【名作シューズ列伝】大型司令塔ペニーの「NIKE AIR ZOOM FLIGHT 96」。大御所を差し置いてブランドの新たな顔に!

人に歴史あり。バスケにスーパースターあり。スーパースターにシグネチャーモデルあり。シグネチャーモデルにBOXあり! 

 ドリームチームIIIのシグネチャーモデル第5弾、本編21箱目は、アンファニー・ハーダウェイが着用したオリンピックモデル「NIKE AIR ZOOM FLIGHT 96」のお話です。

 ハーダウェイは1971年7月18日、テネシー州メンフィスで誕生。幼児期に両親が家を出てしまったため、叔母に育てられました。彼女はハーダウェイのことを「pretty」の訛りである「puitty」と呼んでいましたが、周囲の人には「penny(アメリカの硬貨1セントの意味)」と聞こえ、それが自身のニックネーム(ペニー)となりました。

 メンフィス大1年時には、学業不振でバスケができず、さらに強盗に遭い、足を撃たれるアクシデントに見舞われるなど、踏んだり蹴ったりの時期を過ごしました。しかし、2年生になると学業成績も向上しバスケを再開。

 オフシーズンには学生オールスターとしてグラント・ヒルらとともに“初代ドリームチーム”の練習相手に選ばれ、練習試合でスター軍団を撃破。201cmでポイントガードを務めるペニーを見たマジック・ジョンソンは「まるで、鏡を見ているようだ」と高く評価していました。
  1993年NBAドラフトでは、1巡目3位でゴールデンステイト・ウォリアーズに指名。直後にオーランド・マジックに1位指名されたウェバーとトレードされ、シャキール・オニール(シャック)とのデュオを結成します。

 1994-95シーズンには、オールNBA1stチームに選出。シャックとの強力コンビで創設間もないマジックをNBAファイナルに導き、デビューからわずか2年でリーグのトップアイコンとなったのです。

 さらに翌シーズンは、開幕からケガで離脱したシャックに代わりリーダー役を務め、チームはフランチャイズ最多の60勝をマーク。プレーオフではシカゴ・ブルズに敗れはしたものの、2年連続でオールNBA1stチームに選出されました。

 自身の成長とともに人気も拡大し、アトランタオリンピックのアメリカ代表に選出されたのは自然な流れだったと思います。

 その人気ぶりはNIKEがペニーに用意したシューズからも理解できます。彼が五輪で着用したのは95年発売の「AIR MAX PENNY」ではなく、「AIR ZOOM FLIGHT 96」だったからです。
  このモデルにはThermo Clear Plateなど、当時のNIKEの最新テクノロジーを惜しみなく搭載。ジョン・ストックトンやデイビッド・ロビンソンらの大御所を差し置いて、彼の背番号「6」がナンバリングされているのもマーケットの若返りを意識したものだと考えられます。シューズにナンバリングが入ったNIKE着用プレーヤーは、スコッティ・ピッペンとペニーの2人だけ。ブランドの期待度の高さがうかがえます。



 ただ、ピッペンの「AIR MORE UPTEMPO」と比較すると若干地味な正攻法のデザインだったため、シューズ自体の人気はイマイチでした。

 新たなブランドのアイコンとなったペニー。当然、BOXも特別なものを期待していましたが、他のシューズ同様にNIKEのデフォルトでした。ダンボールのままの地にブラックのスウッシュ、側面の上部はオレンジ、下はブラックで統一です。



 アトランタオリンピックでは、ゲイリー・ペイトンに次ぐ2番手ガードとして平均9点、4.4アシストを記録。国際大会でも躍動感あるプレーでファンを虜にし、さらに知名度を上げました。
  しかし――。シャックの代わりにマジックを引っ張り、オフにオリンピックに出場、さらに次のシーズンにはジャパンゲームで来日と、ほぼ休みなくプレーしてきた彼のヒザは悲鳴をあげました。その後はケガによる欠場が増加し成績が下降。最大の武器である身体能力を失い、並の選手となってしまったペニーは、2007-08シーズン限りで引退しました。

 ペニーの全盛期はデビューから4年間。ヒザを負傷する前に着用していたシューズがシグネチャーではない「NIKE AIR ZOOM FLIGHT 96」で、何か因縁めいたものを感じずにはいられません。

 現在は母校のメンフィス大でヘッドコーチを務めるペニーは、引退後も多くの人々に愛されています。その証拠に彼のモデルは復刻や新モデルがリリースされており、その人気ぶりは健在です。表舞台からは去ったペニーですが、これからも話題を提供してくれる存在であり続けてくれることを願っています。

文●西塚克之

【著者プロフィール】
西塚“DUKA”克之/日本相撲協会公式キャラクター「ハッキヨイ!せきトリくん」の作者として知られる人気イラストレーター。入手困難なグッズやバッシュを多数所有する収集家でもあり、インスタグラム(@dukas_cafe)では、自身のシューズコレクションを公開中。ダンクシュートでは名作シューズ列伝『SOLE&SOUL』を連載している。

【PHOTO】シンプルなデザインからキャラクターモデルまで!お洒落なNBAプレーヤーたちのシューズ特集!

関連記事(外部サイト)