WWEフィン・ベイラーが古巣のNXTで、勝利直前までいったものの、理不尽な敗北を喫す!

WWEフィン・ベイラーが古巣のNXTで、勝利直前までいったものの、理不尽な敗北を喫す!

ベイラーは、プリーストの介入により、グライムスに敗退する。(C)2020 WWE,Inc. All Rights Reserved.

世界最大のプロレス団体WWEは、5月19日(日本時間)に世界配信されるファームブランドNXTをアメリカ・フロリダ州ウインターパーク・フルセイル大学で開催した。

 元WWEインターコンチネンタル王者のフィン・ベイラーがNXTに参戦し、キャメロン・グライムスと対戦した。グライムスは昨年、ベイラーと新日本プロレス時代から旧知の仲である日本人スーパースターKUSHIDAからシングルマッチで勝利を収めるほどの実力者だ。

 ベイラーは、襲ってきたグライムスにストンプやチョップで攻め込む。一方グライムスもカウンターのヒザ攻撃や、強烈なクローズラインで応戦する。さらにベイラーはダブル・ストンプからグライムスを蹴り上げて場外戦となると、突如ダミアン・プリーストが現れた。ベイラーはプリーストを蹴散らし、グライムスに棚橋弘至の技としてお馴染みのスリング・ブレイドを決めて、勝利を確信する。
  しかし、ここで事件が起こる。レフェリーの隙を突いてプリーストが隠し持っていた警棒でベイラーの左足を一撃。続けてグライムスが起き上がれないベイラーに必殺のケイブインを決めて勝利を奪取。さらに試合後、プリーストは倒れ込んだベイラーを捕まえるとパイプ椅子上に必殺のレコニングを炸裂させて止めを刺した。

 ベイラーは古巣のNXTで恥を晒された形となってしまった。昨年、パニッシュメント・マルティネスからダミアン・プリーストに改名してNXT復帰を飾ったプリーストとグライムス相手にこのまま引き下がるベイラーではないだろう。

 今後の展開に注目したい。

◆WWE NXT◆
2020年5月15日(日本時間)
アメリカ・フロリダ州ウインターパーク・フルセイル大学(無観客試合)
▼シングルマッチ
○キャメロン・グライムス(フォール勝ち)フィン・ベイラー●
※ ケイブイン

文●どら増田

【動画】遺恨を残す試合となったベイラーvsグライムス
 

関連記事(外部サイト)