シーズン再開後の注目ルーキー6選手を米メディアがピックアップ!2人の新人王候補に加え、ヒートの若手コンビも

シーズン再開後の注目ルーキー6選手を米メディアがピックアップ!2人の新人王候補に加え、ヒートの若手コンビも

1年目からグリズリーズの看板選手として見事な活躍を披露しているモラント。再開後にチームをプレーオフに導くことができれば、新人王は確実だろう。(C)Getty Images

NBAは現在、7月30日(日本時間31日、日付は以下同)からフロリダ州オーランドで今季の“第二幕”をスタートさせるべく、調整を進めている。

 だがNBA選手会(NBPA)の副会長を務めるブルックリン・ネッツのカイリー・アービングが、NBA、WNBAの選手たちと12日に行なった電話会談のなかでシーズン再開に反対する意向を示すなど、否定的な考えを持つ選手も少なくない。

 そうなると、仮に再開されたとしても、イースタン・カンファレンスの9チーム、ウエスタン・カンファレンスの13チームによる計22チームで繰り広げられる第二幕に複数の選手が参戦しない可能性が浮上する。この件については、今後もリーグ側と選手会側で交渉を続けていくことになるだろう。

 ここでは、7月末からシーズンが再開したと仮定し、注目のルーキーたちを紹介していきたい。6月11日に『スポーツイラストレイテッド』へ掲載された、シーズン再開後にインパクトを残すことが重要なルーキー6選手は下記のとおり(※チーム名は略称)。
 ■『スポイラ』がセレクトした注目ルーキー6選手

1.ジャ・モラント(ガード/グリズリーズ)
 シーズン中断時点で、モラントは今季の新人王最有力候補に挙げられているため、このリストに入れるのは少し違和感を覚えるかもしれない。今季59試合に出場したポイントガードは、平均17.6点、6.9アシストをマークし、フィールドゴール49.1%と高い成功率を残している。

『Elias Sports Bureau』によると、もしモラント率いるグリズリーズがプレーオフへ進むことができれば、エルジン・ベイラー、マイケル・ジョーダンに次いで史上3人目となる快挙(得点とアシストでチームトップの数字を残してプレーオフへと導いたルーキー)を達成することになる。

 ウエスト8位のグリズリーズ(32勝33敗/49.2%)は、3.5ゲーム差で9位のポートランド・トレイルブレイザーズ(29勝37敗/43.9%)を筆頭に、6.0ゲーム差以内で計5チームとプレーオフ最終スポットを争い、レギュラーシーズンとして8試合を戦う。ユスフ・ヌルキッチ、ザック・コリンズというビッグマンが復帰するブレイザーズ有利という声もあるが、堂々のプレーを見せている20歳のモラント率いるグリズリーズが8位の座を死守し、プレーオフに出場しても決して不思議ではない。
 2.ザイオン・ウィリアムソン(フォワード/ペリカンズ)
 この男を選ぶのは当然だろう。昨年のドラフト全体1位指名のフォワードは、右ヒザ半月板損傷のため最初の44試合を欠場したものの、今年1月にNBAデビューを果たすと、瞬く間にアグレッシブなプレーで強烈なインパクトを残した。平均29.7分のプレータイムで23.6点、6.8リバウンド、フィールドゴール成功率58.9%を記録する巨漢(198p・129s)は、19試合のうち16試合で20点以上を奪っている。

 ザイオン復帰後に調子を上げたペリカンズはウエスト10位の28勝36敗(43.8%)で、グリズリーズとは3.5ゲーム差。レギュラーシーズンの8試合で大きく勝ち越すことができれば、2戦先勝が必須のプレーイン・トーナメントに出場できる可能性がある。モラント率いるグリズリーズのように、ザイオンが所属するペリカンズは最もエキサイティングなチームのひとつだけに、シーズン再開後のパフォーマンスに大いに期待したい。
 3.ケンドリック・ナン(ガード/ヒート)
4.タイラー・ヒロ(ガード/ヒート)

 今季のNBAにおいて、ナンは最も衝撃的なサプライズを起こした選手だろう。イースト4位のヒート(41勝24敗/63.1%)において、ドラフト外の新人ながら62試合に先発出場して平均15.6点、3.4アシストをマークしているからだ。3月は5試合の出場で平均13.6点とダウンしているものの、シーズン中断直前となった11日のホーネッツ戦で自己最高となる6本の3ポイントを沈め、24得点を挙げているだけに油断は禁物だ。

 だがこの夏、ヒートには注目のルーキーがもう1人いる。昨年のドラフト1巡目13位で指名されたヒロだ。年明け以降に右足首と足を痛めたことで15試合を欠場したものの、平均12.9点、4.0リバウンド、1.9アシストに3ポイント39.1%、平均2.1本成功と、アウトサイドシュートに定評があることに加え、土壇場であろうと物怖じせずにショットを放ち、沈めていく強心臓の持ち主でもある。
 5.マイケル・ポーターJr.(フォワード/ナゲッツ)
 2018年のドラフト1巡目14位でナゲッツに指名されたフォワードは、背中のケガのため昨季を全休。ルーキーシーズンとなった今季は主にバックアップを務めており、ここまで平均7.5点、4.1リバウンドを記録。今年1月には平均12.3点、6.9リバウンドに加え、フィールドゴール52.2%、3ポイント48.0%という好成績を叩き出した。

 208p・97sのポーターJr.はスポットアップジャンパー、オフボールからのカットやロール、オフェンシブ・リバウンドからのプットバック、トランジションやアイソレーションで点を重ねてきたが、自身でショットをクリエイトすることに苦しんでいる。ストライド(歩幅)が非常に大きいステップバックジャンパーこそあるものの、まだ武器と言えるレベルにはない。それでも、ウエスト3位(43勝22敗/66.2%)でシーズン再開を迎えるナゲッツにとって、ポーターJr.は秘密兵器になる可能性を秘めている。
 6.マティス・サイブル(ガード/シクサーズ)
 196p・90sのガードは、オフェンス面では平均4.7点、フィールドゴール41.0%と低調だが、ディフェンス面ではストッパーの素質があることを証明してきた。『The Athletic』によると、サイブルは1110分出場した中で、マッチアップ相手に2回以上ドリブルされた後、21本しかショット成功を許しておらず、3ポイントについても平均2.5本しか打たせず、成功率も35%に抑え込んでいたという。

 イースト6位のシクサーズ(39勝26敗/60.0%)はすでにプレーオフ進出を決めており、1回戦で対決する可能性がある3位のボストン・セルティックス(43勝21敗/67.2%)と4位のヒートは主力にウイングの選手を擁しているため、サイブルがプレーオフで重宝されるのではないだろうか。

 残念ながら、ワシントン・ウィザーズの八村塁はこの記事の中でセレクトされなかったものの、注目に値するルーキーなのは間違いない。シーズン中断前と同様に、平均30分前後のプレータイムを手にすることが濃厚なため、中断前の平均13.4点、6.0リバウンドより数字を伸ばすことも期待できる。

 レギュラーシーズンとして行われる8試合の中で、ライバルたちを相手に大活躍を見せれば、評価はさらに増すことだろう。

文●秋山裕之(フリーライター)

【八村塁PHOTO】攻守でアグレッシブに躍動!1年目からNBAで活躍するルーキーの厳選ショット!
 

関連記事(外部サイト)