宮原知子の“自己流手縫いマスク”がファンの間で話題に!「手作りマスクをして、また明るい気分になれれば…」

宮原知子の“自己流手縫いマスク”がファンの間で話題に!「手作りマスクをして、また明るい気分になれれば…」

平昌五輪女子シングル4位の宮原が、自身のブログで手作りマスクに挑戦した様子を公開した。(C)Getty Images

女子フィギュアスケートの宮原知子が自身のブログを更新し、“手作りマスク”に挑戦した様子を公開している。

 宮原は、「新しい試み」と題したブログで「マスク作りに挑戦!です。自分の想像で作ったので手作り感満載、縫う手順も自己流のため少し恥ずかしいですが、ご紹介したいと思います!」と綴り、制作過程を写真付きで公開。使ったマスクから針金を取り出したり、小さな布を縫い合わせたりと細かい作業をしたようだ。
  さらに、完成したマスクを写真で披露すると、「何より、白い糸しかなかったので、見えても大丈夫なように縫うのに苦労しました」とコメント。「でも出来上がると、なんとなく嬉しくなって大事に使おう!という気持ちが湧いてきました」と満足した様子を見せた。

 文面の最後は「手作りマスクをして、また明るい気分になれれば、と思っています」と想いを綴った宮原。今年2月に行なわれた国際大会『ババリアン・オープン』では金メダルを獲得し、先月は日本スケート連盟の特別強化選手に選出されている。

構成●THE DIGEST編集部

【女子エキシビションPHOTO】華麗に舞う宮原、樋口、紀平の特集ギャラリー!
 

関連記事(外部サイト)