野球での挫折がジョーダンを丸くした?2度の3連覇の間の“空白の1年半”【NBAレジェンド列伝・後編】

野球での挫折がジョーダンを丸くした?2度の3連覇の間の“空白の1年半”【NBAレジェンド列伝・後編】

父親の死、突然の引退、野球挑戦……。様々な出来事を乗り越えて、ジョーダンは2度目の3連覇を成し遂げた。(C)Getty Images

シカゴ・ブルズが最後に優勝した1997−98シーズンの密着ドキュメンタリーシリーズ『ザ・ラストダンス』(全10話)の放映が始まり、“神様”マイケル・ジョーダンが今、改めて脚光を浴びている。20世紀最高のスーパースターと謳われた「背番号23」のキャリアを、前後編で振り返る。

■絶頂期での突然の現役引退、世間の度肝を抜いた野球挑戦

 1990−91シーズンにレイカーズを下して初優勝を飾ると、92年は因縁のブレイザーズ、そして93年は悪友バークレーを擁するフェニックス・サンズを倒して3連覇を達成。もちろんファイナルMVPは3年ともジョーダンが受賞した。

 だが、こうした成功(7年連続得点王やNBA3連覇)はジョーダンにとって克服すべき対象がなくなりつつあることを意味していた。新たな刺激を求めてギャンブルに耽溺し、その事実がマスコミに暴かれて非難を浴びたこともあり、プライバシーのない生活にも疲弊していた。

 そして1993年8月、父親が強盗に射殺される悲劇的な事件が起きたことが引き金となり、ジョーダンは現役引退を発表した。

「自分がバスケットボールで証明しなければならないことはもう何もない。これからはもっと家族や妻や子どもたちと過ごし、普通の生活を送りたい」
  とはいえ、“普通の生活”に彼が満足できるわけがなかった。新たなチャレンジの対象として見出したのが、子どもの頃はバスケットボールよりも好きだった野球だった。亡き父が最も愛したスポーツで成功を収めることで、父を失った悲しみを乗り越えようとしたのだ。

 ブルズのオーナー、ジェリー・ラインスドーフが所有するシカゴ・ホワイトソックスに入団したジョーダンは、傘下のマイナーリーグ、ダブルAのバーミングハム・バロンズから野球選手としてのスタートを切った。

 年収が3000分の1の選手たちとともに、泥だらけになって白球を追った。一切の特別扱いを拒み、10時間以上ものバス移動にも何一つ文句言わなかった。その真摯な姿勢に、はじめは懐疑的な目を向けていたチームメイトたちも感銘を受けた。もっとも、試合前に監督(現クリーブランド・インディアンス監督のテリー・フランコーナ)とトランプやゴルフに興じていたあたり、やはり普通のマイナーリーガーではなかったのだが。

「父に対する約束を果たしたい。失敗は恐れていない。挑戦しないことのほうがずっと嫌なんだ」

 強い思いで野球に打ち込んだジョーダンだったが、現実は厳しかった。15年も本格的にプレーしていなかったスポーツを、すぐにこなせるわけはなかった。変化球を投げられる度にバットは空を切り、打率は辛うじて2割を上回る程度。127試合でホームランは3本打つのがやっとで、リーグ5位の30盗塁と俊足を見せつけたのが唯一の慰めだった。
 ■NBA復帰後は円熟味を増したプレーでファンを魅了

 ところが、94年の夏からMLBは選手会による長期ストライキに突入してしまう。年が明けてもシーズン開始の目途が立たない状態で、ジョーダンは次第に野球への情熱を失い、同時にバスケットボールに対する熱い思いが湧き上がっていた。そして95年3月19日、“I’m back.”の復帰声明とともに、ジョーダンは再びブルズの赤いユニフォームに袖を通した。

 復帰当初は試合勘を取り戻すのに手間取ったが、万全の準備を整えて挑んだ95−96シーズンは平均30.4点で8回目の得点王になり、4回目のシーズンMVPに輝いた。チームもリーグ新記録(当時)の年間72勝、NBAファイナルでもシアトル・スーパーソニックス(現オクラホマシティ・サンダー)を一蹴し、当然のごとくファイナルMVPを受賞した。

 復帰後のジョーダンが、以前と変わった部分が1つある。性格的に多少丸くなっていたことだ。

 引退前のジョーダンは能力の劣るチームメイトに対し、非常に厳しく当たっていた。彼らが向上しないのは努力を怠っているからだと決めつけていたのだ。だが野球での挫折によって、努力が必ずしも結果に結びつかないことを学び、他者に対して寛容になっていた。野球選手としての経験は、こうした形で生かされたのだった。
  97、98年は2年連続してファイナルでユタ・ジャズを倒し、2度目の3連覇を達成。98年のファイナル第6戦、6度目の優勝を決定付けるシュートを決めたのを最後に、ジョーダンはユニフォームを脱いだ。その後2001−02シーズンから2年間、ワシントン・ウィザーズでもプレーしたが、この時期に関してはここでは語らないでおこう。

 ジョーダンのキャリアを振り返ると、改めて彼がいかに多くの常識を破ってきたかが分かる。NBAを制するにはビッグセンターが不可欠だとの認識も、一旦引退した選手が再び頂点へ返り咲くことなどあり得ないとの見方も覆した。ジョーダンがあれほどの人気を誇っていたのは、単にプレーの凄さや強さだけでなく、失敗に終わった野球や2度目のカムバックへの試みも含めて、その挑戦し続ける姿に人々が強く惹かれたからなのだろう。

文●出野哲也

※『ダンクシュート』2008年4月号掲載原稿に加筆・修正。

【PHOTO】引退後もその影響力は絶大!NBAの頂点に君臨するバスケットボールの”神様”マイケル・ジョーダン特集

関連記事(外部サイト)