新日本・YOSHI-HASHIがうれしいタイトル初戴冠に「さすがに泣きそうになっちゃいました」

新日本・YOSHI-HASHIがうれしいタイトル初戴冠に「さすがに泣きそうになっちゃいました」

初のタイトル奪取へ向けてオカダに対して意地を見せたYOSHI-HASHI。(C)新日本プロレス

新日本プロレスは8日、『SUMMER STRUGGLE 2020』東京・後楽園ホール大会を開催。この日はEVILが返上した第21代NEVER無差別級6人タッグ王座決定トーナメント決勝戦が行なわれた。

 メインイベントでは第21代NEVER無差別級6人タッグ王座決定トーナメント決勝戦、オカダ・カズチカ&矢野通&SHOと、後藤洋央紀&石井智宏&YOSHI-HASHIによるCHAOS対決が決勝の舞台で実現した。

 自らが提唱した新タイトル『KOPW2020』を控えているオカダだが、NEVERブランドにはこれまで絡んでこなかったとあって、6人タッグを楽しんでいる様子だ。一方、このトーナメントで存在感を示しているYOSHI-HASHIは、初めてベルトを奪取することで序列を塗り替えたい勢いだ。

 試合はそれぞれが持ち味を発揮し、一進一退の攻防に。特に好調のYOSHI-HASHIは、オカダに対して意地を見せる。終盤、後藤組がSHOに怒涛の波状攻撃。最後はオカダ組を分断すると、石井が垂直落下式ブレーンバスターでSHOを沈め、後藤組がNEVER6人タッグの新王者に。YOSHI-HASHIにとってはうれしい初タイトルだ。そんなYOSHI-HASHIにオカダがベルトを巻いて、CHAOSで記念撮影をした。
  そして、マイクを握ったYOSHI-HASHIは「ようやく!ようやく!ベルトを獲ることができましたー!俺が言いたいのは、物事が変わるのは一瞬!ずっと言ってきたけど、全く変わらなかった。もちろんやって毎回変わってたらね、そんな人生楽しいことないよ。なかなかうまくいかないから楽しいと思うんだ。つまずいたらまた立ち上がればいいんだよ!明日以降!俺もあなた方も何かが変わりますように!何かが変わるとき!そう!物事が変わるのは一瞬だー!」と吠えて感動のエンディング。

 バックステージでオカダは「まあ、負けましたけど、同じCHAOSでの戦いがね。お客さんのストレスが溜まるような試合が最近多かったと思うんですけど、満足してもらえるような試合がCHAOSでできたと思います。本当にYOSHI-HASHIさんが目の前で俺たちを倒してチャンピオンになったっていうのがね。まあ、今日の戦いを見てもらえれば、NEVERシックスメンの価値も上がったんじゃないかなと思います。機会があればもう一回やりたいな。でも、本当に CHAOS全員でメインイベントをやることができたんで、なんか 2020年色々ありましたけど、忘れられない1試合になりました。ありがとうございました」とコメントした。

 SHOは「後楽園のメインでトーナメントの決勝まで俺を連れてきてくれたオカダさんと矢野さん、本当にありがとうございました。そして、最後の最後に本当にすいませんでした。俺の長い長い、これからも続くレスラー人生のもう一つの目標になった。YOSHI-HASHI さん、後藤さん、石井さん、あなた方に一人ずつリベンジします。最後に心から俺はCHAOSで本当によかった」と充実した表情を浮かべた。
  新王者組は「この3連戦は YOSHI-HASHIが全てだろう。これが獲れたのも YOSHI-HASHIのおかげだ。ここにくるまでさんざん、レスラー、マスコミ、ファンに色々言われてきただろ?でも、本人はよ、着実に一歩ずつ一歩ずつ、ゆっくりだけど着実に前を向いて歩いていた。その証だよ。いいんだよ。何言われようが、何を思われようが、何年かかろうが辿り着きゃいいんだよ。辿り着いただろ、今日。これからよ、今まで色々言ってきた野郎どもをよ、黙らせるぐらいの試合をすればいいんだよ。なあ、YOSHI-HASHI?」と普段あまり語らない石井がうれしそうにYOSHI-HASHIに振る。

 するとYOSHI-HASHIは「そうっすね。1個やって、3個進む人間もいれば、10個進む人間もいるしね。その半分の人だっているよ。たぶん、今こうやって見ている人たちっていうのはね、一歩進んでもそんななかなか進めない人が多いんじゃないかなと俺は思っているよ。諦めつかないでやってきたっていう、その自負があるから…。自信あるよ、それだけは。だから、何言われたって、『お前、それやってみろ』と。俺はそれだけ。もう自分を信じるしかないから。誰も助けてくれないから。でも、石井さん、後藤さんと、タッグリーグに一緒に出て、あと一歩のところで栄冠掴めなかったけど、今日こうしてベルトを掴んだのはめちゃくちゃうれしいですね。結構僕、感動するような映画を見ても涙出たことないけど、今日はさすがに泣きそうになっちゃいました(笑)。それも正直なところ」とコメントした。

 後藤は「本当、俺はYOSHI-HASHIから夢をもらったよ」とYOSHI-HASHIを称えた。
  さらにYOSHI-HASHIは、「NEVERをこの3人で獲ってさ、個人的にはだよ?後藤さんがIWGPのヘビー獲るの、俺は見たいからさ。もちろん石井さんもそういうのを見たいから。もちろん俺もね。NEVERというのが今後IWGPとかそういうところに行く鍵だと思っている。このまんまじゃ絶対終わんないから。戦って、戦って、俺たちは屈しないから!また明日から戦っていくから。ありがとうございました。3人でベルト獲れて、心から本当によかった。これで次シングル獲ったら、泣いちゃうよ、俺はね(笑)。泣いちゃうから」と最後はYOSHI-HASHIがIWGPブランドについても言及した。

 3人ともIWGPヘビー級王座は未戴冠なだけに、この勢いに乗りたいところ。長期政権に期待したい。

◆新日本プロレス◆
『SUMMER STRUGGLE 2020』
2020年8月9日 観衆 698人(札止め)
東京・後楽園ホール
▼第21代NEVER無差別級6人タッグ王座決定トーナメント決勝戦(60分1本勝負)
オカダ・カズチカ&矢野通&●SHO(24分18秒 片エビ固め)後藤洋央紀&石井智宏○&YOSHI-HASHI
※垂直落下式ブレーンバスター
※後藤組が第21代王者となる

文●どら増田
 

関連記事(外部サイト)