八村塁の“クジ運”は?日本の至宝がウィザーズのドラフトロッタリー代表者に選出!

八村塁の“クジ運”は?日本の至宝がウィザーズのドラフトロッタリー代表者に選出!

ウィザーズが1位指名権を引き当てる確率はわずか4.5%。八村の運に期待がかかる。(C)Getty Images

8月18日(日本時間19日、日付は以下同)。今年のドラフトロッタリー(指名順位を決める抽選会)に登場する計14チームの代表者が発表された。

【PHOTO】攻守でアグレッシブに躍動!1年目からNBAで活躍するルーキー”八村塁”の厳選ショット!

 新型コロナウイルスの影響により、今年は20日にバーチャルで行なわれるのだが、今季プレーオフ進出を逃した14チームの中には、主力選手を送り込むチームもあった。

 今季リーグワーストの15勝50敗(勝率23.1%)に終わったゴールデンステイト・ウォリアーズはフランチャイズプレーヤーのステフィン・カリー、ミネソタ・ティンバーウルブズはディアンジェロ・ラッセル、サクラメント・キングスはディアロン・フォックスと、チームの看板選手を代表者としてセレクトしている。

 そしてシーディングゲーム(順位決定戦)を1勝7敗で終えたワシントン・ウィザーズは、昨年のドラフト1巡目全体9位で指名した八村塁が登場することとなった。
  日本人史上初のNBAドラフト1巡目指名という歴史的快挙を成し遂げた至宝は、今季48試合に出場して平均30.1分、13.5点、6.1リバウンド、1.8アシストを残し、まもなくリーグから発表されるオールルーキーチームにも名を連ねることが確実視されている。

 ウィザーズが今年のドラフト全体1位指名権を引き当てる確率はわずか4.5%で、上位4位以内の指名権を手にする確率は20.2%。もし上位指名権が手に入れば、ジェームズ・ワイズマン(元メンフィス大)、アンソニー・エドワーズ(ジョージア大)、ラメロ・ボール(元NBLイラワラ・ホークス/オーストラリア)、タイリース・ハリバートン(アイオワ州大)といった即戦力クラスを指名することができるかもしれない。

 ただし、昨年はロッタリーで6番目の好位置にいながら、指名順位は9位へと下がっており、今年も同様に上位指名権を引き当てることができるかは不明だ。

 もっとも、スコット・ブルックス・ヘッドコーチ(HC)はドラフトの指名順位について大きな心配はしていないようだ。

「もし指名順位が上がらなくても、昨年のドラフトで何が起こったかを見てほしいね。我々は(6番目から9番目に)下がったけど、ルイというインパクトのある選手を指名できたんだ。彼が持つ能力がこのチームのロースターにとって大きな補強になったから感謝しているよ。もし順位が上がればいいことだが、どの指名順位になろうと、我々は本当に優れた選手を手に入れるつもりだ」
  ウィザーズはブラッドリー・ビールとダービス・ベルターンスを欠いたロースターでシーディングゲームを戦い抜いたことで、八村をはじめトーマス・ブライアントやトロイ・ブラウンJr.、ジェローム・ロビンソンといった若手が成長。

オフにベルターンスはフリーエージェント(FA)になるが、この実力派シューターと再契約し、来季はビールの相棒で今季はケガで全休したジョン・ウォールが復帰。そしてドラフトで指名した新人が“即戦力”になれば、ウィザーズは大きな飛躍が見込める。
  ブルックスHCは「私は(今年のドラフトを)違った角度から見ているんだ。我々は今年のドラフトで2人のビッグプレーヤーを手にすることになる。1巡目指名選手とジョン・ウォールだ。来シーズンに向けて、これ以上最良なシチュエーションはないだろう。リーグでもベストな選手(ウォール)の1人が戻ってくるんだ。私は彼が懸命にトレーニングしていることを知っている。間違いなくかつての彼が戻ってくると見ている」とウォールの完全復活に大きな期待を寄せている。

 ドラフトロッタリーに参戦する各チームの代表者の中にはオーナー陣やフロント陣、チェアマンといった大御所が名を連ねた。そんななかで唯一ルーキーとして参戦する八村が上位指名権を引き当てることとなれば、日本の至宝に“強運の持ち主”という新たな称号が加わることになるだろう。

文●秋山裕之(フリーライター)

関連記事(外部サイト)