桃田賢斗がインスタライブで「緊張のほぐし方」を伝授。公認ニックネームは「ももてぃ」に決定

桃田賢斗がインスタライブで「緊張のほぐし方」を伝授。公認ニックネームは「ももてぃ」に決定

桃田賢斗がインスタライブを行い、ファンと楽しいひと時を過ごした。(C)Getty Images

5月5日、バドミントン男子シングルス世界ランキング1位の桃田賢斗が、マネジメント契約している「UDN SPORTS」のプロジェクト「#つなぐ」の一環として、インスタライブを行った。配信は約1時間半かけて行なわれ、ファンとともに楽しいひと時を過ごした。

 桃田は、バドミントンはもちろん、プライベートのことまで、ざっくばらんに質問に答えた。バドミントンプレーヤーには、フットワークが速くなる方法や、コートのカバーリングを広げる方法などをアドバイス。スマッシュについては、「強い球を打とうとする時に力んで振る人がいる。インパクトの時だけ(力を)0から100にする」といった指導もあった。

 一方、プライベートの質問には、「アニメ好きなので、今はdTVでNARUTOを片っ端から観ている」と素顔を見せ、さらに今一番したいことは「ショッピングして、外食したい」と本音を漏らしている。

 世界を舞台に戦う桃田だが、試合の時は緊張して吐きそうになることもあるという。その緊張を和らげる方法として、「緊張している自分と会話をする。どういう要因で緊張しているか自分に問いかける」と、桃田流・緊張ほぐし術を明かした。また試合の時に聞く音楽は、「最近は、平井大さんの『Slow&Easy』」だそうだ。
  今回のライブで一番の盛り上がりを見せたのは、桃田の“マグカップチャレンジ”への挑戦だろう。“マグカップチャレンジ”とは、2メートルほど離れた所からマグカップにシャトルを入れるというもの。桃田は、チャレンジするのが初めてということで苦戦を強いられたが、無事9発目で成功させた。

 また、ライブ中にニックネームを募集し、桃田公認で「ももてぃ」に決定。桃田とのダイレクトな交流は、ファンにとって最高の時間になったようだ。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】東京五輪金メダル宣言!事故から完全復活を目指す桃田賢斗ギャラリー
 

 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

今はみんなバドミントンが出来なくて辛いかもしれない。 でもここを我慢して、またバドミントン出来るように今出来る事を考えていこう? @yonex_jp #バドミントン #桃田賢斗 #stayhome #つなぐ

Momota Kento(@momota_kento)がシェアした投稿 -

関連記事(外部サイト)