名センターのマローンのほか、キッド、ペイトンら歴戦の名司令塔も多く背負った背番号2。“現役最高の2番”レナードは欠番として名を刻めるか?【NBA背番号外伝】

名センターのマローンのほか、キッド、ペイトンら歴戦の名司令塔も多く背負った背番号2。“現役最高の2番”レナードは欠番として名を刻めるか?【NBA背番号外伝】

過去にはマローン(左上)、キッド(左下)らが背番号2を着用。現役のレナード(右)は実績十分だが、これまでの経緯から欠番化されるかは微妙だ。(C)Getty Images

7球団で永久欠番となっている背番号2だが、キャリアを通じてこのナンバーを着け続けた真の名選手は少ない。そもそも長い間、NBAには2番を着用した選手そのものがいなかったのだ。

 これは、アマチュアでは背番号1〜3を着けることができないのが理由だろう。最初に2番でプレーしたのは、NBAの前身であるBAAのセントルイス・ボマーズ(現在は消滅)に在籍したベラス・スモーリー。ジャンプショットの使い手で、1948年のみ2番を纏っていた。

 その後、1972年にノーム・ヴァン・ライアー(元シカゴ・ブルズほか)が着用するまで、2番の選手は誰1人現われなかった。そのライアーは、3度オールディフェンシブ1stチームに選ばれた守備の名手。1974、76、77年とオールスターにも3度選出されている。
  1976年にミルウォーキー・バックスのジュニア・ブリッジマンが着け始めてからは、NBAでも徐々に一般的な番号になる。正確なシュートで活躍したブリッジマンは、バックスの球団記録となる711試合に出場。1988年には、選手として初めて2番が欠番化された。

 1980年代最高のスコアラーの1人であるアレックス・イングリッシュは、デンバー・ナゲッツでこの番号が欠番に。通算2万5613点は引退時点で歴代7位。バックスに在籍したプロ入り当時はブリッジマンがいたため23番、のちに22番に変更しプレーしていた。

 サクラメント・キングスの欠番になっているミッチ・リッチモンドもシューター型のプレーヤーで、その実力はマイケル・ジョーダン(元ブルズほか)にも認められたほど。ルーキーイヤーから10年連続で平均20点超えを記録し、1995年のオールスターではMVPに輝いた。

 2番史上最大の大物はモーゼス・マローンだろう。シーズンMVPを3度獲得した名センターで、着用期間は8年と短いが、1983年にフィラデルフィア・セブンティシクサーズを優勝に導き同球団の欠番となった。さらにヒューストン・ロケッツ時代の24番も欠番となっている。
  マリーク・シーリーはほかの欠番選手ほどの実績はないが、ミネソタ・ティンバーウルブズ時代に交通事故で亡くなったことで欠番に。ケビン・ガーネットは少年時代にシーリーに憧れており、その理由からブルックリン・ネッツ在籍時は2番をつけていた。そのガーネットと当時チームメイトだったジョー・ジョンソンは、彼とは逆にネッツ加入前のフェニックス・サンズ、アトランタ・ホークス時代に2番を着け、6度オールスターに選ばれている。

 また、欠番にはなっていないが、引退した選手ではジョー・バリー・キャロル(元ゴールデンステイト・ウォリアーズほか)、ラリー・ジョンソン(元シャーロット・ホーネッツほか)、ステイシー・オーグモン(元ホークスほか)らも長く2番で親しまれた。

 そのほか、2人の名ヘッドコーチが、実際にこの番号でプレーした経験はなくとも欠番扱いになっている。ボストン・セルティックスの黄金時代を築き上げたレッド・アワーバックと、“バッドボーイズ”期のデトロイト・ピストンズを指揮したチャック・デイリーだ。

 アワーバックが欠番となったのは、ブリッジマンよりも早い1985年。2番が選ばれたのは“オーナーのウォルター・ブラウン(1番で欠番になっている)に次ぐNo.2だから”とのことだった。デイリーの方の理由は“ピストンズを2度の優勝に導いたから”だそうだ。
  背番号2は多くの名ポイントガード(PG)が着けていた番号でもある。ジェイソン・キッドは19年のキャリアのうち、後期ダラス・マーベリックス時代(2008〜12年)にこの番号に袖を通し、2009年に優勝を経験。デレック・フィッシャーは1996〜2004年、2007〜12年のロサンゼルス・レイカーズ在籍時にいずれも2番を着け、5度のリーグ制覇を成し遂げた。

 華麗なパスで観客を魅了したジェイソン・ウィリアムズも、メンフィス・グリズリーズ時代に2番を着用。PG史上最高クラスのディフェンス力を誇ったゲイリー・ペイトンは、シアトル・スーパーソニックス(現オクラホマシティ・サンダー)でのプロ入り最初の2シーズンだけ2番を背負っている。ネイト・ロビンソンがニューヨーク・ニックス、ウォリアーズ時代にこの番号を着けたのは、フットボールの名選手ディオン・サンダース(フロリダ州大時代に2番を着用)に憧れてのことだった。
  現役でもジョン・ウォール(ワシントン・ウィザーズ)、ロンゾ・ボール(ニューオリンズ・ペリカンズ)を筆頭にPGが多い。ウォールは高校、大学時代に背負っていた11番がウィザーズではエルビン・ヘイズの永久欠番だったので「何となくいい番号だと思った」との理由により2番を選択している。

 同じように、カイリー・アービングも高校時代は11番、デューク大では1番。クリーブランド・キャバリアーズ入団時に2番を選んだのは「特に理由はない」とのことだったが、“1+1で2番としたのでは”とも言われていた。キャブズ退団後に在籍したセルティックス、そして現在のネッツでは11番に戻している。
  アービングと同様に、今では変更してしまったものの、彼ら以外に2番を着けた経験がある現役PGにはエリック・ブレッドソー(バックス)パトリック・ベバリー(ロサンゼルス・クリッパーズ)、ゴラン・ドラギッチ(マイアミ・ヒート)らがいる。

 そして背番号2を背負った現役最大のスターはカワイ・レナードだろう。サンアントニオ・スパーズ、トロント・ラプターズ、そして現在のクリッパーズまで一貫して2番を着用。ただ、ファイナルMVPを2度受賞するなど実績的には申し分ないが、スパーズとは退団時にもめた経緯があり、ラプターズには1年しか在籍しなかったので、欠番となれるかは微妙なところだ。

文●出野哲也

※『ダンクシュート』2014年5月号掲載原稿に加筆・修正。

【名場面PHOTO】ジョーダン最後のオールスター、コビー81得点、カーターの豪快ダンク……1999-2019 NBA名場面集
 

関連記事(外部サイト)