驚異の身体能力でダンクの雨を降らせた“レインマン”ショーン・ケンプが、学生時代に残した「武勇伝」

驚異の身体能力でダンクの雨を降らせた“レインマン”ショーン・ケンプが、学生時代に残した「武勇伝」

驚異的な身体能力を武器に空中戦を支配したケンプは、アスレティックPFの先駆者的存在だった。(C)Getty Images

大型新人ザイオン・ウィリアムソン(ニューオリンズ・ペリカンズ)の登場により、アスレティック系パワーフォワード(PF)に改めて光が当たるようになった。近年で言えばブレイク・グリフィン(デトロイト・ピストンズ)、過去に遡ればケニョン・マーティン(元ニュージャージー・ネッツほか)やラリー・ジョンソン(元シャーロット・ホーネッツ)ら数々の選手がNBAの歴史を彩ってきたが、象徴的存在の1人がショーン・ケンプ(元シアトル・スーパーソニックスほか)だろう。

 異次元のパワーとスピード、40インチ(約101.6cm)を超える驚異のジャンプ力を誇り、“レインマン”の異名を取るほどダンクの雨を降らせる――。ソニックス時代に7年間コンビを組み、阿吽の呼吸でアリウープを連発した“相棒”ゲイリー・ペイトンも「ショーンとのコンビは最高だった」と称賛を惜しまないケンプは、1990年代のNBAで異彩を放ったスーパースターだった。

 しかし、1997年のクリーブランド・キャバリアーズ移籍後は転落人生の一途。体重増加によるパフォーマンスの低下、ドラッグやアルコールの誘惑を断ち切れず、33歳だった2002−03シーズンを最後にNBAの舞台から姿を消した。
  地元インディアナ州のコンコード高校では1年時からスターターとして活躍。体育館はケンプのプレーを一目見ようとするファンで毎試合埋め尽くされ、当時から有名大学はおろか、NBAのスカウトまでもが視察に訪れるほどの有望株だった。卒業間近に行なわれたマクドナルド・オールアメリカンでは、後にNBA入りするアロンゾ・モーニング、クリスチャン・レイトナー、クリス・ミルズらとともに注目を集めた。

 リクルート合戦が繰り広げられるなか、ケンタッキー大への進学を選択したが、SAT(大学進学適性試験)の点数不足により、NCAAの規定で1年間プレー不可に。窃盗疑惑も重なり、1試合も出場することなく大学を後にした。短大編入を経て、89年ドラフト1巡目17位でNBA入りするが、半年程度の大学生活中にも“武勇伝”を残していたという。今回、『The Athletic』で当時のメンバーがケンプの怪物ぶりを回想している。

 88年夏、ピックアップゲームでケンプはその名を轟かせた。ケンタッキー大のOBで、86年ドラフトでニューヨーク・ニックスから1巡目5位指名を受けたケニー・ウォーカーがオフシーズンのワークアウトで母校のチーム練習に参加していたなか、5歳年上の先輩相手に豪快なダンクを叩き込んだという。当時ケンプと同じ1年生フォワードだったジョン・ペルフリー(現テネシー工科大ヘッドコーチ)は、そのプレーをこのように表現する。

「当時はまだバックボードが木製だった。彼はコート中央でボールを受け取ると、サメが獲物を狙うような勢いでダンクに行った。ムチを打つように捻って叩き込み、リングとボードを真っ二つにしようとしていた」
  ウォーカーは当時すでにNBAで150試合に出場し、翌89年のスラムダンク・コンテストで優勝。“スカイ・ウォーカー”の異名を取ることになる圧倒的なジャンプ力の持ち主をねじ伏せてしまったのだ。

 2年生のフォワード、ショーン・サットンはケンプがウォーカー越しにダンクを決めた後の行動を今でも鮮明に覚えているという。

「ショーンはケニーの真上からダンクを叩き込み、彼の顔を見て『このくそったれ!』と言った。あるいはもっとひどい内容だったかもしれない。誰もが驚いたよ。『アイツはケニーになんて言ったんだ?』ってね。でもショーンが敬意に欠けたことをしていたとは思わない。目の前の勝負に夢中になっていただけさ」

 NBA選手でもない大学生にダンクを決められ、罵声を浴びせられる屈辱を味わったウォーカーだが、ケンプの衝撃は“神様”マイケル・ジョーダンに次ぐものだったと振り返る。

「彼は“manchild(マンチャイルド。肉体的には大人でも、精神的には子どもな人間の意)"だった。私はたいていの場合、相手に対してアドバンテージがあったけど、彼は自分より大きくて強く、同じくらいアグレッシブで、おそらく私より少し性格の悪いヤツと対峙した。レブロン・ジェームズが現われるまで、高校を出たばかりであれだけのフィジカルとジャンプ力を持った選手はいなかった。私は自問自答した、『なんでコイツに対して飛んでしまったのか』と。マイケル・ジョーダン以外では、おそらく私が頭の上からダンクを決められた選手の中で最高の存在だね」
  当時アシスタントコーチだったジミー・ダイクスによれば、このピックアップゲームの後、ケンプはダイクスのオフィスに立ち寄り、「俺が世界でベストだ」と言い放ったという。現在『ESPN』でアナリストを務めるダイクスだが、1991〜93年にはケンプが在籍したソニックスでスカウトを務めた。1989年のドラフト前にソニックスから指名に関して助言を求められ、その時の回答が「君には見る目がある」と評価された結果の雇用だった。

「彼(ケンプ)は自分が常にコート上で最高の選手だと考えていた。ほとんどの場合、それは正しかった。私が大学で見た選手の中で、最もフィジカルの才能に恵まれていたビッグマンだったからね。彼がチーム(ケンタッキー大)を去ったあと、ソニックスは私に彼を『獲るべきか』と尋ねてきた。間髪入れずに言ったよ、『ショーン・ケンプをドラフトしろ』とね」

 人間的に未熟だったこともケンプの魅力のひとつだったが、凋落することなくキャリアを全うしていれば、相棒だったペイトン同様にバスケットボール殿堂入りを果たすのは必然だっただろう。

構成●ダンクシュート編集部

【名場面PHOTO】ジョーダン最後のオールスター、コビー81得点、カーターの豪快ダンク……1999-2019 NBA名場面集
 

関連記事(外部サイト)