「アイバーソンへの神からの贈り物」。エリック・スノウの転機となった3年目の移籍【NBA名脇役列伝・前編】

「アイバーソンへの神からの贈り物」。エリック・スノウの転機となった3年目の移籍【NBA名脇役列伝・前編】

スノウはドラフト2巡目指名ながら、13年ものキャリアをNBAで築き、コート外でも模範的選手として知られる。(C)Getty Images

ドラフト2巡目指名選手がNBAで生き残るのは難しいが、エリック・スノウは非凡な統率力と堅守を武器に、13年間にわたりプレーを続けた。さらに様々な慈善活動に携わるなど、コート外でも彼は優れた人格者であった。

   ◆   ◆   ◆

 MVPに新人王、シックスマン賞やMIPなど、NBAでは様々な賞が制定されているが、選手の間で大変な名誉とされるのが、慈善活動や人道的な行為に対して贈られるシチズンシップ賞(J.Walter Kennedy Citizenship Award)である。ケビン・ガーネットも、2006年にこの賞を受賞した際には「ほかのどんな賞よりも、この賞が一番嬉しい」とコメントしたほどだ。

 05年の受賞者、エリック・スノウもその思いは同じだった。「多くの時間とエネルギーを他者のために注いだ人々と、私の名前が並ぶことを大変光栄に思います。この賞が皆の啓発につながれば、こんなに嬉しいことはありません」と受賞時に喜びを語っている。

 2000年にはスポーツマンシップ賞にも選ばれ、ジョー・デュマース(元デトロイト・ピストンズ)に続き、この2つの賞をダブル受賞した2人目の選手となったスノウ。彼はコートの内外で、真のリーダーシップとはいかなるものかを体現していた。
 ■憧れの兄とは違う道を歩み、2巡目指名でNBA入り

 スノウが少年の頃、彼が将来バスケットボールで名を成すと考えていた人はほとんどいなかった。兄のパーシーはオハイオ州でも指折りのフットボール選手で、のちにNFLのカンザスシティ・チーフスからドラフト1巡目指名を受けるほどの実力者であり、当然、弟のエリックも兄と同じ道を進むだろうと考えられていたからだ。

 スノウにとってパーシーは憧れの存在であったが、一方で常に比較されることがプレッシャーにもなっていたという。そのため兄の通うフットボールの強豪校、マッキンリー・ハイスクールに入学したものの、彼は周囲の予想に反してバスケットボールを選択した。高校では3年連続で校内最優秀選手に選ばれ、兄と同じミシガン州大に進んでからも、大学史上3位の通算アシスト数を記録。ビッグ10カンファレンスの最優秀ディフェンス賞にも輝くなど、スノウは着実にバスケットボール選手としてその評価を高めていった。
  大学側からは「学校に残って、今度はフットボールにチャレンジしてはどうか」との申し出も受けたが、それを蹴って95年のNBAドラフトにエントリー。2巡目43位でミルウォーキー・バックスから指名され、すぐにシアトル・スーパーソニックス(現オクラホマシティ・サンダー)へトレードされた。

「どのチームでも構わない。NBAに入れるだけで嬉しいよ」と満面の笑みを浮かべたスノウだったが、指名順位が示すように、NBA側の評価はさして高くはなかった。身長191cmとPGとしてはまずまずの体格で、パスセンスや守備力には一目置かれていたものの、大学4年間の平均得点が5.9という攻撃力の低さがネックとなったのだ。

 実際、ソニックスではオールスターPGのゲイリー・ペイトン、ベテランのネイト・マクミランに次ぐ3番手として扱われ、10分前後の出場時間しか与えられなかった。3年目にはマクミランが引退したが、新加入のグレッグ・アンソニーに押しやられてさらに出場時間が減少。その結果、シーズン途中にドラフト2巡目指名権との交換でシクサーズへ放出された。
 ■主砲アイバーソンにとってスノウは神からの贈り物

 当時、シクサーズの先発PGはアレン・アイバーソンが務めていた。だが、誰よりもシュートを打ちたがるアイバーソンが司令塔ではオフェンスが機能せず、ラリー・ブラウンHCは苦悩していた。その得点力を生かすためにアイバーソンをSGに回し、PGにはシュートよりもパスを重視する選手を起用する――。ブラウンのそんな考えに当てはまる選手がスノウだった。こうして彼は、98−99シーズンの開幕から先発PGを任されることとなった。

 すると、この新バックコートは予想以上の成果を挙げる。煩わしいプレーメイキングから解放されたアイバーソンは伸び伸びとプレーし、平均26.8点で得点王に輝いた。

「エリックは俺が必要な時に、ちゃんとボールを渡してくれる。彼がコートにいてくれないと困るんだ」とアイバーソンが賛辞を口にすれば、「僕は自分の仕事が何かよく理解している。アレンの欠点は僕の長所、僕の弱みは彼の強みなのさ」とスノウも返した。

 守備面でも、スノウは身長の低いアイバーソンに代わってSGとマッチアップし、そのフィジカルなディフェンスで相手を悩ませた。

「アイバーソンにとって、スノウは神からの贈り物だ」と表現した者もいたほど、2人の相性は抜群だった。こうしてチームとしての基盤が固まったシクサーズは8年ぶりにプレーオフへ返り咲きを果たす。
(後編へ続く)

文●出野哲也

※『ダンクシュート』2013年7月号掲載原稿に加筆・修正。

【名場面PHOTO】ジョーダン最後のオールスター、コビー81得点、カーターの豪快ダンク……1999-2019 NBA名場面集

関連記事(外部サイト)