桃田賢斗、“練習の行き場を失った”子どもたちへエール「また大好きなバドミントンができるように…」

桃田賢斗、“練習の行き場を失った”子どもたちへエール「また大好きなバドミントンができるように…」

桃田賢斗がインスタグラムで、新型コロナ禍により練習の場を失うなど苦しい時期を過ごす子どもたちに向けて、メッセージ動画を投稿した。(C)Getty Images

4月26日、男子バドミントンでシングルス世界ランキング1位に君臨する桃田賢斗がインスタグラムを更新。新型コロナ禍の影響で大会の中止や、練習の行き場を失ったりしている子どもたちに向けて、メッセージ動画でエールを届けた。

 動画内で桃田は「バドミントンをしている子どもたちの皆さん。桃田賢斗です」と話し始めると、「いま、コロナウイルスの影響によって練習ができなくて辛い時期だと思いますが、ここを一つ我慢して、手洗いうがいだったり、個人個人ができることをしっかりこなして、この時期を乗り越えて、また大好きなバドミントンができるように頑張っていきましょう」と呼びかけた。
  文面の最後に「#stayhome #つなぐ」などとハッシュタグを添えたこの投稿に、ファンからは「ありがとうございました。元気もらいました」「一緒に乗り越えましょう」「必ず終わりはあると思います。みんなで乗り越えて行くぞ!」「桃田選手も気を付けて下さいね」などとコメントが寄せられている。

 今月24日には全国中学校体育大会の中止が報道され、26日には全国高校総合体育大会も史上初の中止が発表された。スポーツに励む子どもたちにとっても苦しい時期となっているが、今は桃田の言うように“個人個人ができること”をしっかりとこなし、ウイルスの感染拡大防止に努めていきたい。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】東京五輪金メダル宣言!事故から完全復活を目指す桃田賢斗ギャラリー
 

 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

今はみんなバドミントンが出来なくて辛いかもしれない。 でもここを我慢して、またバドミントン出来るように今出来る事を考えていこう? @yonex_jp #バドミントン #桃田賢斗 #stayhome #つなぐ

Momota Kento(@momota_kento)がシェアした投稿 -

関連記事(外部サイト)