イーストのプレーオフ1回戦対戦カードが決定!最ももつれそうなシリーズは?

イーストのプレーオフ1回戦対戦カードが決定!最ももつれそうなシリーズは?

イースタン・カンファレンスのプレーオフ1回戦の対戦カードが決定。次ラウンドに駒を進めるのは?(C)Getty Images

8月12日(日本時間13日、日付は以下同)、NBAはシーディングゲーム(順位決定戦)4試合が行なわれた。このうち3試合でイースタン・カンファレンスのチームが戦い、イースト5位のインディアナ・ペイサーズが108−104でヒューストン・ロケッツに勝利。ペイサーズと順位を争う4位のマイアミ・ヒートは115−116でオクラホマシティ・サンダーに、6位のフィラデルフィア・セブンティシクサーズも121−125でトロント・ラプターズに敗れた。

 この結果により、イースタン・カンファレンスは17日から開催予定のプレーオフ1回戦の4カードが決定した。それぞれの組み合わせと展望は以下の通り(チーム名は略称、成績は12日終了時点)。

■イースタン・カンファレンス プレーオフ1回戦の対戦カード
バックス(1位/56勝16敗)×マジック(8位/32勝40敗)
ラプターズ(2位/52勝19敗)×ネッツ(7位/35勝36敗)
セルティックス(3位/48勝23敗)×シクサーズ(6位/42勝30敗)
ヒート(4or5位/44勝28敗)×ペイサーズ(4or5位/44勝28敗)
  2年連続でリーグトップに立ったバックスは、今季4戦全勝と相性のいいマジックと対決。大黒柱のヤニス・アデトクンボが11日のウィザーズ戦でヘッドバットをお見舞いして一発退場となったが、1試合の出場停止処分にとどまったことで、プレーオフは初戦から出場できる見込みだ。マジックとしては1勝できれば御の字か。

 昨季の覇者ラプターズはネッツと相まみえる。今季は2月12日の試合で唯一敗れているものの、その試合で17得点、9アシストをあげたスペンサー・ディンウィディーは第二幕でプレーしていない。現在主軸を務めるキャリス・ルバートとジョー・ハリスを徹底的に抑えれば、難なく1回戦を突破できるだろう。

 セルティックスは第6シードのシクサーズと激突。シーズン中の対戦ではシクサーズが3勝1敗と勝ち越しているものの、プレーオフでは様相が一変しそう。というのも、シクサーズはベン・シモンズが5日の試合で左ヒザを痛め、その後バブルを離脱して手術を行なったため今季残り試合は全休が濃厚。12日のラプターズ戦で左足首のケガから復帰したジョエル・エンビードも、この試合の前半に今度は右手首を負傷して途中退場。プレーオフに出場できたとしても、ベストパフォーマンスを見せられるかは微妙なところだ。
  1回戦の中で最も勝敗の行方が読めないのが、ヒート対ペイサーズのシリーズだ。同成績で並ぶ両チームは、シーディングゲーム最終日となる14日に直接対決があり、勝利した方が第4シードとなる。

 ペイサーズは再開後チームトップの平均31.0点を記録するTJ・ウォーレンが足底筋膜炎のため12日のロケッツ戦を休養したものの、プレーオフには問題なく出場できる見込み。また、同じく足底筋膜炎のため開催地から離れているドマンタス・サボニスについて、チーム側はプレーオフ全休とはしておらず、復帰の可能性も残している。ネイト・マクミラン・ヘッドコーチは「今の時点でいつになるかは分からない」と話しているものの、もしオールスタービッグマンが戦列復帰できれば、追い風となることは間違いない。シーズンの戦績では3戦全敗と分が悪いが、プレーオフは別物。再開後は故障明けのヴィクター・オラディポもプレータイムを伸ばし、5勝2敗と波に乗っている。
  一方のヒートは10日の直接対決でエースのジミー・バトラーが19得点、11リバウンド、新人のタイラー・ヒロが17得点をあげるなど計7人が2桁得点をあげてペイサーズに完勝。再開後は3勝4敗と負け越しているが、ダンカン・ロビンソンらシューター陣も好調を維持している。2年ぶりのプレーオフの切符を掴んだヒートと手負いのペイサーズ、第2ラウンドに駒を進めるのはどちらか。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!

関連記事(外部サイト)