「今だからこそ思いやりを」柳田将洋がバレーシューズの紐でハートを形作った写真を公開。その1枚に込めた想いとは

「今だからこそ思いやりを」柳田将洋がバレーシューズの紐でハートを形作った写真を公開。その1枚に込めた想いとは

2019-20シーズン、ドイツでプレーし、日本代表での活躍も期待される柳田将洋。(C)Getty Images

バレーボール日本代表の柳田将洋が、アシックス主催の「#UnitiedYetUnited(=離れていても、みんな繋がっている)」企画に挑戦した。ルールは至ってシンプルで、シューズの靴紐をハート型にし、ハッシュタグをつけSNSに投稿するというもの。

 柳田はインスタグラムの文面に、「今だからこそ思いやりを。自分を、自分の大切な人を思う気持ちが未来を変えます。これからのために今できる事を一緒にしていきましょう」と綴った。そして、「MASA」とネームが入ったバレーシューズの紐をハート型にした写真とともにアップした。
  この投稿をチェックしたファンからは

「この写真で、想いが伝わる」
「本当に今やらなければいけない事しっかりとやらないとですね」
「もうしばらく我慢してみんなで乗り越えましょう!」
「未来は今の積み重ね。一つひとつ自分に出来ることをしていかないと、ですね」

 などとコメントが数多く寄せられた。

 この「#untiedyetunited」企画には、元日本女子代表の大山加奈さんも参加しており、ファンにも輪が広がっているようだ。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】しなやかに舞う! 日本男子バレーが誇る”エース”石川祐希の厳選メモリアルフォトを一挙公開!
 

 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

今だからこそ思いやりを。自分を、自分の大切な人を思う気持ちが未来を変えます。 これからのために今できる事を一緒にしていきましょう。 #untiedyetunited

柳田 将洋 Yanagida Masahiro(@masahiro.8.0706)がシェアした投稿 -

関連記事(外部サイト)