【NBAデュオ列伝】ジョーダン&ピッペン――“勝てない男”が“無名の優男”を鍛え上げて3連覇を果たすまで|前編

【NBAデュオ列伝】ジョーダン&ピッペン――“勝てない男”が“無名の優男”を鍛え上げて3連覇を果たすまで|前編

歴代最強デュオとの呼び声高いジョーダン(左)&ピッペン(右)。しかし栄光を手にするまでの道のりは、決して平坦ではなかった。(C)Getty Images

1980年代後半、マイケル・ジョーダンとスコッティ・ピッペンは、“偉大な選手だがチームを勝たせられない男”と“無名校出身の優男”に過ぎなかった。2人が所属するシカゴ・ブルズも、思うように勝てずもがいていた。

 個人としてすでに名声を得ていたジョーダンは、才能あふれるピッペンを徹底的に育て、2人は徐々に「師弟」から「史上最強のコンビ」へと成長していく。栄光に彩られた彼らのNBA人生だが、その道程は決して平坦なものではなかったのである。
 ■リーグ最高の選手の下に現われた、無名校出身の優男

 マイケル・ジョーダンには、パートナーが必要だった。

 1986−87シーズン、シカゴ・ブルズに入団して3年目、すでにジョーダンはスーパースターとなっていった。この年は平均37.1点というとてつもない数字を残し、初の得点王に輝く。前年のプレーオフ、ボストン・セルティックスとの試合では1試合で63得点を稼ぎ、ラリー・バードから「あれはジョーダンの姿をした神だ」との賛辞を贈られた。

 だが、それがチームの成績にはなかなか結びつかなかった。ブルズはジョーダンのワンマンチームであり、彼が40点、50点を取った試合でも敗れることがしばしば。1987年のプレーオフでもセルティックスに3連敗し、ジョーダンのプレーオフ通算成績は1勝9敗となっていた。

 新たに入団してくる選手もパッとしない連中ばかり。1987年にはセントラルアーカンソー大からスコッティ・ピッペンという男が入ってきたが、ジョーダンはそんな大学は聞いたこともなかったし、無名校出身のひょろひょろした優男に何ができるとも思えなかった。

 個人的に好きではなかったジェリー・クラウス・ゼネラルマネージャーからは「君はピッペンを気に入ると思う」と聞かされたが、「どうだか。あんたが目をつけた選手じゃな」と言い放つ。“次のシーズンもこんな面子で戦わなければならないのか”と思うと、気が重くなっていた。

 一方で、アーカンソー出身の青年は有頂天だった。数カ月前まで、スカウトからも知られていなかったような自分が、今やNBA選手となったのだ。しかもジョーダンと一緒のチーム。ピッペンは期待で胸を膨らませた。
  ピッペンは意気揚々とトレーニングキャンプに臨んだが、ジョーダンの練習ぶりを見て腰を抜かした。こんなに激しい練習をする人は見たことがない。それに、たかが練習でなぜこんなにも殺気立っているのだろう?彼には訳がわからなかった。

 だが、それがジョーダンのやり方だった。彼は自分自身にも厳しいが、他人に対しても同じくらい厳しかった。技能のない選手を嫌ったが、それ以上に許せないのが熱意や覇気を欠く選手。多くのプレーヤーが練習でジョーダンに痛めつけられ、辱められた。

 そのため、彼は選手として尊敬されていても、人間的には嫌う者もいた。彼のチームメイトになるというのは、ひとつの試練でもあったのだ。

 ピッペンに対してもジョーダンは容赦なかったが、それでも彼は怯まなかった。

「俺は自分から進んでマイケルの練習相手になった。こっぴどくやられても、そこから多くのことが学べると思ったんだ」

 協調的な性格のピッペンは、ジョーダンになかなか認められなくても、憤慨したり不満に思ったりはしなかった。そして練習を重ねるうち、ジョーダンもピッペンの可能性に気づく。こいつがもっと上達したら俺の助けになる――。そう思ったジョーダンは、ピッペンを集中的に鍛えた。
  その期待通り、ピッペンは順調に成長を遂げる。特に、フィル・ジャクソンがヘッドコーチに就任し、トライアングル・オフェンスを採用してからは、パスセンスや状況判断の良さ、勘の鋭さといった彼の特長が最大限に生かされた。

 だが、ジョーダンは全面的に信用したわけではなかった。プレーに安定性が欠けていたのだ。

「俺はスコッティにはとりわけ厳しく接した。天性の才能はチーム1で、俺とプレースタイルも似ていた。なのに、練習と同じような力を試合では発揮できないんだ」

 もうひとつ問題があった。ピッペンは精神的にタフではなかったのだ。しかもその欠点は、ブルズが優勝を争うような大事な場面で顔を出すようになる。

 最も彼を悩ませたのは、“バッドボーイズ”と呼ばれたデトロイト・ピストンズのラフプレー。ビル・レインビア、リック・マホーン、デニス・ロッドマンの極悪トリオは、集中的にピッペンを標的として攻撃を加え続けた。
  そしてある“事件”が起こる。1990年のイースタン・カンファレンス決勝、相手はそのピストンズ。最終第7戦の試合直前になって、ピッペンはこう訴えた。

「頭が痛くてたまらない。目もよく見えないんだ……」

 プレーオフ期間中に父を亡くし、精神的なダメージを負っていたことに加え、大事な試合の重圧、そしてピストンズに対する恐怖心が、このような症状を引き起こしたのだ。

 試合には出られるか、とのトレーナーの問いかけに対し、ピッペンが「無理だと思う」と答えようとしたその時、ジョーダンが間に入ってきて言った。

「もちろん出られるとも。目が見えなくたって出ろ!」

 その日ピッペンは2得点に終わり、ブルズは大敗を喫する。彼の不甲斐なさにジョーダンは失望し、心の中にはピッペンに対する不信感が植えつけられていた。
  しかし、ピッペンはこれを乗り越える。食生活を改善し、イメージトレーニングを取り入れ、精神的な弱さを克服しようとした。

 その結果、1991年のカンファレンス決勝では、ブルズが4連勝でピストンズを圧倒。ピッペンは第4戦でロッドマンに突き倒され、顎を6針縫う傷を負ったが、最後までプレーし、軟弱な印象を拭い去った。

 ファイナルではジョーダンが平均31.2点、11.4アシストと大活躍し、ロサンゼルス・レイカーズを倒して初優勝を果たす。ファイナルMVPをジョーダンが受賞したのは当然だったが、ピッペンもマークしたマジック・ジョンソンに「スコッティ(とのマッチアップ)は、マイケルよりも肉体的な負担が大きい」と嘆かせ、ジョーダンの守備面での負担を軽減。最終戦ではチーム最多の32得点をあげるなど攻撃面でも大きく貢献し、ジョーダンのパートナーと呼ぶに申し分のない働きを披露した。

 1970年代のヒット曲『Watching Scotty Grow(スコッティの成長を見つめて)』の歌詞に“4年の短い間に、貧乏だった僕は大金持ちになった”という一節があるが、まるでピッペンについて歌ったかのようである。ジョーダンにその成長を見つめられながら、無名選手だったピッペンは4年目にして成功の栄誉であるチャンピオンリングを獲得。さらに1992年にはポートランド・トレイルブレイザーズ、1993年にはフェニックス・サンズを破り、ブルズは3連覇を成し遂げた。(後編に続く)

文●出野哲也

※『ダンクシュート』2004年2月号掲載原稿に加筆・修正。

【PHOTO】NBAの頂点に君臨するバスケットボールの“神様”マイケル・ジョーダン特集
 

関連記事(外部サイト)