デュラント以外はスター不在の背番号35。ブーイ、アダムスら“期待外れビッグマン”の印象が強く…【NBA背番号外伝】

デュラント以外はスター不在の背番号35。ブーイ、アダムスら“期待外れビッグマン”の印象が強く…【NBA背番号外伝】

デュラントは少年時代のコーチをしのび、長年にわたり35番を着用。新天地のネッツでは初めて同番号以外を選んだ。(C)Getty Images

今季、ブルックリン・ネッツへ移籍したケビン・デュラントは長年着用していた背番号35に替えて7番を選んだ。少年時代のコーチが35歳の時に殺害されたのを偲んでつけていた番号。それを変えたのは、新天地に懸ける意気込みの強さの表われだろう。

 デュラントが“捨てた”格好の35番は、NBAではポピュラーな番号とは言えない。今季この番号でプレーしたのは6人だけ。欠番選手は3人いるがいずれもスーパースターとは言い難く、すぐに名前を挙げられるファンは少ないだろう。

 そもそも35番は、大きな期待を背負ってプロ入りしながら、挫折した選手の番号というイメージが強い。その最たる例がラルー・マーティン。1972年にドラフト1位でポートランド・トレイルブレイザーズに入団したマーティンだったが、注目の1年目は平均4.4点、4.6リバウンド。その後もパッとせず、結局4年プレーしただけでNBAから姿を消し、84年2位指名のサム・ブーイ、08年1位指名のグレッグ・オーデンに至る“ブレイザーズの失敗センター”の元祖となってしまった。
  期待外れという点ではダニー・フェリーも同様だ。デューク大で35番が欠番になるほどの大活躍を見せ、89年のドラフト2位でロサンゼルス・クリッパーズに指名されたが、入団を拒否してイタリアへ。1年後クリーブランド・キャバリアーズにトレードされてNBA入りするも、スターターにすらなれないままキャリアを重ねた。6年目の95−96シーズンに平均13.3点を記録したのが自己ベストで、脇役としてはそれなりでも、当初の期待からすれば物足りなかった。

 84年のロサンゼルス五輪で、マイケル・ジョーダンらとともに金メダルを手にしたジョー・クラインも、85年のドラフト6位でサクラメント・キングス入りした後、気がつけば控えセンターに落ち着いていた。

 近年ではアダム・モリソンが記憶に新しい。ゴンザガ大時代は抜群のシュート力で得点を量産。ラリー・バードの再来と言われ、06年のドラフト3位でシャーロット・ボブキャッツ(現ホーネッツ)に入団する。しかし、運動能力の低さと守備の弱さがネックとなり、3年目の途中でロサンゼルス・レイカーズにトレード。その後、海外に渡ってNBA復帰を目指すも叶わず、母校のコーチとなった。
  一方、レジー・ルイスは不幸な形でキャリアを断たれた1人だ。90年代初期のボストン・セルティックスで頭角を現わし、バードの引退後はキャプテンを継承。順風満帆のプロ生活を送っていたが、93年のオフシーズン、練習中に倒れて27歳の若さでこの世を去った。95年に欠番となったが、死後の欠番は球団史上初めてのケースだった。

 もちろん成功例もいくつかある。ルイス以前の35番で活躍した選手としては、ポール・サイラスが思い浮かぶ。フェニックス・サンズからセルティックスに移った72年に29番から35番に変えると、4年連続で平均2桁リバウンドを記録し、74、76年の優勝に貢献。シアトル・スーパーソニックス(現オクラホマシティ・サンダー)移籍後もこの番号で、79年に自身3度目の優勝を味わった。

 80年代にユタ・ジャズの主力だったダレル・グリフィスは、“ドクター・ダンケンシュタイン”と呼ばれた豪快なダンクに加え、シュートも上手く83−84シーズンに3ポイント成功率1位に輝いている。引退までジャズでプレーし続けたグリフィスは93年、同番号着用者として、存命中に欠番とされた唯一の選手となった。もう1人の欠番であるロジャー・ブラウンは、インディアナ・ペイサーズがABAで3度王者に輝いた黄金期の中心メンバー。ペイサーズの契約選手第1号でもあり、高い得点力と勝負強さが売りだった。NBA編入前に引退し、97年に亡くなっているが、殿堂入りした2013年に欠番とされている。
  欠番ではないがラリー・ケノンもABA出身者で、74年にニューヨーク(現ブルックリン)・ネッツで優勝を経験。NBAではサンアントニオ・スパーズの中心選手として人気を博し、2度オールスターに選ばれた。

 ルディ・ラルッソは60年代にレイカーズの一員として4度もファイナルに出場したが、8連覇中のセルティックスに阻まれ1度も優勝できなかった。5度目のオールスターに選ばれた69年を最後に、家庭を優先させるため31歳で引退している。一方、シカゴ・ブルズのジェイソン・キャフィー、レイカーズのマーク・マドセンは、選手としては今ひとつながら強豪球団に所属していたため、チャンピオンリングを獲得したラッキーな例だ。

 そのほか、アーメン・ギリアムやロイ・ボート、クリス・ケイマンにジェイソン・コリンズら、35番にはビッグマンが多めなのも特徴。最近でもデンバー・ナゲッツで活躍したケネス・ファリード、現役のマービン・バグリー三世(キングス)、クリスチャン・ウッド(デトロイト・ピストンズ)もみなビッグマンである。

文●出野哲也

※『ダンクシュート』2014年8月号掲載原稿に加筆・修正。

【PHOTO】美女揃い!妖艶ダンスで人々を魅了するNBAのチアリーダー特集!
 

関連記事(外部サイト)