酒井高徳が語る「タフネスの源」と「ドイツとの差」。『日本人は意識を変えないと差を埋められない』

酒井高徳が語る「タフネスの源」と「ドイツとの差」。『日本人は意識を変えないと差を埋められない』

食育やコンディションニングをテーマに話をうかがう連載インタビュー企画「Do My Best, GO!」。第1回目は元サッカー日本代表の酒井高徳が登場。写真:座間雄貴

 
 一流アスリートたちに、食育やコンディションニングをテーマに話をうかがう連載インタビュー企画「Do My Best, GO!」。第1回はヴィッセル神戸に在籍する元日本代表DF酒井高徳が登場だ。8シーズンの間プレーしたドイツのブンデスリーガでは屈強な相手と激しいマッチアップを繰り返し、2012年にデビューした日本代表でも、豊富な運動量を活かして世界を相手に戦ってきた。現在も神戸で、そのタフネスぶりを発揮し、不動のレギュラーとして活躍するDFは、いかに頑丈な身体を作り上げたのか。

――◆――◆――

――怪我をしないイメージがありますが、小さい頃から身体は丈夫でしたか?

「わりと丈夫でした。外で遊ぶのが好きでしたし、サッカーをやったり常に身体を動かしていた記憶が残っています。風邪をたまにひいたくらいで、大きな病気や怪我はほとんどなかったです。まあよくご飯は食べていましたからね」

――4兄弟はみんなアスリート(長男は柔道家、高徳は次男で、三男の宣福、四男の高聖もサッカー選手)で小さい頃からスポーツをやっていますね。どんな食卓でしたか?

「うちは欧州スタイルでした。母がドイツ人なので。ヨーロピアンな献立が多かったです。僕が子どもの頃は今ほど栄養学の知識が広まっていなかったので、バランスはさほど意識はなかったんですけど、ただただいっぱい食べていましたね」

――4人の男の子の食事を作るのは、お母さんも大変そうですね。

「毎日米を炊くのも大変みたいでした(笑)」

――高徳選手は、好き嫌いはありました?

「結構ありましたよ。ベタですけどピーマンはあまり好きじゃなかったです。ピーマンの肉詰めが出てきても、ピーマンだけ外して食べていたりしました。でも、そもそも嫌いなものはあまり食卓に出てくることはなかったですね。母親が好きなものをお腹いっぱい食べてほしいという人だったので、僕ら子どもたちが好きなメニューが食卓にはよく並んでいました。ドイツでよく食べられている料理で、卵が丸々中に入っているハンバーグとか。それがおふくろの味でした」

――今、大人になって食生活にどんな変化がありますか?

「バランスを意識するようにはなりましたね。あとは、その時の体調や練習メニュー、疲労感によって変えています」
  
――バランスを意識するようになったきっかけは?

「プロに入る前から栄養が大事だと聞いていました。ユースで栄養の勉強をする機会があったし、少しずつ興味が出てきて。プロに入ったあとには講師のかたに話を聞いて、知識を深めていった感じです。

 あとはやっぱりドイツに行ったのは大きかったです。知人に栄養士を紹介してもらって、どう食べたらいいかとか気を付けていました。理想に向けた食事を提案して、そのフィードバックをもらったりとかして」

――やはりドイツでは身体を大きくしようと?

「はい。当たり負けしないような身体つくりを意識していましたね」

――ブンデスリーガの選手はみんな身体が大きいですからね。

「まずはフィジカルで戦えないといけなかったし、トレーニングでもパワーが出るようにエネルギーを取らないといけなかった。かと言って重くなり過ぎないように、減量もしてコントロールしていました」

――ドイツと日本では食生活はどう違いました?

「自宅では白米が中心でしたけど、チームでの食事は麺やパンがメインでした。向こうのご飯って結構シンプルでジャンキーなんです。メインとスープ、みたいな。日本みたいに小鉢の副菜はなくて。炭水化物がメインなので量を取ろうとするとどうしても太ってしまうので、食べ過ぎには気を付けていました」

――カロリーを計算しないといけませんね。

「そうなんですよ。結構脂質が高いソースを使っているので、オリーブとか塩に変えて食べたりして調味料の余分な脂を取らないようにしていました」

――やはり炭水化物、タンパク質、脂質の3大栄養素のバランスは気にするところ?

「もちろん大事にしていますし、その日の体調に合わせて調整しています。減量中はタンパク質を多めに摂って、炭水化物を少し制限する。前日重い食事をしてしまったら、回復系の献立にする。胃や腎臓を休めるような消化の良いものを食べています。近頃は細菌などの免疫が注目されているので、海藻やきのこも摂り入れるようにしています」
  
――中断期間には新型コロナウイルスで入院をしてコンディションが落ちてしまったと思います。体調を戻すために意識していたことは?

「それこそ免疫の部分です。なるべく免疫力を下げたくなかったし、普段よりも疲れを感じやすくなっていたので、疲労回復のメニューを多く取り組みました。チーム活動が再開した時にはできるだけ万全の状態で臨みたかったし、その後も再開が近づくにつれてトレーニングの負荷は高くなると思っていたので。

――免疫力を下げないとは、具体的にどんなことを?

「海藻やキノコの他にも、納豆とか発酵食品も多く摂っていました。あとは、入院中は病院食で、多くの量を食べられなかったので、退院してからも少しずつ増やしていって身体を慣れさせていきました。タンパク質を多めで、炭水化物を少なめにするとか気を遣いながら」

――試合前に気を遣っていることは? 例えば前日や当日は何をしていますか?

「前日から食生活は気を付けています。試合でエネルギー切れにならないようにするためには、前日の食事がすごく大事なんです。前の日に炭水化物をしっかり摂って、当日は身体と相談しながら、という感じです。

 試合前には必ずうどんとおにぎりを食べますね。結構流れを大事にしているので、そこはルーティン化しています。もちろん朝食に応じて、量を調整しますけど」

――では試合後のリカバリー方法は?

「僕、試合後は食事がしっかり食べられない体質なんですよね。アドレナリンが出ているし、身体の疲れが半端じゃなくて。これまではプロテインとか、エネルギー補給用のゼリーを飲んだりしていましたけど、最近は甘酒を牛乳で割って飲んでいます。素早く糖分とタンパク質を取れるのでオススメです」

――試合後はなかなか寝付けない選手も多いですよね。高徳選手は?

「僕もそうですね。日によって違いますけど、だいたい寝られないことが多いです。身体が痛かったり、火照ったりして」
  
――今季は連戦が続くので、ケアがより重要になりますね。

「しかも夏場なので、身体をいかに冷やすかは大事になってくる。アイスバスに入るとか、試合直後からどれだけケアできるか。試合後のケアはいろんな人と相談して、出来る限りのリカバリーはしたいです」

――ではオフにリラックスする方法は?

「正直これというのは見つけられていないんですよね。ただコーヒーを飲むのは好きです。カフェに行くと落ち着きます。あと天気が良い日には、近所の川に犬と子どもと一緒に散歩に行ったりしますね。家族と過ごす時が、一番気分が安らぎます」

――日本だけでなくドイツでもプレーしてきて、これまで真似しようと思った食事法やケアの方法はありましたか?

「どこのチームにいっても、気になったことがあれば、誰にでも訊いて実践していますよ。ドイツにいた時にはビーガン(卵やチーズ、魚など動物由来の食品を食べない人)の食生
活を1年間続けました。ベジタリアンだったりビーガンだったりとか、食事だけでなく色々と、好奇心を持って試しています」

――ご自身でジムを経営するくらいですから、やはり身体つくりに関してこだわりは強いんですね。(編集部・注/都内で「LP BASE」というジムを経営)

「強いとかこだわりとかというより、僕としては当たり前のことなんです。ドイツでは常にライバルにポジションを取られるかもしれないという競争のなかに身を置いていました。1日も無駄にできないし、1試合も休めない。だから怪我なんて絶対にできないし、体調を崩せないんです。それは僕の意識として大前提にあります。

 僕自身、身体の強さとか走力が売りなので、コンディションが良くないと100パーセントのパフォーマンスを発揮できない。僕にとって身体つくりは、技術を磨くのと同じか、それ以上に大事なんです」
  
――怪我がキャリアを左右することも少なくないですからね。

「そう。若い頃から食事を意識していれば怪我の防止にもなりますから。コンディション管理はプロとして当然の仕事だと思うんです。

 日本ではまだフィットネスとかコンディショニングとかってあまり浸透していないと感じています。もっと世間的に自己管理というものが普通になってほしいなという想いがありますね」

――ドイツでプレーし、日本代表として世界と対峙したからこそ、その意識の差を感じるのでしょうか。

「ドイツで身体のできている若手がどんどん出てくるのは、育成年代からそういう知識を教えられますし、食事も管理されているから。民族性の違いで骨格は違うけど、日本人は意識を変えないとその差を埋められません。

 プロになってから、さあフィジカルを鍛えようと言っても、それでは世界の同年代の選手にはどんどん後れを取ってしまいます。今の若い選手たちには、早い段階から栄養に意識を傾けてほしいし、僕のこうした発信を見て何かを感じ取ってほしいですね」

――◆――◆――

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)
 

関連記事(外部サイト)