“神様”マイケル・ジョーダンは、なぜドラフト3位だったのか?【NBAレジェンド列伝・前編】

“神様”マイケル・ジョーダンは、なぜドラフト3位だったのか?【NBAレジェンド列伝・前編】

90年代に6回のリーグ優勝を果たしたシカゴ・ブルズ。そのドキュメンタリーシリーズ『ラストダンス』の放送で、再びジョーダンに注目が集まっている。(C)Getty Images

シカゴ・ブルズが最後に優勝した1997−98シーズンの密着ドキュメンタリーシリーズ『ザ・ラストダンス』(全10話)の放映が始まり、“神様”マイケル・ジョーダンが今、改めて脚光を浴びている。20世紀最高のスーパースターと謳われた「背番号23」のキャリアを、前後編で振り返る。

■“神様”と称されたNBA史上最高のプレーヤー

 史上最高のバスケットボール選手、マイケル・ジョーダン。およそNBAに興味がある人で、彼の名を知らない者はいないだろう。その偉大なキャリアはさまざまな書籍や映像などに納められ、現役時代のプレーを見ていない人でも把握することができる。

 今回は、ジョーダンの経歴を振り返る上であまり語られない2つの出来事に焦点を当ててみたい。これほどの選手が、1984年のドラフトで3位指名にとどまった理由。もうひとつは一時的にバスケットから離れ、野球選手への転向を試みた時期のことである。
 ■大学で全米の頂点に立ち、瞬く間にスターダムを駆け上がる

 ノースカロライナ大時代から、ジョーダンはスーパースターの素質を垣間見せていた。1982年のNCAAトーナメント決勝(対ジョージタウン大)では、1年生にして優勝を決める逆転シュートを沈めている。83、84年に2年連続でファイナル4進出を逃し、勝者としてカレッジを去りたい気持ちがあったジョーダンは大学に残ることも考えたが、熟考の末、84年のNBAドラフトのアーリーエントリーを宣言した。

 この年の一番の目玉選手はジョーダンではなく、ヒューストン大のアキーム・オラジュワンだった。高さ、速さ、巧さを兼ね備えた傑出したセンターで、しかも全体1位指名権を得ていたのがロケッツとあって、地元大学のスターを指名するのは100%確実だった。

 2位指名権を持っていたのはポートランド・トレイルブレイザーズ。純粋に実力だけで判断すればジョーダンを指名するはずだった。しかし、さまざまな事情がそれを阻むことになる。

 まず、ジョーダンのポジションであるシューティングガードには、チームのトップスコアラーであるジム・パクソンがおり、控えである前年の1巡目指名選手クライド・ドレクスラーも着実に力をつけていた。ブレイザーズにとって補強が必要なのは、スウィングマンではなくセンターだった。パシフィック地区(当時)のライバル、ロサンゼルス・レイカーズのカリーム・アブドゥル・ジャバーに対抗できるビッグマンが喉から手が出るほど欲しかったのだ。
  うまい具合に――あるいはまずいことに――ケンタッキー大にサム・ブーイという有望なセンターがいた。7フィート1インチ(216cm)の高さに加え、器用にパスを出すこともできるブーイに、ブレイザーズの首脳陣は77年の優勝時の名センター、ビル・ウォルトンの影を見出していた。足の故障の前歴が気がかりだったが、身体検査の結果を受け、ステュ・インマンGMはブーイ指名の決断を下す。

 こうしてジョーダンは3位でシカゴ・ブルズに指名され、インマンは「ディック・ロウ(ビートルズをオーディションで落としたデッカ・レコードの担当者)以来、最大の愚か者」との汚名を着せられることになった。

 ジョーダンは1年目から平均28.2点の大活躍で新人王を受賞。重力の法則を覆すような滞空時間の長いダンクをはじめ、スピードとダイナミズムに溢れたプレーの数々で、見る者を唖然とさせた。ジョーダンの雄姿を一目見ようと、ブルズの試合はホームでも遠征先でも観客で溢れ返った。

 ジョーダンがNBA入りする前年の1983−84シーズンには1試合平均1万620人だったリーグの観客動員数は、5年後には1万5088人と142%も増加した。ジョーダンと専属契約を結んだナイキ社(皮肉にも、同社の本拠はポートランドだった)のシューズ“エア・ジョーダン”は飛ぶように売れ、さほど有名ではなかった同社は見る見るうちに世界的企業へ成長した。
  ドラフト同期生のオラジュワン、チャールズ・バークレーやジョン・ストックトン、1年後輩のパトリック・ユーイングにカール・マローンら、ライバルにも恵まれた。アイザイア・トーマス率いるデトロイト・ピストンズの“バッドボーイズ”はこれ以上ない悪役だったし、スラムダンクコンテストの好敵手ドミニク・ウィルキンスもいた。こうした多士済々のライバルたちとの戦いを通じて、ジョーダンのプレーはさらに磨きがかかった。

 3年目からは7年連続得点王を獲得、87−88シーズンはシーズンMVP、最優秀守備選手賞、スティール王と個人賞を総なめにした。ボストン・セルティックスやピストンズに阻まれ、チームとして成功を収めるまでには時間がかかったが、スコッティ・ピッペンやホーレス・グラントの加入と成長、フィル・ジャクソン・ヘッドコーチの指導によって徐々に力をつけていく。

 90−91シーズンにレイカーズを下して初優勝を飾ると、92年は因縁のブレイザーズ、そして93年は悪友バークレーを擁するフェニックス・サンズを倒して3連覇を達成。もちろんファイナルMVPは3年ともジョーダンが受賞した。(後編へ続く)

文●出野哲也

※『ダンクシュート』2008年4月号掲載原稿に加筆・修正。

【PHOTO】引退後もその影響力は絶大!NBAの頂点に君臨するバスケットボールの”神様”マイケル・ジョーダン特集

関連記事(外部サイト)