ラグビー堀江翔太が“大迫力“のバク宙を披露!100キロ超の巨体が舞う姿に「さすが世界で戦う漢!」とファン大興奮

ラグビー堀江翔太が“大迫力“のバク宙を披露!100キロ超の巨体が舞う姿に「さすが世界で戦う漢!」とファン大興奮

昨秋のラグビーW杯でベスト8に貢献した堀江翔太。バク宙を披露し、身体能力の高さを示した。(C)Getty Images

ラグビー日本代表の堀江翔太がインスタグラムでバク宙の動画を公開し、「身体能力半端ない!!」などとファンの反響を呼んでいる。

 堀江は「佐藤義人さん(ラグビー日本代表のトレーナー)にトランポリンでバク宙てどうやってやるの?てメールで聞いたら、できた。トレーニング積んできたおかげかな」と綴った。続けてハッシュタグで、「#良い子はマネしないでね #トレーニングのおかげ #佐藤のおかげ #34歳初めてできてはしゃぐ #家トレ」と書き足し、動画をアップした。

 動画は、家の庭と思われるスペースで撮影されたもの。ネットで囲ったトランポリンを設置し、それを跳ぶ堀江の様子が映されている。3回リズムをとるためにジャンプをし、4回目で踏み切り、見事にバク宙を決めてみせた。トランポリンの手前には、父が跳ぶ様子を伺う愛娘の姿もある。
  同投稿をチェックしたファンからは「スゴい、スゴい!身軽ですね〜!」「コツを聞いてできちゃうなんて、これまたすごいです!!」「身体能力半端ないですね!!」「なんちゅー運動神経」「え、すごい、、」「うひょ〜!!」「惚れ直しました」「初めてとは思えない!さすが世界で戦う漢!」と絶賛のコメントが殺到した。

「34歳初めてできてはしゃぐ」と堀江本人が綴っていた通り、バク宙は人生初の経験だったのだろう。それを事も無げに成功させてしまう。100sを超える体を自在に操る身体能力とセンスには、舌を巻くばかりだ。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】日本 3-26 南アフリカ|初の4強進出ならず終戦も、世界に衝撃を与えた桜の戦士たち!
 

 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@heat_sato にトランポリンでバク宙てどうやってやるの?てメールで聞いたら、できた。 トレーニング積んできたおかげかな。 #良い子はマネしないでね #トレーニングのおかげ #佐藤のおかげ #34歳初めてできてはしゃぐ #家トレ

堀江翔太 Shotahorie(@shotahorie_no.2)がシェアした投稿 -

関連記事(外部サイト)