セルティックスの「歴代ベスト5」を選定!“特例“でSFはふたり、“史上最も偉大なウィナー“も外せない

セルティックスの「歴代ベスト5」を選定!“特例“でSFはふたり、“史上最も偉大なウィナー“も外せない

NBA最多17回の優勝を誇る名門、セルティックスのベスト5の顔ぶれは?(C)Getty Images

1946年の創設から74年。その長い歴史の中でNBAは何人ものスーパースターを輩出し、ファンを楽しませてきた。では、各チームの「歴代ベスト5」を選出したら、一体どんな選手が並ぶのか。『THE DIGEST』では、NBAに精通する識者に依頼し、全30チームのベストメンバーを選んでもらった。今回はリーグ歴代最多17回の優勝を誇る東の名門、「ボストン・セルティックス」編をお届けしよう。

【ポイントガード】
ボブ・クージー 

1928年8月9日生。185cm・79kg。
在籍期間:13シーズン(1950~63年)
成績:917試合、平均18.5点、5.2リバウンド、7.6アシスト

 1950年にNBA入りし、以降13シーズンにわたってセルティックス一筋で活躍した名司令塔。卓越したボールハンドラー、秀逸なパサーであり、13年間で平均18.5点、7.6アシストという優れた数字を残した。アシスト王8度(1953~60年)、オールスター13度(51~63年)、MVP1度(57年)という輝かしい実績に加え、計6度(57、59~63年)の優勝に大きく貢献したことでも評価は高い。
  このように最高級のスタッツを残し、多くの勲章を手に入れただけでなく、クージーはその華やかなプレースタイルでも語り継がれる。“ノールックパスを初めて実戦で行なった選手”とも呼ばれ、現代のファンが今そのプレーを見ても、それほど違和感を感じないのではないか。後世のPGに多大な影響を与えたプレーメーカーとして、その名は歴史に刻まれていくに違いない。

【シューティングガード】
ジョン・ハブリチェック

1940年4月8日生。196cm・92kg。
在籍期間:16シーズン(1962~78年)
成績:1270試合、平均20.8点、6.3リバウンド、4.8アシスト

 “アーミーナイフ(十徳ナイフ)”と称されるほどの多才さが魅力で、1960~70年代にかけての黄金期を支えた。16シーズンにわたってセルティックス に在籍し、通算得点、出場試合数は歴代1位。特にキャリア前半はシックスマンだったにもかかわらず、すべてのシーズンで1000得点以上をあげる史上初のプレーヤーになった安定感は見事としか言いようがない。ファイナルには8度出場し、すべてで優勝という勝負強さも特筆されてしかるべきだろう。

 なかでも印象深いのは、フィラデルフィア・76ersと対戦した1965年のイースタン・カンファレンス・ファイナル第7戦で決めた“ザ・スティール”だ。ファイナル進出をかけた最終戦、残り5秒でセルティックスが110-109とわずか1点をリード。ここでハブリチェックが相手のインバウンドパスに飛びつき、味方にティップ。セルティックスの勝利を決定づけ、その後の7連覇につなげた(翌年も優勝して8連覇を達成)。アナウンサーのジョニー・モーストの「Havlicek stole the ball!」という名実況とともに、彼の機転、ハッスル、そして勝負強さを象徴するワンプレーとして語り継がれている。
 【スモールフォワード】 
ラリー・バード

1956年12月7日生。206cm・100kg。
在籍期間:13シーズン(1979~92年)
成績:897試合、平均24.3点、10.0リバウンド、6.3アシスト

 リーグ屈指の名門は多くのスーパースターを生み出してきたが、チーム史上最高のSFはラリー“レジェンド”バード以外にあり得ない。13年の現役生活で12回オールスターに選ばれ、1984~86年には3シーズン連続でMVPを獲得。3度の優勝をもたらすとともに、マジック・ジョンソンと熾烈なライバル関係を築き、“マイケル・ジョーダン以前”のNBAを牽引した。ボストンの伝説になっただけでなく、リーグの人気を高めた功労者としての功績は筆舌に尽くし難い。

 他の多くのスター選手とは一線を画し、現役引退後もコーチ、エグゼクティブとしても成功したことで知られる。新人王(80年)、MVP(84~86年)、ファイナルMVP(84、86年)、オールスターMVP(82年)、最優秀コーチ賞(98年)、最優秀エグゼクティブ賞(2012年)をすべて受賞したのは、NBA史上でバードただ1人。引退後は地元のインディアナ・ペイサーズとの関係が深いが、いずれ何らかの形で古巣セルティックスに再び関わることもあるのだろうか。
 【スモールフォワード】 
ポール・ピアース

1977年10月13日生。201cm・107kg。
在籍期間:15シーズン(1999~2013年)
成績:1102試合、平均21.8点、6.0リバウンド、3.9アシスト

 フォワードの2人目は本来であればPFを選ぶべきで、だとすればバードとともに80年代の黄金期を支えたケビン・マクヘイルが適任なのだろう。近年のファンには、ケビン・ガーネットの情熱的なディフェンスとリーダーシップが鮮明かもしれない。ただ、ここでは特例として、2000年代を代表するSF、“ザ・トゥルース”ことピアースを推したい。

 セルティックスでの15シーズンで平均21.8点、6.0リバウンドをあげ、3ポイントとフリースローの成功数、スティール数では球団歴代1位。チームの低迷期には不満を漏らすこともあったが、2007年にガーネット、レイ・アレンとのトリオを誕生させて以降は、フランチャイズプレーヤーとしての貫禄はそれまで以上に増した。

 “ビッグ3時代”には数多くのクラッチプレーを決め、ガーネットをして「(ピアースは)スーパーマンだ」と感嘆させたほど。2008年のファイナルではコービー・ブライアント擁する宿敵レイカーズを破り、シリーズMVPも獲得。名門を通算17度目の栄冠に導いた勇姿はファンの心に刻まれており、いまだに色あせることはない。
 【センター】
ビル・ラッセル

1934年2月12日生。208cm・98kg。
在籍期間:13シーズン(1956~69年)
成績:963試合、平均15.1点、22.5リバウンド、4.3アシスト

 “バスケットボール史上最も偉大なウィナー”。ラッセルの凄さを表現するには、その一言で十分なのかもしれない。カレッジ時代にNCAAトーナメントを連覇し、1956年のメルボルン五輪では金メダルを獲得。NBA入り後も1959~66年にかけて、米スポーツ史上でも前人未到となる8連覇を成し遂げたのをはじめ、13シーズンで実に11度の優勝を経験した。
  特にディフェンス面での貢献度は群を抜いており、まだブロックが正式スタッツではなかった時代にゴール下で存在感を誇示し続けた。平均得点、FG成功率(キャリア平均43.0%)などの数字は平凡であるがゆえに、“史上最高の選手”の議論に入ることは少ないが、勝利こそが究極の目標であることを考慮すれば、本来は含まれてしかるべきなのだろう。2009年にはファイナルMVPが「ビル・ラッセル賞」と名付けられたことも、その類稀な功績を象徴している。

文●杉浦大介
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?