スターダムの最強女子決定戦『5☆STAR GP』のリーグ分け決定。ジュリアは「要注意人物が何人かいる」

スターダムの最強女子決定戦『5☆STAR GP』のリーグ分け決定。ジュリアは「要注意人物が何人かいる」

ワンダー・オブ・スターダム王座を戴冠したジュリア(右)。女同士の夏の熱い戦いは、どのような結末を迎えるのだろうか?写真:滝川敏之

女子プロレス団体『スターダム』恒例の年間最大シリーズ、通称“ファイブスター”こと『5☆STAR GP』が8月8日から日本各地で開催される。

 真夏の“最強女子”決定戦とも呼ばれ、シングルマッチで今一番強いのは誰かを決める過酷なリーグ戦は、レッドスターズ、ブルースターズ、各ブロックによる総当たり戦を行ない、ブロックの得点1位同士が優勝決定戦を行なう。今年のエントリー選手は16名、うち6名は初出場というフレッシュな顔ぶれだ。

 リーグ戦は20分1本勝負、優勝決定戦は30分1本勝負で、勝負は勝ち=2点、負け=0点、あらゆる引き分け=1点として加点される。ブロック内で同点の場合は直接対決の勝敗で決まる。スターダムエグゼクティブプロデューサーのロッシー小川氏は「例年15分1本勝負で行なっていたが、それでは短いということで20分にした」と試合時間の変更を報告した。

 7年連続7度目の出場となるスターダムの"アイコン"岩谷麻優は、「一度はね、自分優勝したことあるんですけども、赤いベルト(ワールド・オブ・スターダム)の挑戦者というのをシングルしながら見つけていきたいなと思っておるしだいです」と抱負を語る。

 レッドスターズのリーグ戦で岩谷と戦うジュリアは、「対戦相手の中には要注意人物が何人かいる。開幕戦の岩谷麻優を注意しながら、ここを乗り越えればあとは大丈夫かなと思ってるので、気合い入れて挑みたいと思います」と8月8日、岩谷との対戦に宣戦布告だ。

 今月1日にスターダム入りしたひめかは、「5☆STARを通して、デカいは強いということを証明していきたい」と述べ、同じく8月1日付けでに所属選手となる舞華も「過去に負けた相手ということで、特に林下詩美に勝って大きな爪痕を残したいと思います」と初出場に意気込みを見せた。

 この試合のグループ分けは以下のとおり。
 【5★STAR GP 2020】
〈レッドスターズ出場選手〉
◆岩谷麻優(STARS)  7年連続7度目の出場
◆ジュリア(Donna Del Mondo) 初出場
◆中野たむ(STARS)  4年連続4度目の出場
◆小波(TOKYO CYBER SQUAD) 4年連続4度目の出場
◆スターライト・キッド(STARS)初出場
◆上谷沙弥(Queen's Quest) 初出場
◆DEATH山さん。(TOKYO CYBER SQUAD)初出場
◆ひめか(Donna Del Mondo) 初出場

〈ブルースターズ出場選手〉
◆渡辺桃(Queen's Quest) 3年連続4度目の出場
◆林下詩美(Queen's Quest) 3年連続3度目の出場
◆ジャングル叫女(TOKYO CYBER SQUAD)5年連続5度目の出場
◆AZM(Queen's Quest)  2年連続2度目の出場
◆刀羅ナツコ(大江戸隊)  3年連続3度目の出場
◆鹿島沙希(大江戸隊)  3年連続4度目の出場
◆朱里(Donna Del Mondo) 初出場
◆舞華(Donna Del Mondo) 初出場

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】輝く女子プロレス団体「スターダム」が約3か月ぶりに再始動!

関連記事(外部サイト)