新日本・棚橋組が敗退し、NEVER6人タッグ決勝はCHAOS対決!YOSHI-HASHI「物事が変わるのは一瞬だ」

新日本・棚橋組が敗退し、NEVER6人タッグ決勝はCHAOS対決!YOSHI-HASHI「物事が変わるのは一瞬だ」

「後藤さんと石井さんと3人でベルトを巻きたい」と、YOSHI-HASHIは明日のCHAOS対決に向けて意気込んだ。(C)新日本プロレス

新日本プロレスは8日、『SUMMER STRUGGLE 2020』東京・後楽園ホール大会を開催。この日はEVILが返上した第21代NEVER無差別級6人タッグ王座決定トーナメント準決勝戦が行なわれた。

 セミファイナルでは、第21代NEVER無差別級6人タッグ王座決定トーナメント準決勝戦、オカダ・カズチカ&矢野通&SHOのCHAOSと、鷹木信悟&SANADA&BUSHIのロスインゴと対決。鷹木とBUSHIはEVILの造反によって、半ば強制的に王座を返上させられただけに、このトーナメントを制したいところ。

 一方、オカダはこれまでNEVERブランドに絡んだことがないだけに、興味深い。試合は、それぞれが持ち味を発揮する中、とくにSANADAに借りがあるSHOが仕掛ける形で、テクニカルな攻防を展開。一進一退の攻防が展開されたが、最後は矢野が頭脳プレーを炸裂。BUSHIのマスクのヒモを場外の鉄柵に巻きつけると、そのままリングインしてリングアウト勝ち。試合後、矢野は「完璧な勝ちって言うのはな。こういうことを言うんだよ」とドヤ顔。BUSHIとのシングルも逆要求する開き直りを見せている。
  メインイベントでは同じく準決勝戦、棚橋弘至&飯伏幸太&マスター・ワトの新日本本隊が、後藤洋央紀&石井智宏&YOSHI-HASHIのCHAOSと対戦した。
 
 天敵の鈴木軍を倒した棚橋組と、タイトルを奪取することで、存在感を示したい後藤組。試合は、後藤組がチームプレーを随所で繰り出すも、棚橋組も徹底抗戦。終盤、飯伏とワトはYOSHI-HASHIにダブルのハイキック。さらにワトは新技でYOSHI-HASHIを追い詰めるが、後藤&石井が分断に成功。すかさずワトに波状攻撃を見舞い、最後はYOSHI-HASHIがカルマを決めてカウント3を取った。

 試合後、YOSHI-HASHIは「明日、あなたがたに夢を見せたいと思います! 物事が変わるのは一瞬だ!」とアピールすると、YOSHI-HASHIの後楽園人気も相まって、大きな拍手が起こった。決勝はなんとCHAOS対決に。敗れた棚橋&飯伏はIWGPタッグ王座再戴冠に向けて、ワトは天山サポートのもと、金丸義信戦に向けて、前向きに気持ちを切り替えたようだ。

 バックステージでYOSHI-HASHIは「リングで言ったとおり、明日はCHAOS対決だけど、カズも矢野さんもSHOも、絶対手を抜かないで来ると思うから。明日あと一発!明日は必ず勝ちを収めて、後藤さんと石井さんと3人でベルトを巻きたいと思います」と3人を代表してコメント。好勝負に期待したい。

◆新日本プロレス◆
『SUMMER STRUGGLE 2020』
2020年8月8日 観衆 698人(札止め)
東京・後楽園ホール
▼第21代NEVER無差別級6人タッグ王座決定トーナメント準決勝戦(60分1本勝負)
棚橋弘至&飯伏幸太&●マスター・ワト(17分11秒 片エビ固め)後藤洋央紀&石井智宏&YOSHI-HASHI○
※カルマ
※後藤組が決勝進出
▼第21代NEVER無差別級6人タッグ王座決定トーナメント準決勝戦(60分1本勝負)
オカダ・カズチカ&矢野通&SHO(13分07秒 リングアウト)鷹木信悟&SANADA&BUSHI●
※オカダ組が決勝進出

文●どら増田
 

関連記事(外部サイト)