カーメロが「ずっと快適だ」というSFに復帰!ジョークも交えて好調をアピール

カーメロが「ずっと快適だ」というSFに復帰!ジョークも交えて好調をアピール

ウエスタン・カンファレンス9位のブレイザーズ。第二幕からアンソニーはSFを任されることになりそうだ。(C)Getty Images

ウエスタン・カンファレンス9位のポートランド・トレイルブレイザーズ(29勝37敗/勝率43.9%)は、8位のメンフィス・グリズリーズ(32勝33敗/勝率49.2%)を3.5ゲーム差で追いかける状況で、今月末からシーディングゲーム(順位決定戦)に挑む。

 ブレイザーズは7月30日(日本時間31日、日付は以下同)から始まる第二幕へ向けて、デイミアン・リラード、CJ・マッカラムという先発バックコートこそ不動ながら、フロントコートのスターターを代えることが濃厚だ。

 まず、先発スモールフォワード(SF)のトレバー・アリーザが6月22日に出場を辞退。アリーザは現在、12歳の息子の親権争いの最中で、相手の母親側がシーズン再開期間中に法廷によって命じられる1か月間の面会を許可。そこでアリーザは、コート上でプレーすることよりも、息子との面会を優先した。

 するとブレイザーズは代役としてガードのジェイレン・アダムズと契約。今季アダムズはミルウォーキー・バックス傘下のGリーグチーム、ウィスコンシン・ハードでプレーし、平均20.9点、4.9リバウンド、5.2アシスト、1.7スティールを残してオールGリーグ1stチームに選ばれている。
  そしてブレイザーズにとって頼もしいのは、2人のビッグマンがケガを完治させて復帰してくることだろう。第二幕ではザック・コリンズがパワーフォワード(PF)、ユスフ・ヌルキッチがセンター(C)でそれぞれスターターを務めることとなる。コリンズは今季序盤に肩の手術で戦線離脱、ヌルキッチは昨年3月末に左足に大ケガを負って欠場が続いていた。

 この2人が復帰することで、先発SFにはキャリア17年目の36歳、カーメロ・アンソニーが入ることになる。

「俺は実際、(SFの方が)ずっと快適だ。キャリアを通じて、これまでずっとやってきたんだ。この2、3年間は4番(PF)へと代わっていたけどね…。でも今のゲームはポジションレスだから、誰かに3番(SF)か4番(PF)でプレーしろと強要されても関係ないのさ」
  7月9日に『NBA.com』へそう語ったカーメロは、まるでシラキュース大時代を彷彿させるかのようなスリムな体型となって“バブル”(リーグによって隔離された空間)と称される開催地に乗り込み、スピーディな動きを見せている。

 7月13日にYouTubeへ公開された「What’s In Your Glass」で、カーメロは近況について「俺たちはもうこれ以上、バブルとは呼べない。あそこはキャンパスなんだ」とジョークを切り出し、こう続けている。

「まるでサマーリーグ…いや、どちらかというとAAU(アマチュア運動連合)のめちゃくちゃ大きなトーナメントという感じかな。皆が一つのキャンパスにいるんだからいいことじゃないか。俺たちは期間中に別のホテルには行けないけどね。最初の数日は隔離しなきゃいけなかったからタフだったけど、今は練習したり、プレーできるからいいものさ」
  そして素晴らしいシェイプを手に入れたカーメロは「何か正しいことをしていれば、自分に合った水を飲むようになるのさ」と返答。その後「俺には水とワインが必要だったのさ」とまたもやジョークを飛ばし、こう話した。

「身体と精神がフレッシュな状態にあると感じてる。それが全て、ってことだ。しっかりと身体を鍛えて、その状態を保っている限り、自分の技術を磨き続けられるし、プレーしていくうえで最適な身体を手にすることができるんだ」

 15日のチーム練習でも、カーメロはディフェンスしながら積極的に声を出してチームのムードを高めており、コンディションは良好。先発陣が大きく代わったものの、チーム練習と3試合のスクリメージ(練習試合)を通してチームメイトとの連携を向上させ、シーディングゲーム本番でも熟練のスキルを駆使したミドルレンジゲームに期待したい。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!

関連記事(外部サイト)