「レブロンが何をしたんだ?」歴代トップ5から“キング“を外したピアースの“迷回答”に反論続出

「レブロンが何をしたんだ?」歴代トップ5から“キング“を外したピアースの“迷回答”に反論続出

ピアース(右)が歴代トップ5からレブロン(左)を外したことに、疑問の声が多く上がっている。(C)Getty Images

かつてボストン・セルティックスなどで活躍したレジェンドであり、現在は『ESPN』のアナリストを務めるポール・ピアースが、5月20日(日本時間21日、日付は以下同)に同局の番組『NBA Countdown』にリモート出演。自身の選ぶ歴代選手ベスト5について言及したが、その人選と理由が波紋を呼んでいる。

 これは人によって意見が分かれる難しいテーマであり、議論し尽くしたところで万人が納得する答えは出ないだろう。ただ、間違いなく名前が挙がるであろう選手もいる。そんななかでピアースは、マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)、カリーム・アブドゥル・ジャバー(元ロサンゼルス・レイカーズほか)、ビル・ラッセル(元セルティックス)、マジック・ジョンソン(元レイカーズ)、コビー・ブライアント(元レイカーズ)の5人を選んだ。
  この回答に対し、出演者の1人であるジェイ・ウィリアムズ(元ニュージャージー/現ブルックリン・ネッツほか)は「レブロン(ジェームズ/現レイカーズ)は?」と質問。“間違いなく名前が挙がるであろう選手”のレブロンが選外だったため、当然の反応と言える。するとピアースはこう答えた。

「ゼロから組織を作り上げるために、レブロンが何をしたんだ?俺はそういった選手をトップ5として選んだ。ビル・ラッセルはボストンという組織を築き上げたし、カリームやマジック、ジョーダン、ティム・ダンカン(元サンアントニオ・スパーズ)、コビー、(ラリー)バード(元セルティックス)もそう。彼らは組織を作り、伝統を受け継いでいった、歴代トップ10の選手たちだ」

 さらに「レブロンはマイアミ(ヒート)で(ほかのスーパースターと)チームを組んだ。クリーブランド(キャバリアーズ)に戻っても同じ。そしてすでに伝統のあるレイカーズに移籍したんだ」と発言。フランチャイズビルダーになろうとせず、移籍を繰り返しスター選手と手を組んでばかりいたことが選外の大きな理由のようだ。
  しかし、この答えにウィリアムズは頭を抱え、SNS上でもピアースに対する反論が続出。さらには“アナリストとなったピアースの失言・珍言一覧”といったものまで出回っている。
  その一例を挙げると、

・2019年のプレーオフ、イースト準決勝のミルウォーキー・バックス対セルティックスで、第1戦にセルティックスが勝利した時点でセルティックスのシリーズ突破を予想(実際はバックスが勝ち抜け)。

・同プレーオフ、イースト決勝のトロント・ラプターズ対バックスで、最初の2戦にバックスが連勝した時点でバックスのシリーズ突破を予想(実際はラプターズがファイナル進出)。

・同プレーオフ、ウエスト準決勝のゴールデンステイト・ウォリアーズ対ヒューストン・ロケッツで、第6戦にロケッツが15点差以上をつけて勝つと予想(実際はウォリアーズが5点差で勝利)。

・自分はドゥエイン・ウェイド(元ヒートほか)よりも良いキャリアを送ったと発言。

・自分はクレイ・トンプソン(現ウォリアーズ)よりも良いシューターだと発言。

・2018−19シーズンのデューク大は、同年のキャブズに勝てると発言。

 など、大外れの予言やリスペクトに欠けるコメントがズラリ。そして今回の「レブロンは歴代トップ5に入らない」騒動により、ここに新たな“迷言”が追加されてしまった。

 現役時代は素晴らしいプレーで観客を沸かせてきたピアースだが、ここまでの“珍解答”を振り返る限り、アナリストには向いていないのかもしれない。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!
 

関連記事(外部サイト)