「彼が俺の人生を変えた」“心の師匠”コビーの存在を胸に、絶好調サンズを牽引するデビン・ブッカー

「彼が俺の人生を変えた」“心の師匠”コビーの存在を胸に、絶好調サンズを牽引するデビン・ブッカー

1日に「2〜3回は頭をよぎる」ほど、ブッカー(右)にとってコビー(左)は特別な存在だ。(C)Getty Images

フェニックス・サンズの勢いが止まらない。フロリダ州オーランド、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート内に設けられた“バブル(隔離地域)”で再開したシーズンで、破竹の5連勝をマークしている。

 プレーオフ最終枠につける8位メンフィス・グリズリーズには、リーグ中断時点で6ゲーム差をつけられていたものの、この快進撃でとの2.5ゲーム差まで接近。8位と9位が4ゲーム差以内の場合に行なわれるプレーイン・トーナメント進出、そして大逆転でのポストシーズン進出も現実味を帯びてきた。

 チームを牽引するのは、もちろん大黒柱のデビン・ブッカーだ。八村塁が所属するワシントン・ウィザーズとのシーディングゲーム(順位決定戦)初戦で27得点をあげたのを皮切りに、以降の4試合でも30、35、20、35得点と大暴れ。ダラス・マーベリックス、ロサンゼルス・クリッパーズ、インディアナ・ペイサーズ、マイアミ・ヒートと、勝率5割以上の“格上”を連続して撃破する立役者となった。
  バブル内では5試合で平均33.6分出場し、29.4点、3.6リバウンド、6.4アシスト、フィールドゴール(FG)成功率50%と絶好調。ブッカーはその充実のパフォーマンスの背景に、“心の師匠”コビー・ブライアント(元レイカーズ)の存在があることをオンライン会見で明かしている。

「コビーは毎日俺と一緒だ。俺のシューズに『伝説になれ』という言葉があると思うけど、それはリマインダーなんだ。24時間のうち、少なくとも2〜3回はコビーのことが頭をよぎる。もしかするとそれ以上かもね」

 ブッカーは“マンバメンタリティ”に影響を受けた1人だ。コビーの現役ラストイヤーとなった2015−16シーズンの直接対決後、前述の「伝説になれ」というメッセージとサインの入ったシューズとゲームプログラムをプレゼントされた。コビーが今年1月26日(日本時間27日)にヘリコプター墜落事故に遭って41歳の若さでこの世を去った後、3月にはコビーからのメッセージである「Be Legendary」の文字を、自身初タトゥーとして右腕に彫っている。
  ほかにも、2人には“ドラフト1巡目13位指名”(コビーが1996年、ブッカーは2015年)、“父親が元NBA選手”(ジョー・ブライアント/元クリッパーズほか、メルビン・ブッカー/元ヒューストン・ロケッツほか)、“ポジションがシューティングガード”、史上6人しか成し遂げていない“1試合70得点以上を達成”(コビーが81得点、ブッカーが70得点)と、数多くの共通点がある。

 ブッカーはコビーが急逝した直後にも、憧れのレジェンドに対して想いを馳せていた。
 「彼はコート上だけでなく、俺の人生を変えた。彼のメンタリティ、フットワーク、ゲームへの情熱、勝利と仕事への情熱に影響を受けたんだ。彼は伝説で、永遠の存在。この世界に永遠の足跡を残したと思う。俺にとって最大のポイントは、彼からのリスペクトを得ることだった。彼は対戦した後にアドバイスをくれて、そこから俺らの関係が育まれていったんだ」

 “マンバメンタリティ”の継承者として、ブッカーは“師匠”コビーの思いも背負いながら、コートでのプレーに全身全霊を注いでいる。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】20年間パープル&ゴールド一筋!数々の伝説を残した史上最高の“レイカー”コビー・ブライアント特集!

関連記事(外部サイト)