“ペニー”・ハーダウェイが告白!全盛期に「彼は特別な存在だ」と感嘆した選手は…

“ペニー”・ハーダウェイが告白!全盛期に「彼は特別な存在だ」と感嘆した選手は…

早熟の天才プレーヤー“ペニー”。キャリア通算、平均15.2点、4.5リバウンド、5.0アシストの結果を残した。(C)Getty Images

アンファニー・“ペニー”・ハーダウェイは、“マジック・ジョンソン2世”に最も近い存在だった。身長201cmの大型ポイントガード(PG)としてその名を轟かせたが、その稀代のオールラウンダーも全盛期に思わず感嘆した選手がいたという。

 1993年のドラフトで1巡目3位を受け、トレードを経てオーランド・マジックでキャリアをスタートさせたペニー。ルーキーイヤーから全82試合に先発出場し、平均16.0点、5.4リバウンド、6.6アシスト、2.32スティールをあげ、怪物センターとして猛威を振るうシャキール・オニールの相棒として名乗りを上げた。

 翌1994−95シーズンには平均20.9点、7.2アシストと成績を伸ばし、オールスター出場、オールNBA1stチーム初選出とリーグ屈指のPGに成長。プレーオフでもマイケル・ジョーダンが1度目の引退から復帰したシカゴ・ブルズを破り、球団創設6年目で、ファイナル初進出を果たした。頂上決戦ではヒューストン・ロケッツに4連敗を喫したものの、ペニーは平均25.5点、4.8リバウンド、8.0アシストと意地を見せた。

 3年目のシーズンも平均21.7点、7.1アシストを記録したが、プレーオフではカンファレンス決勝でブルズにリベンジを食らって敗退。シーズン終了後にシャックがロサンゼルス・レイカーズへ移籍したため、新エースとして期待されたが、そこからバスケットボールの神様はペニーに“試練”を与え続けた。
  96―97シーズン以降は半月板や前十字靱帯など度重なるヒザの故障に悩まされ、マイクロフラクチャー手術も経験。それにより本来の輝きを失い、その後フェニックス・サンズ、ニューヨーク・ニックス、マイアミ・ヒートと渡り歩き、2007−08シーズン途中に解雇されて事実上の現役引退と、儚くNBAキャリアに幕を閉じた。

 通算15シーズンで704試合に出場し、平均15.2点、4.5リバウンド、5.0アシスト。早熟の天才として語られ続けているハーダウェイだが、今年3月の『HOOPSHYPE』のインタビューでは「NBAでの最初の7、8年は、成績、プレースタイル、ゲームで残したインパクトでは殿堂入りしたどの選手とも張り合えたと思う」と全盛期のポテンシャルには絶対の自信を覗かせていた。
  ジョーダンも一目置く男が称賛するのが、16年にバスケットボール殿堂入りを果たしたアレン・アイバーソン(AI)だ。2人は同じPGだが、アイバーソンはスコアリング特化型(通算2万4368得点は歴代30位)でタイプはまったく違う。それでも、元NBA選手のマット・バーンズとスティーブン・ジャクソンがホストを務めるポッドキャスト番組『ALL THE SMOKE』で1999年のプレーオフ1回戦(3戦先勝制)、マジック対フィラディフィア・セブンティシクサーズ戦について問われると、やや興奮気味に当時を振り返っている。

 このシリーズでハイライトとなっているのは、シクサーズのホームで行われた第3戦だ。マジックはアイバーソンのマッチアップに同じ身長183cmのダレル・アームストングがついたが、序盤からストップジャンパーやドライブからのレイアップを止められず。エリック・スノウのマークを担当していたペニーがダブルチームに行けば、アイバーソンはボールを回してフリーの選手を上手く活用した。守っても、速攻でフィニッシュに行ったペニーに追いつきスティールを決めてピンチを防ぐなど、前半だけで18得点、6スティール(ペニーは2得点、4ターンオーバー)を記録。最終的に33得点(FG成功率28本中14本)、プレーオフ記録の10スティールとエースの差が明暗を分け、97-85でアイバーソン擁するシクサーズに軍配が上がった。
 「AIはモノが違ったよ。彼は6フット(身長183cm)だけど、腕は7フット(213cm)くらい長かった。ボールを意のままに操り、そしてタフショットを決めることができる。スバ抜けた身体能力、スピード、タフネス……、タフショットを打ち、それを決めてみせる。彼は特別な存在だ。『お前は俺に何も言えない。俺を止められない。誰が俺の前にいても気にしない』というような反骨心もある。AIが(もうこのレベルに)来た、と思ったよ」

 悔やまれるのはアイバーソンがNBA入りした96−97シーズンにはすでにペニーの“凋落”は始まっており、万全の状態で対戦できた試合はほとんどなかったということ。もしヒザの不安がなく、自らがマッチアップにつく回数も多ければ、“アイバーソン評”も今とはまったく違ったものになっていたかもしれない。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!
 

関連記事(外部サイト)