スパーズOBのロビンソンが悪童ロッドマンを揶揄「サンアントニオでは誰も彼の退団を悲しまなかった」

スパーズOBのロビンソンが悪童ロッドマンを揶揄「サンアントニオでは誰も彼の退団を悲しまなかった」

ロッドマンとロビンソンはスパーズで2年間共闘。加入2年目の95年にチームはリーグトップの62勝をマークしたが、ロッドマンはコート内外でトラブルを連発し、シーズン終了後にブルズへ放出された。(C)Getty Images

マイケル・ジョーダンを中心に、シカゴ・ブルズが最後に優勝した1997−98シーズンに密着して撮影したドキュメンタリー10部作『ザ・ラストダンス』は大きな反響を呼んだ。ブルズ2度目の3連覇(1996〜98)のキーパーソンの1人だったデニス・ロッドマンは、1995年10月にサンアントニオ・スパーズからトレードで加入したが、自由奔放な振る舞いはジョーダン&スコッティ・ピッペンの2枚看板を擁したブルズでも変わらなかった。スパーズ時代にコンビを組んだ“提督”デビッド・ロビンソンが、悪童ロッドマンを語っている。

 ロッドマンは名将チャック・デイリーに見いだされ、“バッドボーイズ”と呼ばれたデトロイト・ピストンズでリバウンドと守備のスペシャリストとして才能が開花。1989、90年の連覇を経験し、自身は89年から5年連続でオールディフェンシブ1stチーム選出、90、91年には2年連続で最優秀守備選手賞に輝いた。

 しかし、平均18.3リバウンドで2年連続個人タイトルを手にした92−93シーズンは、恩師チャック・デイリーがチームを去ったこともあって孤独感を抱えていた。突如姿を消し、ホームアリーナの駐車場で銃を持って車の中にいるところを発見されるという事件が引き金となり、シーズン終了後にスパーズへ放出された。
  ロッドマンは加入1年目の93−94シーズンに79試合に出場して平均17.3リバウンド、翌シーズンは49試合で平均16.8リバウンドと、コート上では自分の役割をこなした。ただその一方で、タトゥーや奇抜なヘアカラーで注目を浴びるなど、徐々に問題児色が濃くなっていったのもこの時期だ。94-95シーズンのエキシビションゲームでは、退場処分となった後にボブ・ヒル・ヘッドコーチ(HC)に氷の袋を投げつける傍若無人ぶり。バイクの事故で肩を負傷して戦列を離れ、試合やチームイベントに遅刻して出場停止処分を食らったこともあった。

 そして、決定的な出来事となったのは95年カンファレンス準決勝ロサンゼルス・レイカーズとの第3戦だ。試合中にもかかわらずロッドマンはシューズを脱いで床に座り、タイムアウトの話し合いに参加せず、代わりにゲームを傍観するという行動に出た。ヒルHCはロッドマンをコートに戻さず、当時ゼネラルマネージャーだったグレッグ・ポポビッチ(現スパーズHC)は1試合の出場停止処分を科した。エースのロビンソンは『ニューヨーク・タイムズ』で「彼に戻ってきてほしい。ただし、適切な心構えでね」と語ったが、結局ロッドマンが改心することはなく、スパーズでのキャリアはわずか2年で終わりを告げた。
  当時、ロッドマンと4歳年下のロビンソンは互いに不満を持っていたと報じられていた。2019年、ロッドマンは『USAトゥデイ』でロビンソンとの関係と、スパーズでの日々についてこのように説明している。

「(ロビンソンとの関係を)説明するのは難しい。上手くいった面もあるし、上手くいかなかった面もある。ある程度プレーはやれたが、上手くコミュニケーションは取れていなかった。彼は俺が何を考えているのか分かっていなかった。だけど、俺たちが勝って成功を収め続ける限りは、騒ぎは静まると思っていた。実際は、騒ぎを吹き飛ばせなかったがな。俺はサンアントニオで優勝できなかったことに感謝してるよ。チャンピオンシップを勝ち取っていたら、たぶんその後もサンアントニオに残っていた。ブルズに行くことはなかったし、シカゴが3つのチャンピンシップを手にすることもなかっただろう」

 そして、『ザ・ラストダンス』の放映が終了したタイミングでロビンソンが『Bulls Talk Podcast』に出演。ロッドマンの不器用な性格について口を開いた。

「デニスはややこしいヤツなんだ。自分を表現する方法を常に理解してるわけじゃない。ロッカールームに来ても、何か月も話さないかもしれないような人間だから、理解するのが難しい。もし彼が何かを言っても、『OK。もう何も言うな』と思うよ。不意打ちでくるんだ」
  94−95シーズンのスパーズの主力はロビンソン(29歳)、エイブリー・ジョンソン(29歳)、ショーン・エリオット(26歳)、ヴィニー・デルネグロ(28歳)と20代の中堅が主体。同年で引退する大ベテランのモーゼス・マローン(39歳)を除けば、33歳のロッドマンは年長にあたり、ロビンソンはロッドマンへリーダーの役割を求めたが、興味を示さなかったという。

「デニスはいいヤツだから好きになるのは簡単さ。彼はハードにプレーしたい。正しいことをしたいと思っている。驚くほど身体能力が高いし、スーパーマンのようだった。ウォーリアー(戦士)がいるような気分だったから、コート上で隣にいるのは悪くなかった。でも、ロッカールームでの話は別。チーム的観点で言えば有害だ。練習に遅れて来るし、居心地のいい場所から彼を連れ出すためにできることは何もなかった」

 スパーズはその後、1997年のドラフトでティム・ダンカンを獲得し、ブルズ解体後のリーグで黄金期を築くことになる。ロビンソンはスパーズで優勝できなくて良かったと発言したロッドマンを揶揄するかのように、強烈な一言で締めくくっている。

「サンアントニオでは誰も(ロッドマンの退団を)悲しんでいない。本当に上手くいったよ」

 結果的に、2人が別々の道を歩み始めたことでそれぞれが栄光を手にしたのだから、何とも皮肉な運命である。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】引退後もその影響力は絶大!NBAの頂点に君臨するバスケットボールの”神様”マイケル・ジョーダン特集
 

関連記事(外部サイト)