試合終盤は“ミラー・タイム”開演。苦難を乗り越え人々の記憶に刻まれた伝説の名シューター【NBAレジェンド列伝・後編】

試合終盤は“ミラー・タイム”開演。苦難を乗り越え人々の記憶に刻まれた伝説の名シューター【NBAレジェンド列伝・後編】

ミラーの勝負強さは歴代トップクラス。クラッチタイムでの数々のハイパフォーマンスは“ミラー・タイム”と称された。(C)Getty Images

■優勝未経験に終わるも、抜群の勝負強さで名場面を演出

 努力が実り、レジー・ミラーの名が世間に広く知れ渡ったのは1993−94シーズンだった。プレーオフでは毎年1回戦敗退を繰り返していたインディアナ・ペイサーズだったが、名将ラリー・ブラウンの指導もあって初めてイースタン・カンファレンス決勝に駒を進める。対戦相手はニューヨーク・ニックス。2勝2敗で迎えた第5戦、常々「ニックスは大嫌いなチーム」と公言していたミラーに、マディソンスクエア・ガーデンの観客は嵐のような罵声を浴びせた。

 だが、そうした声を嘲笑うかのようにミラーはシュートを決め続ける。第4クォーターだけで5本の3ポイントを含む25得点、ゲーム全体で39得点を叩き出し、劇的な逆転勝利の立役者となった。

「あの時はすべてがスローモーションのように見えた。次に何が起こるかがはっきりと予測できたんだ。2時間ぐらいプレーしているように感じて、試合後はひどい頭痛に襲われたよ」
  第6、7戦に連敗してNBAファイナルには進めなかったが、この大活躍でミラーは一躍全国区の人気を得る。翌1995年はカンファレンス準決勝で再びニックスと対戦。その初戦、ミラーはまたしても一世一代のパフォーマンスを演じてみせた。

 第4クォーターも残り18.4秒の時点で、ペイサーズは8点のビハインド。敗色濃厚のこの状況下で、ミラーはまず3ポイントを決めると、直後にインバウンズパスをスティールし、再び3ポイントをお見舞いする。その後フリースローも沈め、連続8得点を奪い逆転勝ち。ニックスのデレック・ハーバーも「勝負強いプレーヤーたちのなかにあっても、ミラーは最高峰の1人だ」と脱帽した。

 こうしたゲーム終盤の彼の活躍は、ビールのCМのコピーをもじって“ミラー・タイム”と呼ばれるようになった。

 1996年のアトランタ・オリンピックでは、ドリームチームIIIのメンバーとして金メダルも獲得。残る目標はただひとつ“チャンピオンリングの獲得”だった。
  そのチャンスが巡って来たのは2000年。これまで4回にわたってカンファレンス決勝で涙を飲んできたミラーはついにファイナル進出を果たし、シャキール・オニール、コビー・ブライアントの超強力コンビを擁するロサンゼルス・レイカーズと対決した。

 念願の晴れ舞台、しかも故郷ロサンゼルスでの第1戦は、ミラーにとって最悪の夜となる。フィールドゴールを16本放ち、成功は1本のみのわずか7得点。第2戦以降は平均27.8点を稼いだとはいえ、第6戦も得意の3ポイントは10本中2本沈めただけで、2勝4敗で敗北を喫した。

「レジーは我々のゴー・トゥ・ガイ。勝つのも負けるのも彼次第だから、責めることはできない」

 チームメイトのオースティン・クロウジャーの言葉だけが、わずかな慰めだった。
 ■数々の困難を乗り越え、人々の心にその存在を刻んだ男

 これが、ミラーにとって最初で最後のファイナルだった。ジャーメイン・オニールの成長後はチームのエースでもなくなったが、不満を抱くわけでもなく、脇役に回ることを受け入れる。2002年のプレーオフ、ニュージャージー(現ブルックリン)・ネッツ戦で超ロングシュートの同点ブザービーターを決めるなど、その後も対戦相手にとっては危険な存在であり続けた。

 2004−05シーズンを最後に39歳で引退。通算2万5279得点は、現在も歴代21位にランクされている。3ポイントは試投・成功数ともにレイ・アレン(元シアトル・スーパーソニックス/現オクラホマシティ・サンダーほか)に抜かれるまで1位で、フリースロー成功率1位のタイトルも5回。どこを切り取っても“史上最高のピュアシューター”と呼ばれた選手にふさわしい数字だ。

 もうひとつ見逃せないのが、引退時点で史上6位の1389試合に出場したこと。10試合以上欠場したシーズンは2度しかなく、プロ入り当時、体力不足を懸念された選手にとっては、これこそが最も誇れる数字かもしれない。最後までペイサーズ一筋を貫いたことも、その価値を高めている。
  歩くことさえ難しかった幼少の頃。ブーイングで迎えられた新人時代。実力を認められなかったキャリア前半。スーパースターになってからも、放火によって自宅を失う災難に遭った。そうした数々の困難を乗り越え、ミラーは人々の記憶にしっかりとその存在を刻み付けたのだ。
  ペイサーズのヘッドコーチとしてミラーと接したアイザイア・トーマスは断言する。

「マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)のように高く飛べなくとも、ジェイソン・キッド(元ダラス・マーベリックスほか)やマーク・ブライス(元クリーブランド・キャバリアーズほか)のように速くは走れなくとも、誰をも打ち負かすことができた。彼ほど自らの能力を最大限まで発揮した選手はいないだろう」

文●出野哲也

※『ダンクシュート』2008年7月号掲載原稿に加筆・修正。

  【PHOTO】オラジュワン、ジョーダン、バークレー、ペニー……NBAの歴史を彩った偉大なレジェンド特集!

関連記事(外部サイト)