

ネッツを立て直したアトキンソン(左)をはじめ、ブルズで実績のあるシボドー(右上)、現暫定HCのミラー(右下)らがニックスの新指揮官の候補に。(C)Getty Images

リーグ屈指の名門であるニューヨーク・ニックスは、今季も低迷を脱出できなかった。新型コロナウイルスの影響でシーズンが中断する時点まで、21勝45敗でイースタン・カンファレンス12位。昨年12月7日には指揮官のデイビッド・フィッツデールを就任2年目にして早くも解任し、混迷の印象に拍車をかけることにもなっている。今夏までにシーズンが再開されるかどうかは不透明な状況だが、ニックスの視線はすでに来季以降に向いているに違いない。

 フィッツデールが去った後はマイク・ミラーが暫定ヘッドコーチ(HC)として後を継いだが、今季終了後には新たな指揮官を雇用することが有力視されている。だとすれば、今オフの最初の注目ポイントとなるのが、3月に新球団社長として招聘されたレオン・ローズが誰をコーチに選ぶか、という点だろう。今回はチームのカギを握る新指揮官の候補をピックアップし、その行方を占ってみたい。
 ■ケニー・アトキンソン

 ブルックリン・ネッツを予想以上のスピードで立て直した手腕が買われ、ニックス再建の切り札にアトキンソンを推す声は少なくない。『The Athletic』が4月中に実施した「次のHCは誰が良いか」というファン投票でも、実に57.9%の得票率を集め、2位に入ったジェフ・ヴァン・ガンディ(11%)を大きく引き離しトップに立った。

 2016−17シーズンから今季途中までネッツを率いていたアトキンソンは、スター選手も豊富なドラフト指名権も持たなかったチームを短期間に変革。スターパースター不在のなかでハードワークのカルチャーを植えつけ、昨季はチームを2015年以来のプレーオフ進出に導く。その過程で、現在52歳のアトキンソンは“錬金術師”と呼ばれるほどの評価を勝ち得たのだった。

 ケビン・デュラント、カイリー・アービングという2大スターを加えて迎えた今季、プレーオフ圏内にいたにもかかわらず、アトキンソンが3月に辞任を表明したことはリーグ全体を驚かせた。事実上の解任とも伝えられているが、その指導方針が一部のスター選手とは相性が悪かったのかもしれない。

 ただ、完全な再建体制のニックスには、育成の能力に長けたアトキンソンは適したコーチという見方が多い。2008〜12年にはニックスのアシスタントコーチを務めた実績があるのもプラス材料で、様々な要素を考慮すれば、やはりアトキンソンこそが“本命”と目されてしかるべきに違いない。
 ■ジェフ・ヴァン・ガンディ

 ヴァン・ガンディは1996〜2001年までニックスのHCを務め、1999年のプレーオフでは第8シードからファイナルに進出するなど印象的な実績を残した。当時はそのスター性でも人気を集め、ファンからはいまだに待望論がある。

 ただ、2007年以降は現場から離れており、現代NBAの指導者に適しているかは未知数。『ESPN』の解説者としても人気を博しているだけに、再建状態にいるニックスのコーチ職を本人が望むかは微妙だろう。電撃復帰となれば一部のファンは喜びそうだが、可能性としては低そうだ。

■トム・シボドー

 2010−11シーズンにシカゴ・ブルズの指揮官に就任し、いきなりリーグトップとなる62勝をマーク。在籍5年で255勝139敗(勝率64.7%)と好成績を残した実績がある。ディフェンス指導に特に長け、ニューヨークのファンからの受けも悪くなさそう。ニックスといえば、とかくジェームズ・ドーラン・オーナーの介入が問題視されるが、シボドーはオーナーにも立ち向かえるだけの気概を備えた人物でもある。

 もっとも、常に勝ちにいくスタイルがゆえ、再建体制のチームにフィットするかは疑問。同じく若手の多かったミネソタ・ティンバーウルブズ時代は結果を出せず、シーズン途中で解雇されているのは不安材料だ。
 ■マーク・ジャクソン

 ニューヨーク出身で、1988年にはニックスの一員として新人王を獲得した生粋のニューヨーカー。現役引退後の2011〜14年にはHCとしてウォリアーズを率い、ステフィン・カリーやクレイ・トンプソンらを育てた実績がある。

 ウォリアーズはスティーブ・カーが指揮官になって以降にダイナスティをスタートさせたが、その土台を築いたジャクソンももっと評価されてしかるべきだという声も多い。そんな背景もあって、これまでもニックスのHC候補に何度か名前が挙がっていた。本人はニューヨークでの仕事を希望していると伝えられており、フロントの意向次第で有力候補に浮上する可能性もある。
 ■ベッキー・ハモン

 2014年以降、サンアントニオ・スパーズのアシスタントコーチとしてグレッグ・ポポビッチHCの下で経験を積んできたハモンは、リーグ初の女性ヘッドコーチに最も近い位置にいると目されている。WNBAのニューヨーク・リバティで選手として長年プレーした経験もあり、昨年12月にニックスがフィッツデールを解雇した直後には、後釜候補として名前を挙げられていた。

 来季のニックスは上位進出が期待される状況ではなく、パイオニアの登用には適した状況ではある。ただ、メディアの中枢地といわれるニューヨークに女性HCが生まれれば、とてつもない注目を集めることは確実。重圧も大きくなるだけに、雇用する側も“リスキー過ぎる”と考えるかもしれない。
 ■マイク・ミラー

 昨冬にミラーが暫定HCに就任して以降、ニックスは17勝27敗と戦力不足を考えれば悪くない成績を残していた。知名度は依然として極めて低いが、その指導力への評価もまずまず。“ミラーにフルシーズンにわたってチャンスを与えるべき”という声はニューヨークにも少なからずある。

 もっとも、新たに人事を担当するローズ球団社長が、前体制で雇われた暫定HCをそのまま起用し続けるとは考え難いのも事実。これまで名前を挙げてきた5人か、あるいはマイク・ウッドソン(元アトランタ・ホークスHCほか)、ジョン・カリパリ(元ネッツHCほか)、ジェイソン・キッド(現ロサンゼルス・レイカーズ・アシスタントコーチ)といったほかの候補たちにその座を譲る可能性は高そうだ。

文●杉浦大介

【著者プロフィール】
すぎうら・だいすけ/ニューヨーク在住のスポーツライター。MLB、NBA、ボクシングを中心に取材・執筆活動を行う。著書に『イチローがいた幸せ』(悟空出版 )など。ツイッターIDは@daisukesugiura。

【名場面PHOTO】ジョーダン最後のオールスター、コビー81得点、カーターの豪快ダンク……1999-2019 NBA名場面集
 

関連記事(外部サイト)