現地記者が八村塁の"1年"を総評「当初、彼の指名は理解できるものではなかったが…」

現地記者が八村塁の"1年"を総評「当初、彼の指名は理解できるものではなかったが…」

今から1年前のドラフトで八村は日本人初の1巡目指名(9位)を受け、ウィザーズに入団した。(C)Getty Images

6月20日(日本時間21日、日付は以下同)。『NBC Sports Washington』へ、チェイス・ヒューズ記者による“ワシントン・ウィザーズの八村塁から我々がこれまでに学んだこと”と題した記事が掲載された。

 今からちょうど1年前の2019年6月20日は、NBAドラフトが開催された日であり、ニューオリンズ・ペリカンズが1位でザイオン・ウィリアムソン、メンフィス・グリズリーズが2位でジャ・モラントをそれぞれ指名。

 そして1巡目9位で、ウィザーズがゴンザガ大学のエースで、日本の至宝でもある八村を指名し、日本中が沸いたことは記憶に新しい。

 日米から熱視線を集めた八村は、ドラフト指名後の会見から大勢のメディアに囲まれ、その勢いはサマーリーグやプレシーズンでも衰えることはなかった。ウィザーズは日本語版のコンテンツを立ち上げ、公式ホームページや公式Twitterアカウント、さらにはインスタグラムのアカウントも開設し、NBAからも注目されるチームのひとつとなった。

 開幕から先発パワーフォワードの座を実力で勝ち取った八村は、昨年12月中旬に鼠径部を痛めたことで約1か月半を戦線離脱したとはいえ、ここまで41試合に出場して平均29.7分、13.4点、6.0リバウンド、1.7アシスト、フィールドゴール成功率47.8%、フリースロー成功率82.9%という成績を残している。

 ここからは、現地記者が綴ったここまでの八村について紹介していきたい。
 <現地記者が挙げたウィザーズの八村塁から我々がこれまでに学んだこと>

■下馬評よりも高い順位で指名
"毎年、モックドラフトが複数のメディアで展開されているのだが、それが必ずしも正しいものではない。多くのファンからすれば、八村の指名順位は高すぎるという印象であり、デューク大のキャム・レディッシュ(10位指名/アトランタ・ホークス)を指名してほしかった、と嘆いた者もいる。実際、八村は1巡目20位あたりの指名だと思っていた。

 だがウィザーズはワン&ダン(大学1年終了後にアーリーエントリーする選手)をしていない、見落とされている良い選手を見つけ出したのである。この男が最終的にスターになるかどうかは今後の展開を楽しみに待とう。だがドラフト当初、彼の指名はファンが理解できるものではなかったのである"。

 レディッシュは昨年8月下旬に『NBA.com』で公開されたルーキー・サーベイ(ドラフト同期の選手が質問に対して投票するもの)で、「今年のルーキーでベストなキャリアを送りそうな選手は?」という質問で全体トップとなる19%の得票率を得たスウィングマン。

 オールスター後の10試合で平均16.4点をマークしたものの、シーズン平均(26.7分、10.5点、3.7リバウンド、1.5アシスト)ではいずれも八村が上回る結果となっている。
 ■ルーキーとしての安定性
”おそらく、ここまでの八村に関して最も周囲を驚かせているのは彼の安定性だろう。出場した41試合のうち、30試合で2桁得点を残している。2004年以降で見てみると、ウィザーズのルーキーとしてはジョン・ウォール(60試合)、ブラッドリー・ビール(39試合)に次ぐ好記録だからだ。

 ただし、今後もっと安定性を高めてほしいのは試合の締めくくりだろう。第4クォーターはここまで平均1.9点、フィールドゴール成功率32.7%にとどまっている”。

■まだ定まっていないポジション
“203p・104sの八村は、スモールフォワードとパワーフォワードを交互にこなしている。だが時にはセンターも務めたように、ポジションレスバスケットボールという現代のNBAにおいて、彼は完璧にフィットする。

 その一方で、ウィザーズは八村と一緒にプレーできるフォワードを模索している。PFでプレーさせるためにシューターを必要としているのか?それともSFでプレーすべく、リムプロテクター兼リバウンダーが必要なのか?それは八村が攻守両面における自身のゲームを構築させるまで、価値ある疑問になるだろう”。

 八村は今季、シューターのダービス・ベルターンス、ディフェンダーのアイザック・ボンガ、スラッシャーのトロイ・ブラウンJr.らと一緒にプレーしてきたが、スイッチすることで両フォワードをこなしてきた。今後ウィザーズがどのように育成していくのかは楽しみだ。
 ■アウトサイドシューティングの向上
“八村の弱点として挙がるのは、3ポイントシュートの精度。ゴンザガ大3年時に成功率41.7%を残していたとはいえ、試投数は平均約1本に過ぎず、多く放つタイプの選手ではなかった。だがドラフト指名されてから、向上していることは見て取れる。

 今季は平均1.8本放って成功率は27.4%。大学では1試合で3本決めたことはなかったものの、昨年10月30日のヒューストン・ロケッツ戦では3本すべてを成功”。

 オールスター後は38.9%と成功率も上げていることから、今後もシュートレンジを広げて精度を高めることで、オフボールでもより効果的な活躍ができるだろう。
 ■ディフェンス面の向上
“ほとんどのルーキーに言えることだが、八村もディフェンスに苦しんでいる。その理由のひとつは、経験不足という点。チームディフェンスやスイッチした時の守り方も強化する必要がある。彼はPFの中で背が低く、多くのSFと比べると機敏な部類には入らないからだ。

 とはいえ、彼のディフェンスは今後経験を積み、身体が成熟していくにつれて相手の特徴や癖を学ぶことで向上することだろう。現時点で、八村のディフェンシブ・レーティング(100回のポゼッションにおける失点)はチームワーストの117.8”。

 これはチームとしてもリーグワーストの115.8を記録している点、そしてチーム2位の平均29.7分プレーしていることも影響しているのかもしれない。
  そのなかで、八村は持ち前の身体能力の高さを生かしてカバーに入ったり、ウィークサイドのヘルプに入ったりと動き回って奮戦している。だが結果として自身のマークマンに得点を許している部分もあるため、芳しくない数字が残っているのだろう。“カワイ・レナードと長い間比較されるのであれば、さらなる進化を期待したいところだ”。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】攻守でアグレッシブに躍動!初年度から抜群の存在感を放つ“即戦力ルーキー”八村塁の厳選ショット!
 

関連記事(外部サイト)