シャック、コビー、レブロン…群雄割拠の2000年代、各シーズンのベストプレーヤーに選ばれたのは?

シャック、コビー、レブロン…群雄割拠の2000年代、各シーズンのベストプレーヤーに選ばれたのは?

スーパースター群雄割拠の2000年代。各シーズンのベストプレーヤーに選ばれたのはいったいどの選手なのか?(C)Getty Images

1990年代のNBAは、マイケル・ジョーダンとシカゴ・ブルズの時代だった。圧倒的なパフォーマンスで数々の個人賞に輝いたジョーダンに率いられ、ブルズは2度の3連覇を達成。王朝を築き上げ、このディケイドを支配したと言っていい。

 だがジョーダンが1999年に2度目の現役引退を表明すると、NBAは群雄割拠の時代に突入。数多くの個性豊かなスーパースターたちがリーグを席巻したが、ここでは5月20日(日本時間21日、日付は以下同)に『Sports Illustrated』に掲載された、2000年代のシーズンごとのベストプレーヤーたちを紹介していきたい。※チーム名は略称、所属は当時のもの
 ■1999−2000シーズン:シャキール・オニール(レイカーズ)
次点:アロンゾ・モーニング(ヒート)、カール・マローン(ジャズ)

■2000−01シーズン:シャキール・オニール(レイカーズ)
次点:ティム・ダンカン(スパーズ)、アレン・アイバーソン(シクサーズ)

 最初の2シーズンのベストプレーヤーに連続で選出されたのはシャックだ。ブルズを6度の優勝へ導いた名将フィル・ジャクソン・ヘッドコーチ(HC)の下、真のスーパースターへと脱皮した怪物ビッグマンは、1999−2000シーズンはいずれも自己ベストの平均40.0分、29.7点、3.8アシストに加え、キャリア2位となる13.6リバウンド、3.0ブロックの好成績をマーク。シーズンMVPに輝いたほか、プレーオフでもモンスタースタッツを連発し、自身初優勝を飾った。

 翌2000−01シーズンは若干数字を落としたものの、その支配力は健在。コビー・ブライアントとのデュオはさらに破壊力を増し、プレーオフでは1敗を喫したのみで2連覇を達成した。

■2001−02シーズン:ティム・ダンカン(スパーズ)
次点:シャキール・オニール(レイカーズ)、ジェイソン・キッド(ネッツ)

■2002−03シーズン:ティム・ダンカン(スパーズ)
次点:ケビン・ガーネット(ウルブズ)、コビー・ブライアント(レイカーズ)

 2001−02、2002−03シーズンに2年連続でシーズンMVPに輝いたダンカンは、2003年のプレーオフ、カンファレンス準決勝でレイカーズを撃破。4連覇の悲願を打ち砕くとともに、ニュージャージー・ネッツとのファイナルでは平均44.0分、24.2点、17.0リバウンド、5.3アシスト、5.3ブロックとペイントエリアを完全に制圧し、スパーズに2度目の優勝をもたらした。
 ■2003−04シーズン:ケビン・ガーネット(ウルブズ)
次点:ティム・ダンカン(スパーズ)、コビー・ブライアント(レイカーズ)

 ガーネット、コビーら高卒選手たちがさらなる飛躍を遂げ、リーグトップレベルのプレーヤーにまで上りつめたのが2003−04シーズンだ。特にガーネットはラトレル・スプリーウェル、サム・キャセールといった実力者を加えたウルブズの大黒柱として平均24.2点、13.9リバウンド、5.0アシスト、1.5スティール、2.2ブロックと獅子奮迅の活躍を披露し、シーズンMVPを獲得。プレーオフではカンファレンス決勝でレイカーズの前に敗れたものの、前年まで続いた7年連続1回戦敗退という不名誉な記録に終止符を打ち、“勝てる選手”へと飛躍を遂げた。

■2004−05シーズン:スティーブ・ナッシュ(サンズ)
次点:ダーク・ノビツキー(マーベリックス)、シャキール・オニール(ヒート)

■2005−06シーズン:コビー・ブライアント(レイカーズ)
次点:スティーブ・ナッシュ(サンズ)、ダーク・ノビツキー(マーベリックス)

■2006−07シーズン:ダーク・ノビツキー(マーベリックス)
次点:ティム・ダンカン(スパーズ)、レブロン・ジェームズ(キャバリアーズ)

 2000年代のNBAを大きく変えた要因のひとつに挙がるのは、ハンドチェック・ルールの廃止だろう。2004−05シーズン以降、ディフェンダーがマッチアップ相手の手や腕に接触するとファウルをコールされるようになり、このルール変更によって、ドライブを得意とする選手たちがリーグを席巻。自由自在にコートを駆け回り、ショットやパスを繰り出せるようになった。
  この年から古巣サンズへと帰還したナッシュは、アマレ・スタッダマイヤー、ショーン・マリオンを筆頭に身体能力に秀でた選手たちを巧みにコントロール。自らも高確率でシュートを決め続け、2005、06年と2年連続でシーズンMVPに輝いた。

 そのナッシュがマブズを退団した2004年に選手として一段階上のレベルに成長したノビツキーは、同年から2007年まで3シーズン連続でリストアップ。3ポイントだけに頼らずインサイドやペリメーターでアグレッシブに得点を稼ぐようになったことで、正真正銘のフランチャイズプレーヤーへと脱皮した。2006年にはチームを初のファイナルへと導き、翌2007年にはシーズンMVPにも選出されている。

 だが、得点面においてこの当時のコビーの右に出る者はいなかった。ジャクソンHCの復帰とともにスコアリングマシンとして脅威を増した“ブラックマンバ”は、2006、07年に2年連続で得点王を獲得。2006年1月にはリーグ史上2位の81得点、2007年3月にはウィルト・チェンバレン(元ウォリアーズほか)以来初となる4試合連続50得点超えという超絶パフォーマンスを見せつけた。
 ■2007−08シーズン:クリス・ポール(ホーネッツ)
次点:レブロン・ジェームズ(キャバリアーズ)、コビー・ブライアント(レイカーズ)

■2008−09シーズン:レブロン・ジェームズ(キャバリアーズ)
次点:ドゥエイン・ウェイド(ヒート)、コビー・ブライアント(レイカーズ)

 このあたりからようやく現役選手が登場する。ポールはこの2シーズン連続でアシスト王、スティール王の2冠に輝くなど、攻守兼備の司令塔として台頭。プレーオフデビューとなった2008年、大舞台でも堂々のプレーを披露し、カンファレンス決勝まであと一歩まで迫ってみせた。
  2007年にキャブズを初のファイナルへと導いたレブロンは、2008−09シーズンにはリーグベスト、かつフランチャイズ史上最高成績となる66勝16敗までチームを押し上げ、自らも平均28.4点、7.6リバウンド、7.2アシスト、1.7スティール、1.1ブロックと八面六臂の活躍で初のシーズンMVPを獲得。プレーオフではカンファレンス決勝でドワイト・ハワード擁するマジックの前に敗れたものの、第2戦ではブザービーターで劇的な勝利を演出するなど、マルチな働きでキャブズを支えた。

 このディケイドにおいては2008年からのノミネートと登場が遅かったレブロンだが、2010年代のベストプレーヤーを選出した場合、おそらくすべてのシーズンで次点以上に名を連ねていそうだ。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!
 

関連記事(外部サイト)