「誰もやりたがらないことをやる…」異端のスーパースター、デニス・ロッドマン。不良少年がリバウンド王になるまで【NBAレジェンド列伝・前編】

「誰もやりたがらないことをやる…」異端のスーパースター、デニス・ロッドマン。不良少年がリバウンド王になるまで【NBAレジェンド列伝・前編】

様々な問題行動で話題を振りまいたロッドマンだったが、ことリバウンド、守備に関しては超一流。ブルズの後期3連覇に大きく貢献した。(C)Getty Images

シカゴ・ブルズが最後に優勝した1997−98シーズンの密着ドキュメンタリーシリーズ『ザ・ラストダンス』(全10話)の放映が始まり、マイケル・ジョーダンをはじめとした当時の優勝メンバーが改めて脚光を浴びている。黄金期を支えた輝かしい選手たちの中にあって、とりわけ異彩を放っていたのがデニス・ロッドマンだ。けばけばしく染めた髪、タトゥー、ピアス、暴言、女装、アバンチュール……彼は危険人物であり、セックスシンボルであり、尊敬すべきリバウンダーだった。NBA史上、他に類を見ない異端のヒーローのキャリアを前後編で振り返る。

 デニス・ロッドマンがNBAから姿を消して、20年もの月日が過ぎた。現役時代の彼を知らない人にとって、14年間で平均得点2桁以上は一度だけ、通算7.3点の選手がマイケル・ジョーダンと並ぶ人気選手だったことは理解できないのではないか。

 頻繁に髪の色を変え、自著の発表会にウェディングドレスを着て現れ、プロレスのリングに立ち……。異常なほどのロッドマン人気は、その奇怪なパフォーマンスに拠る部分も大きかったが、それだけが理由ではない。天才的なリバウンドの才能、頭脳的で執拗なディフェンス、そして所属チームを常に勝利に導いてきた、確かな実力があってのことだった。
 ■警備員からNBAチャンプへと激変した平凡な不良少年の人生

 ロッドマンのキャリアには、普通と言えるようなことは何もない。スタート地点からして、彼は他の多くの選手たちと違っていた。高校時代まではそれほど背が高くなかったこともあって、有望なバスケットボール選手だとは一度も見られなかった。有名大学に進学できるわけでもなく、ダラスの空港で警備員として働き、敷地内の商品から時計を盗み、逮捕されたこともあった。平凡な不良少年の人生は、突然身長が伸び始めたことで激変した。短期大学で一時的にプレーしたのち、サウスイースタン・オクラホマ州大学に入学。今に至るまで、ロッドマン以外のNBA選手を1人も出していない無名校で、彼の才能は目覚めた。

 1986年のドラフトでは、2巡目37位でデトロイト・ピストンズに指名された。「ピストンズのことは全然知らなかった。アイザイア・トーマスも、最初はボールボーイかと思ったよ」と言うロッドマンだったが、このチームに入団できたことは幸運だった。“バッドボーイズ”と呼ばれた、ラフでタフなチームカラーも彼にあっていたし、何よりもヘッドコーチのチャック・デイリーに出会えたのが大きかった。

「デニスはわがままだし、ずるい面もある。でもとても練習熱心だし、人から親切にされたり、公正な態度をとってもらえばそれを恩に感じる男だ」(デイリー)。
  幼い頃に父が家出したロッドマンにとって、デイリーは父親のような存在だった。自分に目をかけてくれたコーチに報いるべく、ロッドマンはスキルを懸命に磨いた。オリンピックの陸上代表になれると言われたほどの運動能力に加え、ピストンズの先輩ビル・レインビアやリック・マホーンから対戦相手を肉体的・心理的に威圧する術を学び、ガードからセンターまでマッチアップできる万能ディフェンダーへと成長した。

 ディフェンス以上に彼の評価を高めたのは、リバウンドのテクニックだった。「ここで生き残るためには、誰もやりたがらないことをやるしかない。それがリバウンドだった」。身長は公称201cmと高くはない。それでも天性の勘の良さとビデオテープでの徹底的な研究によって、的確な位置にポジショニングし、タイミングの良いジャンプでボールをもぎ取った。「本数でなく、奪取率ではビル・ラッセルやウィルト・チェンバレンを上回る、史上最高のリバウンダー」(バスケットボール・アナリストのディーン・オリバー)との評価さえある。

 入団3年目の89年にはオールディフェンシブ1stチームに選出され、ピストンズもロサンゼルス・レイカーズを下して初優勝を遂げる。翌90年もチームの2連覇に貢献した上、個人としてもオールスター出場、最優秀守備選手賞を受賞。91年は2年連続で最優秀守備選手賞に選ばれ、92年には平均18.7リバウンドで初のタイトルを獲得。10代の頃は誰からも相手にされず、ホームレスも経験した男がNBAの頂点に上りつめたのだ。
 ■自殺さえ考えた自暴自棄の日々、そしてブルズでの華麗な復活

 それでもなお、ロッドマンの心の中では満たされない何物かがくすぶっていた。金銭的にも、社会的にも自分は正当に認められていないと感じたのだ。

 92年を最後にデイリーHCが退団すると、最大の理解者を失ったロッドマンは孤立を深め、奇行が目立つようになった。新任コーチのロン・ロスステインとは口を利くことすらなかった。自暴自棄になり、ライフル銃を抱えて車の中に閉じこもっているところを発見されたこともあった。その時の心境について、ロッドマン本人は「このまま引き金を引いて頭を吹き飛ばすか、生きながらえてじわじわと死んでいくか考えていた」と記している。

 93−94シーズンには半ば追われるような形でサンアントニオ・スパーズへ。移籍1年目は17.3本で3年連続のリバウンド王となり、攻守両面で負担の軽くなったデイビッド・ロビンソンの得点王獲得を手助けした。だが、ヘッドコーチが自主性を重んじるジョン・ルーカスから厳格なボブ・ヒルに代わった2年目には、糸の切れた凧のようになった。練習や試合に無断で遅刻したり、まったく顔を出さないこともあった。大事なプレーオフで先発から外された頃には、スパーズに彼の居場所はなくなっていた。

 そんなロッドマンを救ったのは、まったく意外なチームだった。ピストンズ時代にさんざん苦しめた仇敵、シカゴ・ブルズから誘われたのである。(後編へ続く)

文●出野哲也

※『ダンクシュート』2008年8月号掲載原稿に加筆・修正。

【PHOTO】引退後もその影響力は絶大!NBAの頂点に君臨するバスケットボールの”神様”マイケル・ジョーダン特集

関連記事(外部サイト)