Moto2長島哲太がランキング首位をキープ。“兄”と慕う富沢祥也以来となる2戦連続表彰台!

Moto2長島哲太がランキング首位をキープ。“兄”と慕う富沢祥也以来となる2戦連続表彰台!

スペイン・へレスで再開されたMoto2で、2戦連続で表彰台となった長島哲太。(C)Getty Images

3月にカタール・ドーハで開催されたMoto2クラス開幕戦で初優勝を果たした長島哲太(レッドブル・KTM・アジョ)が、4か月ぶりにスペイン・ヘレスで再開された第2戦でも2位に入り、2戦連続での表彰台を獲得した。奇しくも日本人ライダーの2戦連続表彰台は、少年時代から“兄”と慕っていた富沢祥也以来となる。

 8番グリッドからスタートした長島は、オープニングラップで2つ順位を上げ、6位へと浮上。その後も3ラップ目に3位、4ラップ目にはポールポジションからスタートしたチームメイトのホルヘ・マルティンを捕まえて2位へと上がり、そのままゴールした。

 優勝は長島の追撃を1.271秒差で最後まで抑えきったヴァレンティーノ・ロッシの異父弟、ルカ・マリー二(スカイ・レーシング・チーム・VR46)、3位にはマルティンが入り、レッドブル・KTM・アジョは、ダブルでの表彰台となった。

 2戦を終えた時点で45ポイントの長島は、ランキングトップをキープ。2位には17ポイント差でロレンソ・バルダッサーリ(フレックスボックス・HP・40)、3位には今回優勝のマリーニがつけている。
  レース後すぐ、長島は「今日もまた表彰台を獲得しました! 本当に厳しいレースでしたが、ハッピーです!! 来週も頑張ります!!!」と自身のSNSに英語で投稿した。

 これには「おめでとう! 私たちに幸せな時間を与えてくれてありがとう!!」「やったね、テツ! 見事な走りでした!!!」といった祝福の声や「今シーズンのMoto2ワールドチャンピオンはあなただと思います。精神を集中し、すべてのレースで頑張ってください。ガンバッテ、哲太さん!」といったチャンピオンを期待する声が世界中から集まった。

 余談となるが、神奈川県横須賀市出身の28歳は、YouTubeチャンネルを開設。スペインでのプール付きの自宅やライダー仲間との座談会などを公開し、ファンからの注目を集めている。

 レース終盤、無理をしないようにも見えた走りは、シーズン全体の行方を見据えてのものだろう。このままランキング首位をキープしてチャンピオンに輝けば、2009年、250ccクラスでの青山博一以来、日本人としては7人目の世界チャンピオンとなる。

 次週、アンダルシアGPも長島が「好き」だというヘレスで開催される。Moto2クラス開催初年度となる2010年、トップ争いを繰り広げながらサンマリノ・ミサノに散った富沢へ捧げるため、自分のためにオレンジのマシンは走り続ける。

文●甘利隆
著者プロフィール/東京造形大学デザイン科卒業。都内デザイン事務所、『サイクルサウンズ』編集部、広告代理店等を経てフリーランス。Twitter:ama_super

【PHOTO】二輪の最高峰 MotoGPでしのぎを削るイケメンレーサーたち!
 

 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

I got another podium today?? Thank you for your support!! Keep working like this??? #redbull #ktm #ajo #motogp #moto2 #jerez #風間印房

長島 哲太 Tetsuta Nagashima(@tetsutanagashima)がシェアした投稿 -

関連記事(外部サイト)