ウエストのプレーオフ1回戦3カードが決定!第1シードのレイカーズへの挑戦権を掴むのは?

ウエストのプレーオフ1回戦3カードが決定!第1シードのレイカーズへの挑戦権を掴むのは?

第1シードのレイカーズ(左上)を筆頭に強豪チームが揃うウエスト。1回戦から好カードが目白押しだ。(C)Getty Images

8月13日(日本時間14日、日付は以下同)、NBAはシーディングゲーム7試合を実施。ウエスタン・カンファレンスのプレーオフ最終スポットの座を巡る激しい戦いが繰り広げられた。

 まず、試合前の時点でウエスト9位のメンフィス・グリズリーズが119−106でミルウォーキー・バックスを撃破。続いて10位のフェニックス・サンズが128−102でダラス・マーベリックスを下し、シーディングゲームで無傷の8連勝をマーク。この結果によって、11位サンアントニオ・スパーズの連続プレーオフ出場記録はNBA史上最長タイの22年で途絶えることとなった。

 そして勝てばプレーイン・ゲームズ出場、負ければ今季終了というマストウィンゲームとなったポートランド・トレイルブレイザーズは、大激戦の末にブルックリン・ネッツを134−133で破り、8位の座を死守。三つ巴のプレーオフレースは、第二幕で旋風を巻き起こしたサンズが脱落した。

 8位のブレイザーズと9位のグリズリーズは、15日からNBA史上初となるプレーイン・ゲームズを戦うこととなる。ブレイザーズは15日に勝利すればプレーオフ出場決定、グリズリーズは15、16日に2連勝が必須条件。プレーオフへの切符を手にしたチームは、1回戦で第1シードのロサンゼルス・レイカーズと相まみえる。

 ここからは17日から開幕するプレーオフにおける、ウエストのファーストラウンド4カードを見ていきたい(チーム名は略称、成績は13日終了時点)。
 ■ウエスタン・カンファレンス プレーオフ1回戦の対戦カード
レイカーズ(1位/52勝19敗)×ブレイザーズorグリズリーズ
クリッパーズ(2位/48勝23敗)×マーベリックス(7位/43勝32敗)
ナゲッツ(3位/46勝26敗)×ジャズ(6位/44勝28敗)
サンダー(4or5位※/44勝27敗)×ロケッツ(4or5位※/44勝27敗)
※14日の試合結果で最終順位が決定

 2010年以来、10年ぶりにウエスト首位を決めたレイカーズは、1回戦でプレーイン・ゲームズの勝者と対戦。シーズン戦績ではブレイザーズに2勝1敗、グリズリーズにも3勝1敗と勝ち越しており、アップセットが起こることは考えにくい。ただ、再開後はディフェンス巧者のエイブリー・ブラッドリーが不在のため、リーグ屈指の爆発力を持つデイミアン・リラードとCJ・マッカラムを擁するブレイザーズには特に警戒が必要だろう。
  クリッパーズはマーベリックスに対して今季3戦全勝。8月6日の試合でもルカ・ドンチッチを29得点、6アシストに“抑えて”おり、カワイ・レナードとポール・ジョージの両エースが第二幕で好調を維持している点も心強い。家族の事情でバブルから離脱していたモントレズ・ハレルがプレーオフに間に合えば、クリッパーズ優勢は確固たるものとなる。

 2年連続のプレーオフ出場となったナゲッツが相まみえるのはジャズ。シーズン戦績は3戦全勝だが、8月8日の試合は2度の延長にもつれ込む長丁場を経験しており、決して油断できない相手だ。特に最初の2戦で計22得点に封じていたドノバン・ミッチェルに35得点も奪われたことは気がかり。ナゲッツとしてはケガでシーディングゲームを全休しているギャリー・ハリスとウィル・バートンのウイング陣が復帰できるかどうかもポイントになる。

 昨夏、クリス・ポールとラッセル・ウエストブルックという互いの司令塔をトレードしたサンダーとロケッツの因縁対決は、白熱必至のシリーズになりそう。シーズン戦績はサンダーの2勝1敗ながら、いずれもロケッツがスモールボールに移行する前の対戦だけに参考外か。
  ロケッツは左足首を捻挫していたエリック・ゴードンが8月12日のペイサーズ戦で復帰し、13得点をあげたことは朗報だったが、ウエストブルックが右足大腿四頭筋の肉離れにより、ファーストラウンド最初の数試合を欠場する可能性が浮上。エースのジェームズ・ハーデンへの負担増加が予想される。

 一方のサンダーは、第二子出産の立ち合いのためチームを離脱していたデニス・シュルーダーが11日にバブルへ復帰。現在は隔離期間のためシーディングゲームに出場できていないが、プレーオフ初戦には間に合う見込みのため、ベストメンバーで臨めそうだ。

 ポール、シュルーダー、シャイ・ギルジャス・アレキサンダーという3人のポイントガードを同時起用するサンダーと、203cm以下の選手たちでスモールボールを展開するロケッツ。このシリーズのカギを握るのは、サンダーの用心棒スティーブン・アダムズ(211cm・120kg)だろう。ビッグマン不在のロケッツに対してペイントエリアで存在感を発揮できれば、サンダーがシリーズを優位な展開へと持ち込むことができるかもしれない。

 もちろん、昨季までロケッツでともに戦ったハーデンとポールによる勝負どころの攻防も必見。どちらのチームが制するにせよ、見どころ満載のシリーズとなるに違いない。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!

関連記事(外部サイト)