「コビーを10位にした人たちは彼を軽視している」『CBSスポーツ』のランキングに同郷のハミルトンが物申す!

「コビーを10位にした人たちは彼を軽視している」『CBSスポーツ』のランキングに同郷のハミルトンが物申す!

高校時代からコビーの凄さを知るハミルトンは、『CBSスポーツ』のプレーヤーランキングで彼が10位だったことに苦言を呈した。(C)Getty Images

NBAは新型コロナウイルスの影響でシーズン中断が続いているため、『ESPN』が「歴代トッププレーヤー74」を発表するなど、米メディアでは回顧企画やランキングものが増えている。

『CBSスポーツ』も歴代トップ15を格付けし、“神様”マイケル・ジョーダンが1位、“キング”ことレブロン・ジェームズが2位となった。レブロンと同じく、ジョーダンの後継者と言われ、史上最高の選手に関する議論で常に名前が挙がってきたコビー・ブライアントは10位と水を開けられる形となった。

 このランキングに苦言を呈したのが、1999年から14年間NBAでプレーしたリチャード・ハミルトン(元デトロイト・ピストンズほか)だ。現役時代にコビーのライバルの1人だったシューティングガードは『CBSスポーツ HQ』に出演し、10位は正当な評価ではないと主張した。

『CBSスポーツ』の歴代トップ10は以下の通り。

1位:マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)
2位:レブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)
3位:カリーム・アブドゥル・ジャバー(元ロサンゼルス・レイカーズほか)
4位:ビル・ラッセル(元ボストン・セルティックス)
5位:マジック・ジョンソン(元ロサンゼルス・レイカーズ)
6位:ウィルト・チェンバレン(元ゴールデンステイト・ウォリアーズほか)
7位:シャキール・オニール(元ロサンゼルス・レイカーズほか)
8位:ラリー・バード(元ボストン・セルティックス)
9位:ティム・ダンカン(元サンアントニオ・スパーズ)
10位:コビー・ブライアント(元ロサンゼルス・レイカーズ)
  コビーは現役時代にレイカーズ一筋で20年プレーを続け、歴代4位の通算3万3643得点をあげ、5回のリーグ優勝を果たした。そんな名スコアラーが10位とは、予想外に低い順位とも言える。現役時代にワシントン・ウィザーズでジョーダンと共闘し、2004年にはコビー&シャックを擁するレイカーズを破ってNBAタイトルを獲得したハミルトンは、10位は不当だとして“コビー評”を展開した。

「初めに、コビーを10位にした人たちは彼を軽視している。コビー・ブライアントは、ジョーダンに最も近い存在だと思う。彼のスタッツに目を移せば、オールスターに18回出場して、オールNBAチームにもジャバーと同じ計15回選出されている。マジック・ジョンソンは、コビーが歴代最高のレイカーだと言った。それはつまり、マジックよりも、そしてマジックが一緒にプレーしたジャバーよりも優れていることを意味する。数字を見るとよく分かるように、彼はスコアリングで依然歴代トップ5だ。シャキール・オニールと一緒にプレーしていなければ、得点ランキングで歴代1位だろう」
  ハミルトンとコビーは1978年生まれ。同じペンシルバニア州出身で、コビーはローワー・メリオン高、ハミルトンはコーツビル・エリア高の一員としてレギュラーシーズンや地区プレーオフで激しいバトルを繰り広げた。高校時代の対戦は3回すべてが接戦の末にコビーの勝利。1996年のマクドナルド・オールアメリカンではチームメイトとしてもプレーしており、ハミルトンはコビーの実力は誰よりもよく知っていた。コビーを初めて見た時の衝撃は鮮明に覚えているという。

「コビーの存在は、俺にとってのウェイクアップ・コール(ショックを与えたり、状況を変えないといけないと認識させる経験)だった。たった人口1万人の町出身だから、俺は自分がベストな選手だと思っていた。ある日、高校のコーチが『お前は本当に上手いけど、今後同じくらい才能のあるヤツが現われるだろう』と言った。それは正しかったよ。まだソーシャルメディア全盛期前だったから、どんな才能ある選手たちがいるのか分からなかった。試合前に反対側のコートで彼を見たのを覚えているよ。360ダンクやウィンドミルを披露して、『おい、マジかよ。アイツ、俺より高く飛んでるじゃないか』ってね。彼は試合に勝って、俺よりも得点を奪った。高校時代に得点で負けるのはそれが初めてだった」
  2004年のファイナルでレイカーズを破っての優勝について、「俺たちのモットーは“マン・アップ”だった。マン・アップが意味するのは、自分は自分のマークマンを守る、ダブルチームを期待しないということ。特にシャックとコビーが素晴らしい理由は、彼らが攻撃で襲い掛かるだけでなく、リック・フォックスやデレック・フィッシャーも仕留めにくるからだ。俺たちはみんな真っ向から守った。もしシャックやコビーが30得点をあげても、他の選手にスコアさせなければそれでいい」と振り返ったハミルトン。それでも、“対コビー”に関しては脅威を感じていたと明かす。

「コビーは俺がNBAキャリア14年間で競い合ってきた中で、唯一恐れていた選手かもしれない。コビーは試合開始1分で相手を打ち負かすような選手だったし、それを試合終了のブザーが鳴るまでやるんだ。第1クォーターで彼に10〜12得点許してはいけない。勢いに乗れば、50得点をあげる男だからね。おそらく、バスケットボールにおいて、最も完璧な選手の1人なんだ」

 高校時代からしのぎを削り合ってきたハミルトンは、今年1月にヘリコプター墜落事故で亡くなったコビーは、もっと上位にランクされるべきだと主張していた。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】「Mr.レイカーズ」&「Mr.NBA」史上最高のスーパースター、コビー・ブライアント特集!
 

関連記事(外部サイト)