全米プロゴルフ選手権の組み合わせが決定!松山英樹はフリートウッド、ホブランと同組に

全米プロゴルフ選手権の組み合わせが決定!松山英樹はフリートウッド、ホブランと同組に

8年連続出場となる松山。2016年にマークした4位以上の成績を残すことができるか注目だ。(C)Getty Images

PGAツアーは、6日からカリフォルニア州サンフランシスコのTPCハーディング・パークで行なわれる全米プロゴルフ選手権予選ラウンドの組み合わせを発表した。
 
 日本からは8年連続出場の松山英樹と、6年ぶり出場となる石川遼の2人が参戦。松山は世界ランキング13位のトミー・フリートウッド(英国)、昨年プロデビューの若手、ビクトル・ホブラン(ノルウェー)と同組になった。
 
 一方、石川はラファ・カブレラ・ベロ(スペイン)とジェイソン・コクラック(米国)という経験豊富な2人とともにラウンドする。
 
 松山は16年の最高順位である4位を上回り、優勝することができるか。石川には、7年ぶりの予選通過、13年の29位以上の結果に期待がかかる。
 
 また、この大会で4度の優勝を誇るタイガー・ウッズ(米国)は、12年、14年の覇者ローリー・マキロイ(英国)、現世界ランキング1位のジャスティン・トーマスと同組に。豪華な顔ぶれの集結となった。
  当初の5月開催予定が、新型コロナウイルスの影響で延期されていた全米プロゴルフ選手権。今季最初のメジャー大会となる。ようやく戻ってきた最高峰のプレーに、世界中から熱い視線が向けられている。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】日本での最年少賞金王記録保持者!”ハニカミ王子”ことゴルフ・石川遼を特集!

関連記事(外部サイト)