【NBAデュオ列伝】ケンプ&ペイトンに亀裂が入ったドリームチーム事件…それでも二人の仲は|後編

【NBAデュオ列伝】ケンプ&ペイトンに亀裂が入ったドリームチーム事件…それでも二人の仲は|後編

ペイトン(左)とケンプ(右)に牽引されたソニックスは、96年に17年ぶりのファイナル進出を果たした。(C)Getty Images

ペイトンとケンプは1歳違いだったが、当初はさほど親密な仲でもなかった。2人とも誰からも好かれるようなタイプではなかったし、雑草育ちのケンプとエリート街道を歩んだペイトンでは立場も微妙に違った。それでもチームメイトとして時を重ねるうち、お互いに対する理解は深まっていった。また若手から中堅へとさしかかるにつれ、リーダーシップを要求される年齢となったことも、2人の距離を近づけた。

「俺はゲイリーとなるべく多くの時間を過ごすようにした。食事や映画とかに一緒に出かけたりね。そうすることでプレーにもいい影響が及ぶんじゃないかと思ったんだ」

 ケンプの思惑は、意図した通りの結果を生み出した。やがてコート上での2人は、見えない糸で結ばれているかのように息の合ったプレーをするようになった。

 2人の成長と歩調を合わせるように、ソニックスの成績も伸びていった。94年にはリーグ最高勝率を残しながらも、プレーオフ1回戦で敗退する屈辱も味わったが、96年にはウエスタン・カンファレンスを制し、17年ぶりのファイナル進出。マイケル・ジョーダン率いるシカゴ・ブルズに2勝4敗で敗れたものの、ケンプは平均23.3点、10リバウンドと素晴らしい活躍で、負けたにもかかわらずファイナルMVP候補に挙げられるほどだった。ペイトンとケンプがソニックスを優勝に導く日は、そう遠くないように思われた。
  ところが、2人の間に思わぬ形で亀裂が入る。きっかけは、アトランタ五輪のドリームチームVに選ばれていたグレン・ロビンソンが、アキレス腱痛で代表を辞退したことだった。

 代替候補の最有力とみなされていたのはケンプだった。NBAファイナルでの活躍、ポジションも同じフォワードであり、ドリームチームUのメンバーという実績もあった。しかし、選ばれたのはペイトンの方だった。

 ケンプが外されたことについては、ドリームチームUでプレーした世界選手権での素行に問題があり、国の代表としてふさわしくないからという噂も囁かれた。しかし、態度の悪さという点ではペイトンも五十歩百歩。真相は純粋に戦力的なもので、パワーフォワードにはマローンとチャールズ・バークレーがいてケンプは不要だったことと、代表チームのヘッドコーチ、レニー・ウィルケンズがペイトンのディフェンス力を高く買っていたからだった。それでも、オリンピック出場を狙っていたケンプとしては面白くなかった。
  96ー97シーズン前には、さらに彼の気を損ねる事態が続発した。FA権を取得したペイトンが、7年間8500万ドルで再契約したのである。ケンプが93年に結んだ7年2700万ドルに比べると3倍以上の金額だ。それでもペイトンの実力・実績を考えれば、納得できない数字ではなかった。問題はソニックスがセンターのビル・マッキルベインと7年3500万ドルで契約したことだった。

 ケンプは激怒した。ブロックショット以外に取り柄のない二流選手のマッキルベインが、自分よりもはるかに高い年俸を手にすることに我慢がならなかった。トレーニングキャンプには3週間経っても姿を見せず、シーズンに入ってからも何度も練習に遅刻した。移動の飛行機にも乗り遅れては罰金を科せられ、一人でチームの和を乱し続けた。

 成績こそ例年並みのものを残したが、アルコール中毒にかかっているとの噂も流れ、周囲がケンプを見る目は急速に冷たくなっていった。こうした状況は、ペイトンとの関係にも影響を及ぼした。ケンプはペイトンの結婚式にも「ソニックスの首脳陣と顔を合わせたくないから、俺は行かない」と言って出席しなかった。
  もはやケンプとチームの関係は修復不可能だった。ソニックスはトレードを公然と要求するケンプを、97年9月ミルウォーキー・バックスを巻き込んだ三角トレードでクリーブランド・キャバリアーズに放出した。“未来のストックトン&マローン”は、花に譬えるなら満開の時期を迎えようとしていた矢先に散ってしまったのである。

 救いだったのは、2人の友情が決定的には壊れなかったことだった。「ショーンが結婚式に来てくれなかったことにはがっかりした。でも、それで彼のことを嫌いにはならなかった。彼が置かれていた事情はよくわかっていたし、俺がそれを理解していることは、ショーンも知っていたはずだ」。

 トレード後、ペイトンは複雑な胸の内を明かした。

「俺たちは7年間も一緒にプレーしたんだ。背番号40がそこにいないかと思うと…俺のロブ・パスを受けて彼がダンクを決めることはもうないのかと思うと寂しいよ」

 ペイトンのこの言葉は、そっくりそのままファンの気持ちを代弁していた。
  キャバリアーズで待望の高額契約を結んだケンプだったが、やがて生来の怠惰さが、彼の精神を蝕み始める。象徴的だったのは、98年のロックアウト終了後にベスト体重を20kgもオーバーしてトレーニングキャンプに現れたことだった。ファット(高額)な契約を手にして、文字通り太って(ファット)しまったのだ。「腹の周りにタイヤでもくっつけてるのか」と嘲笑される始末で、しばらくの間は天賦の才能で切り抜けていたが、凋落はあっという間にやってきた。2000年にはウィットシットがGMを務めるポートランド・トレイルブレイザーズに移籍したが、プレーにまったく精彩を欠き、出場時間は大幅に減少した。

 私生活も乱れていた。何人もの私生児を抱えていることを暴露され、コカインにも溺れてたびたび出場停止処分を下された。かつての栄光を取り戻せぬまま、02−03シーズンにオーランド・マジックでプレーしたのを最後に、ケンプはひっそりと表舞台から消えた。その後何度かカムバックを試みたものの、成功することはなかった。
  一方のペイトンは、ケンプが去った後もトッププレーヤーの地位を守り続けた。ソニックスからバックス、レイカーズ、ボストン・セルティックス、マイアミ・ヒートと渡り歩いた18年間で、欠場はわずか27試合。無事これ名馬を地で行く活躍で、2000年には2度目のオリンピック出場も果たした。ずっと目標だったチャンピオンリングも、ヒート時代の06年に獲得。通算8966アシストは史上10位の大記録であり、13年に殿堂入りを果たした。2人の間には、あまりにも大きな差が開いてしまった。

「30代半ばで、NBAのトップレベルでやれる奴なんてそうはいない。でもゲイリーなら当然さ。あれほど精神的にも強くて、努力を怠らない選手はいない」

 選手生活の終盤時代のペイトンについて、ケンプは敬意を込めて語っていた。

 精神力と努力――まさにそれこそ、ケンプとペイトンのバスケットボール人生を左右した要素だった。アルコールや麻薬の誘惑に負けない精神力。他人の懐を羨むことなく、最高の環境とコンディションを維持する努力。ペイトンにはそれができて、ケンプにはできなかった。

 ケンプがそのことにもっと早く気づいていたなら、ソニックスのユニフォームを着て優勝トロフィーを手にする2人の姿が見られたかもしれない。そして、彼らは本当に史上最高のデュオにもなり得たかもしれない。今でも脳裏に焼き付いている、彼らの迫力溢れるプレーを思い返すたび、そんな想いにとらわれる。

文●出野哲也

※『ダンクシュート』2004年12月号掲載原稿に加筆・修正。

関連記事(外部サイト)