コビーとピアースはチームメイトになる可能性もあった?当時のカンザス大HCが明かすリクルート秘話

コビーとピアースはチームメイトになる可能性もあった?当時のカンザス大HCが明かすリクルート秘話

NBAでは東西のライバルチームに入団し、しのぎを削ったコビーとピアース。もし両者がカレッジでコンビを組んでいたら……(C)Getty Images

2016年に現役を引退したコビー・ブライアントは、ロサンゼルス・レイカーズ一筋20年とキャリアで“生涯レイカー”を貫いた。今年1月26日(日本時間27日)にヘリコプター墜落事故に遭い、不慮の死を遂げた後にも様々なエピソードが日の目を浴びてきたが、NBA入りした1996年ドラフト前後の秘話が新たに明らかになった。

 コビーはアレン・アイバーソン(元フィラデルフィア・セブンティシクサーズほか)、ステフォン・マーブリー(元ミネソタ・ティンバーウルブズほか)、レイ・アレン(元ミルウォーキー・バックスほか)と同じ1996年ドラフト組。地元ペンシルバニア州フィラデルフィアのローワー・メリオン高から1巡目13位でシャーロット・ホーネッツから指名され、ブラデ・ディバッツとのトレードでレイカーズの一員となった。

 ドラフトにまつわる最も有名な話は、8位指名権を保持していたニュージャージー・ネッツ(現ブルックリン・ネッツ)がコビーを指名する予定だったというものだろう。ネッツは当時では異例となる3回のワークアウトに参加させ、コビーの“囲い込み”を水面下で遂行。ドラフト前夜には、ジョン・カリパリ・ヘッドコーチ(現ケンタッキー大HC)とジョン・ナッシュ・ゼネラルマネージャーはコビーの両親と夕食をともにし、ドラフトする意思を伝えていた。しかし、コビーがカリパリHCにネッツがドラフト指名したら「イタリアでプレーする」と直接電話で牽制したことで逃げ腰になり、結局、代理人デイビッド・フォーク氏のアドバイスでケリー・キトルズを指名したとされている。
  今年4月28日には、35年に渡ってサクラメント・キングスのコーチや解説者を務めたジェリー・レイノルズが球団公式サイトで96年のドラフトを回想。14位指名権を持っていたキングスは「我々は間違いなくコビーを指名するはずだった」と明かした。

「とにかく彼を指名して交渉権を得るつもりだった。そうすればNBAでプレーしたいと思った時、キングスの一員になるしかないからだ。キングス行きを阻止する唯一の方法はレイカーズがトレードすることだったが、実際にそうなった。コビーは何位で指名されるか気にしていなかった。とにかくレイカーズでのプレーを望んでいたんだ」
  キングスの一員となる可能性が発覚したわけだが、アプローチをかけていたのはNBAのチームだけではない。当時カンザス大のHCで、ノースカロライナ大でマイケル・ジョーダンの指導経験もあるロイ・ウィリアムズは『Dan Patrick Show』で、高校から直接NBA入りするかつてのルール(2006年から高校生をドラフトすることは禁止)について言及した際、コビーをリクルートするためにアプローチしていたと振り返った。

「(ケビン)ガーネット、コビー、レブロン(ジェームズ)はNBAのルールを変えたと思う。コビーは正しい決断をした。レブロン、ガーネットもね。誤った決断をした選手はたくさんいる。ただ、ずっと言ってきたけど、みんなに完璧な(ドラフトの)ルールなんてないんだ。コビーをリクルートしたかって?彼の父親に一度電話をして会話をしたよ。電話を切った時、彼の父親と話せて良かったと感じた。でも、青年(コビー)はNBAに行くつもりだった」
  ウィリアムズはコビーの父親であるジョー・ブライアントと電話を通じてコンタクトを取ったものの、本人のNBA行きの意思は固く、進学のコミットを取り付けることはできなかったという。

 もしカンザス大に加入していたら、のちにNBAでライバル関係となる1歳年上のポール・ピアースとチームメイトになっていた。2008年の北京五輪、12年のロンドン五輪でアメリカ代表として共闘する“コーチK”ことマイク・シャシェフスキーHCからのデューク大入りの熱烈ラブコールも断っていたコビー。その人生において1996年は幾多の運命が交差した、最も激動の年のひとつだったと言えるかもしれない。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】「Mr.レイカーズ」&「Mr.NBA」史上最高のスーパースター、コビー・ブライアント特集!
 

関連記事(外部サイト)