八村塁の母校、ゴンザガ大から3選手が今ドラフトにアーリーエントリー。NBA入りの可能性は?

八村塁の母校、ゴンザガ大から3選手が今ドラフトにアーリーエントリー。NBA入りの可能性は?

今季も全米ランキングで1位に立つなど、長年強豪の地位に君臨するゴンザガ大。八村の後輩の中から、新たなNBA選手は誕生するか。(C)Getty Images

NBAドラフトで八村塁が日本人史上初の1巡目指名(全体9位)を受けたのは昨年の6月20日(日本時間21日)。歓喜の瞬間から間もなく1年が経とうとしているなか、4月28日(同29日)に今年のドラフトのアーリーエントリー期限を迎え、205選手が同リストに名を連ねた。205選手のうち、163名はアメリカの大学に在籍する選手、42名はアメリカ外の国で活動する選手となっている。

 高校までを日本で過ごした八村は、2016年にアメリカの名門ゴンザガ大に入学し、3年生のシーズン終了後にアーリーエントリー。同年は所属するウエスト・コースト・カンファレンス(WCC)の最優秀選手賞をはじめ、オールアメリカンチーム選出など数々の賞を受賞し、大学史上2位の高順位でNBA入りを果たした(1位は2006年に全体3位で指名されたアダム・モリソン)。

 そんな八村の母校から、今年は3選手がアーリーエントリーを宣言した。八村なき後のエースに就任した2年生のフィリップ・ペトゥルーシェフは、昨季から大きな飛躍を遂げた1人。セルビア出身、211cmのビッグマンは今季、平均得点(17.5)、リバウンド(7.9)でいずれもチームトップをマークし、カンファレンス制覇に貢献。昨年の八村に続くWCCの最優秀選手に輝いた。
  同じく2年生で、フランス出身のジョエル・アヤイも、平均1.7点に終わった昨季から今季は10.6点とジャンプアップ。今季途中から先発に定着すると、3月のカンファレンス・トーナメントでは決勝で17得点、7リバウンドをあげ、トーナメントMVPに選ばれた。線は細いが196cmのサイズとスピードを兼ね備え、鋭い突破力とシュート力が光るオールラウンダーだ。

 3年生のコリー・キスパートは、昨季からスターターとしてプレーし八村とも長い時間コートをともにした。高いシュート力が売りで、今季はチーム2位の平均13.9点、3ポイント成功率43.8%(78/178)をマーク。オフェンシブ・レーティングはカンファレンストップの126.1という数字を残し、ペトゥルーシェフとともにオールWCCチームに選出されている。

 また上記3選手のほかでは、1年時から八村の同期として切磋琢磨し、今季は4年生としてチームを支えたキリアン・ティリーも、指名が大いに期待される。アヤイと同じフランス出身のビッグマンは、208cmのサイズに加え、3ポイント成功率で大学通算44.4%と長距離砲も得意。高いバスケットボールIQとシュート力はNBAでも重宝されそうだ。

 なお、アーリーエントリーした選手はドラフトの10日前までエントリーを取り下げることが可能で、前述の3人は来季も大学に残る可能性を残している。また、今年のドラフトは本来6月25日(同26日)に予定されていたものの、新型コロナウイルスによるシーズン中断を受け、8月以降への延期も検討されている。

構成●ダンクシュート編集部

【八村塁PHOTO】攻守でアグレッシブに躍動!1年目からNBAで活躍するルーキーの厳選ショット!

関連記事(外部サイト)