ゴンザガ大の歴代最強スターターに八村塁が選出。69年の歴史を誇る名門の“ベスト5”の顔ぶれは?

ゴンザガ大の歴代最強スターターに八村塁が選出。69年の歴史を誇る名門の“ベスト5”の顔ぶれは?

殿堂入りPGのストックトンを筆頭に多くの名選手を輩出してきたゴンザガ大。その歴代ベスト5に八村も名を連ねた。(C)Getty Images

4月30日(日本時間5月1日)、インスタグラムで6万人以上のフォロワー数を誇る『SBE College Hoops』が、ゴンザガ大学の歴代最強スターター5選手を選定し、投稿した。

 今年は新型コロナウイルスの影響によりNCAAトーナメントも中止となり、カレッジバスケットボールファンが途方に暮れるなか、同アカウントは約1週間前から名門大の歴代最強スターター5選手の企画をスタート。デューク大を皮切りに、ノースカロライナ大、ケンタッキー大、カンザス大、コネティカット大、ミシガン州大と続き、ゴンザガ大が紹介された。

 1943−44シーズンから参入し、今季69シーズン目を終えたゴンザガ大は、通算1336勝702敗(勝率65.6%)の成績を残しており、NCAAトーナメントには22回出場。現在、NBAワシントン・ウィザーズのルーキーとして活躍する八村塁の1年時(2016−17シーズン)には同大史上初のファイナル4、そしてNCAAファイナルへと勝ち進んだ。ノースカロライナ大との頂上決戦で65−71と惜敗したものの、全米中にその名を轟かせた。

 ここからは『SBE College Hoops』がセレクトしたゴンザガ大史上最強のスターティングラインナップを見てみよう。
 ■ゴンザガ大オールタイム・スターティング5 ※カッコ内は大学在籍期間
PG:ジョン・ストックトン(1980−84)
SG:アダム・モリソン(2003−06)
SF:八村塁(2016−19)
PF:ブランドン・クラーク(2018−19)
C:ドマンタス・サボニス(2014−16)

 1984年のドラフト1巡目16位で指名されたストックトンは、NBAキャリア19シーズンをユタ・ジャズ一筋でプレーし、歴代最多の通算1万5806アシスト、3265スティールを記録したリーグ史に残る偉大な司令塔。一方のモリソンは2006年のドラフト全体3位指名ながら、ケガにも泣かされてわずか3シーズンでNBAの檜舞台から去っている。

 両選手のNBAキャリアはまさに両極端だが、大学での実績は素晴らしいの一言。ストックトンは、4年間の通算で平均31.6分出場、12.5点、5.2アシストをマーク。フィールドゴール(FG)成功率55.9%とカレッジ時代からショットの正確性に定評のあった司令塔は、4年時には平均20.9点、7.2アシスト、FG成功率57.7%と圧巻の数字を残した。モリソンは3年間プレーして平均30.6分出場、19.7点、5.1リバウンドをマーク。3年時にはFG成功率49.6%、3ポイント成功率42.8%と抜群のシュート力を誇り、平均28.1点でNCAAの得点王に輝いた。
  この2選手はすでに現役を引退しているのに対し、フロントコートには八村を筆頭に、現在NBAで活躍する3選手がセレクトされた。

 昨季まで3年間在籍した八村は、通算19.7分、12.1点、4.4リバウンド。初年度はベンチ要員だったものの、3年時にはエースとして平均30.2分出場、19.7点、6.5リバウンド、FG成功率59.1%を叩き出し、NCAAの年間最優秀スモールフォワードに贈られる「ジュリアス・アービング賞」に輝いた。

 クラークは2017年にサンノゼ州大から編入し、昨季は八村とインサイドコンビを組んだ。ゴンザガ大の在籍は1シーズンのみだが、平均28.1分の出場で16.9点、8.6リバウンド、3.16ブロックにFG成功率68.7%をマークし、NCAAトーナメントのエリート8(準々決勝)進出に貢献した。2シーズン在籍したサボニスは通算26.6分、13.5点、9.4リバウンドを記録。2年時には平均31.9分、17.6点、11.8リバウンドと平均ダブルダブルをマークしている。

 八村は昨年のドラフトでモリソンに次ぐ高順位(全体9位)でウィザーズに、クラークは1巡目21位でオクラホマシティ・サンダーから指名後、トレードでメンフィス・グリズリーズに入団。両者とも今年2月に行なわれたオールスターのライジングスターズ・チャレンジ(リーグ在籍2年目以内の若手による対抗戦)に世界選抜の一員として出場した。16年のドラフト1巡目11位でオーランド・マジックから指名されたサボニスは、1年目はサンダーでプレーし、2年目にトレードでインディアナ・ペイサーズへ。年々成長を続け、キャリア4年目の今季はオールスター本戦に初出場を果たした。
  コメント欄には「モリソン懐かしい」「モリソン好きだったなぁ」など、大学時代はスターとして鳴らしたモリソンに関するコメントが多く寄せられたなか、「ケリー・オリニク(現マイアミ・ヒート)がいるだろ」といった声も。2009〜13年に3シーズンプレーしたオリニクは、3年時に平均17.8点、7.3リバウンドを残しオールアメリカンチームにも選出。長い間チームを応援してきたファンにとっては、クラークよりもオリニクの方により愛着があるのかもしれない。

 では、もしこの5選手が一緒にプレーしたらどうなるのか。ピック&ロールの名手ストックトンの正確無比なパスワークから八村、クラークが豪快なダンクを連発し、サボニスがペイントエリアを制圧。また、サボニスと八村(あるいはクラーク)によるハイ&ローポストの連係も面白そうだ。3ポイントをはじめとするアウトサイドシュートはモリソンに負担がかかりそうだが、運動量豊富な両フォワードが相手の守備をインサイドに引き付けることで、比較的イージーシュートを放つことができるのではないか。

 ちなみに、この投稿を見た八村も自身のストーリーに絵文字を加えて投稿するなど、いち早くリアクションを示していた。

 この企画はあくまで想像、いやむしろ妄想に近いのだが、新型コロナウイルスの影響でバスケットボールの活動が自粛されている現在において、多くのファンが興味をそそられるものであることは間違いない。

文●秋山裕之(フリーライター)

【八村塁PHOTO】攻守でアグレッシブに躍動!1年目からNBAで活躍するルーキーの厳選ショット!

関連記事(外部サイト)