今季のアウォード最終候補が発表!アデトクンボは史上3人目のMVP&DPOY同時受賞なるか

今季のアウォード最終候補が発表!アデトクンボは史上3人目のMVP&DPOY同時受賞なるか

MVPと最優秀守備選手賞の最終候補に残ったアデトクンボ。同時受賞となれば史上3人目の快挙となる。(C)Getty Images

8月8日(日本時間9日、日付は以下同)。NBAは2019−20シーズンのアウォード最終候補者を発表した。

 現在、NBAはフロリダ州オーランドのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート内の施設でシーディングゲーム(順位決定戦)を行なっているが、MVP(最優秀選手賞)をはじめとした主要アウォードの選考対象は今季開幕から3月11日のシーズン中断時点までとなっており、7月21日から28日にかけてスポーツ記者と放送局の関係者による投票を済ませている。

 各アウォードの受賞者は、8月17日から開催予定のプレーオフ期間中に発表される予定。では、今回発表された今季の主要アウォードのファイナリストたちを見ていこう。
※チーム名は略称、各アウォードの最終候補者はアルファベット順で掲載
 ■最優秀選手賞(MVP)
ヤニス・アデトクンボ(バックス)
ジェームズ・ハーデン(ロケッツ)
レブロン・ジェームズ(レイカーズ)


 イースタン・カンファレンスならびにリーグトップの戦績を残したバックスの主砲と、レイカーズをウエスタン・カンファレンス首位へと導いた“キング”、そして3シーズン連続の得点王を手中に収めているハーデンが選ばれた。3人とも個人成績は申し分ないものの、ロケッツはシーズン中断時点でウエスト6位という順位だったことを考えると、実質的にはアデトクンボとレブロンによる一騎打ちという構図だろう。

 キャリア17年目のレブロンは、昨季のチームから半数以上が入れ替わり、コーチングスタッフも刷新したレイカーズを見事にまとめ上げたリーダーシップ、加えて攻守両面で残したインパクトは十分MVPに値する。だが今季はアンソニー・デイビスというリーグ最高級のビッグマンを相棒に据えたことで、票が割れている可能性もあるだけに、バックスで絶対的なエースとして君臨するアデトクンボが2年連続で受賞するという見方が強い。
 ■最優秀新人賞(ROY)
ジャ・モラント(グリズリーズ)
ケンドリック・ナン(ヒート)
ザイオン・ウィリアムソン(ペリカンズ)


 今季の月間最優秀新人賞は、10/11月、12月、1月と、モラントとナンがそれぞれ3か月連続で受賞。ただし、ナンはヒートでの立ち位置はあくまでスコアラー兼ロールプレーヤーであり、開幕前は苦戦必至と評されていたグリズリーズをプレーオフ出場圏内へと導いたモラントと比較すると、優勢なのは明らかにモラントの方だ。

 ザイオンは中断前の時点でいずれもルーキートップの平均23.6点、6.8リバウンドと強烈なインパクトを残したものの、出場試合数がわずか19という点がネックとなり、モラントを上回る票数を得ることはないだろう。また、ウィザーズの八村塁は規定数に到達したルーキーではトップの平均6.0リバウンド、同5位の13.4点を記録したが、スタッツ面でモラント、インパクト面ではザイオンに劣り最終候補入りを逃した。
 ■最優秀躍進選手賞(MIP)
バム・アデバヨ(ヒート)
ルカ・ドンチッチ(マーベリックス)
ブランドン・イングラム(ペリカンズ)


 今季オールスターへと飛躍を遂げた若手3選手がファイナリストに選ばれた。ドンチッチは平均28.7点(リーグ6位)、9.3リバウンド(同18位)、8.7アシスト(同4位)と平均トリプルダブル級の成績を残し、一時はMVP候補にも挙げられた。その一方で、昨季の新人王ということで今季の躍進はある程度予想できたため、MIPにふさわしいかは難しいところだ。

 となると、ヒートで万能型ビッグマンとして開花したアデバヨ、あるいはペリカンズで自己ベストの成績を残したイングラムの受賞が有力だろう。また、この3人以外ではホーネッツのデボンテ・グラハムが入っていないことに違和感がある人もいるのではないか。2年目の今季、グラハムは平均得点(4.7→18.2)、リバウンド(1.4→3.4)、アシスト(2.6→7.5)と主要項目を大きく伸ばしてチームを牽引。ホーネッツはシーディングゲームに進めなかったとはいえ、MIPを受賞してもおかしくない躍進ぶりだった。
 ■最優秀守備選手賞(DPOY)
ヤニス・アデトクンボ(バックス)
アンソニー・デイビス(レイカーズ)
ルディ・ゴベア(ジャズ)


 アデトクンボとデイビスはガードからセンターまでガード可能な万能型ディフェンダー。高さとクイックネスを兼備する両選手は、それぞれの所属チームで攻撃だけでなく守備面でも申し分ない働きを見せた。2年連続受賞中のゴベアは依然としてリーグ屈指のリムプロテクターだが、ジャズは中断時点のディフェンシブ・レーティングがリーグ11位の108.8と、過去2シーズンほどの鉄壁さを発揮できていない。

 そのため、今季はアデトクンボとデイビスのいずれかが初の栄冠を授かることになるだろう。もしアデトクンボがMVPとDPOYを同時受賞することとなれば、マイケル・ジョーダン(ブルズ/1987−88)、アキーム・オラジュワン(ロケッツ/1993−94)に次ぐ史上3人目の快挙となる。
 ■最優秀シックスマン賞
モントレズ・ハレル(クリッパーズ)
デニス・シュルーダー(サンダー)
ルー・ウィリアムズ(クリッパーズ)


 受賞した過去2シーズンと比較すると平均得点がダウンしているウィリアムズに対して、同僚のハレルはいずれも自己最高の平均18.6点、7.1リバウンドを残している。シュルーダーも持ち前の得点力でチームを予想外の高順位に導いたものの、中断前でウエスト5位タイのサンダーに対して同2位のクリッパーズで活躍するハレルが初のタイトルを獲得するのではないか。

■最優秀コーチ賞(COY)
マイク・ブーデンホルザー(バックス)
ビリー・ドノバン(サンダー)
ニック・ナース(ラプターズ)


 昨季の受賞者であり、バックスを2年連続でリーグ最高勝率へ導いたブーデンホルザー、サンダーを予想外のプレーオフへと押し上げたドノバンの功績には文句のつけようがない。だが主力を軒並み10試合以上欠いたなかで、イースト2位の好成績を残したナースこそが最も今季の最優秀コーチにふさわしい。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!

関連記事(外部サイト)